第340回:「メルセデス・ベンツG550 4×4²」が日本上陸!
その狙いを「Gクラス」の統括責任者に聞いた

2016.04.19 エディターから一言
2016年4月4日に発表された「メルセデス・ベンツG550 4×4²」。
2016年4月4日に発表された「メルセデス・ベンツG550 4×4²」。

いよいよ販売が開始された「メルセデス・ベンツG550 4×4²」。お値段3510万円という特別な「Gクラス」の意義とは? 「究極のオフロード性能に日常性を加味した」という開発コンセプトとともに、その“狙い” をGクラス統括責任者に聞いた。

2015年のジュネーブショーで発表された「G550 4×4²」。写真は2016年の東京オートサロンでの様子
2015年のジュネーブショーで発表された「G550 4×4²」。写真は2016年の東京オートサロンでの様子。
2014年に販売された「G63 AMG 6×6」。価格は8000万円で、日本へは5台が割り当てられた。
2014年に販売された「G63 AMG 6×6」。価格は8000万円で、日本へは5台が割り当てられた。
ダイムラーAG Gクラス統括責任者
グンナー・グーテンケ氏
アーヘン工科大学卒。フラウンホーファー生産技術研究所の研究員およびコンサルタントを経て、2001年にダイムラーに入社。2014年以降、「Gクラス」の統括責任者を務めている。
ダイムラーAG Gクラス統括責任者
	グンナー・グーテンケ氏
	アーヘン工科大学卒。フラウンホーファー生産技術研究所の研究員およびコンサルタントを経て、2001年にダイムラーに入社。2014年以降、「Gクラス」の統括責任者を務めている。

東京オートサロン2016の主役がいよいよ販売開始

2016年1月の東京オートサロンで何の前触れもなく、そして会場での詳細な製品情報もなく姿を現したメルセデス・ベンツのG550 4×4²。4×4²と書いて「フォー・バイ・フォースクエアード」と読むそうな。
早い話がGクラスのハイリフト仕様でしょ? だからカスタムカーの祭典に出展したんでしょ? その読みはたぶん間違っていない。だが、そこは天下のメルセデス。2014年に登場して世間を驚かせた6輪のGクラス、「G63 AMG 6×6」の特殊な技術を生かして仕上げたという。それにしてもなぜこんなクルマを? というのが率直な疑問だ。

それに答えるべく、Gクラスの統括責任者であるダイムラーAGのグンナー・グーテンケ氏が来日。G550 4×4²が国内で正式に発表された4月4日、各誌の合同インタビューに応じた。本当はまず乗りたいところだが、責任者の話を聞いてからでも遅くはない。というわけで、そこでの質疑応答をざっくりまとめてみた。話題は、G550 4×4²からGクラスの存在意義や将来など多岐にわたった。

ちなみに、4月4日から5月31日までの期間限定販売を実施するG550 4×4²の国内税込価格は3510万円。先のG63 AMG 6×6が8000万円だったことを考えればお得な気もするが、Gクラスのエントリーモデル「G350d」がまるっと3台買える値段でもある。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記 マツダのコンパクトSUV「CX-3」に追加された、ガソリンエンジン搭載モデルに試乗。マツダらしい実直さや、スポーティーな走り、そして手ごろな価格設定と、さまざまな魅力を併せ持つこのクルマに欠けているものとは?
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
ホームへ戻る