第340回:「メルセデス・ベンツG550 4×4²」が日本上陸!
その狙いを「Gクラス」の統括責任者に聞いた

2016.04.19 エッセイ
2016年4月4日に発表された「メルセデス・ベンツG550 4×4²」。
2016年4月4日に発表された「メルセデス・ベンツG550 4×4²」。

いよいよ販売が開始された「メルセデス・ベンツG550 4×4²」。お値段3510万円という特別な「Gクラス」の意義とは? 「究極のオフロード性能に日常性を加味した」という開発コンセプトとともに、その“狙い” をGクラス統括責任者に聞いた。

2015年のジュネーブショーで発表された「G550 4×4²」。写真は2016年の東京オートサロンでの様子
2015年のジュネーブショーで発表された「G550 4×4²」。写真は2016年の東京オートサロンでの様子。
2014年に販売された「G63 AMG 6×6」。価格は8000万円で、日本へは5台が割り当てられた。
2014年に販売された「G63 AMG 6×6」。価格は8000万円で、日本へは5台が割り当てられた。
ダイムラーAG Gクラス統括責任者
グンナー・グーテンケ氏
アーヘン工科大学卒。フラウンホーファー生産技術研究所の研究員およびコンサルタントを経て、2001年にダイムラーに入社。2014年以降、「Gクラス」の統括責任者を務めている。
ダイムラーAG Gクラス統括責任者
	グンナー・グーテンケ氏
	アーヘン工科大学卒。フラウンホーファー生産技術研究所の研究員およびコンサルタントを経て、2001年にダイムラーに入社。2014年以降、「Gクラス」の統括責任者を務めている。

東京オートサロン2016の主役がいよいよ販売開始

2016年1月の東京オートサロンで何の前触れもなく、そして会場での詳細な製品情報もなく姿を現したメルセデス・ベンツのG550 4×4²。4×4²と書いて「フォー・バイ・フォースクエアード」と読むそうな。
早い話がGクラスのハイリフト仕様でしょ? だからカスタムカーの祭典に出展したんでしょ? その読みはたぶん間違っていない。だが、そこは天下のメルセデス。2014年に登場して世間を驚かせた6輪のGクラス、「G63 AMG 6×6」の特殊な技術を生かして仕上げたという。それにしてもなぜこんなクルマを? というのが率直な疑問だ。

それに答えるべく、Gクラスの統括責任者であるダイムラーAGのグンナー・グーテンケ氏が来日。G550 4×4²が国内で正式に発表された4月4日、各誌の合同インタビューに応じた。本当はまず乗りたいところだが、責任者の話を聞いてからでも遅くはない。というわけで、そこでの質疑応答をざっくりまとめてみた。話題は、G550 4×4²からGクラスの存在意義や将来など多岐にわたった。

ちなみに、4月4日から5月31日までの期間限定販売を実施するG550 4×4²の国内税込価格は3510万円。先のG63 AMG 6×6が8000万円だったことを考えればお得な気もするが、Gクラスのエントリーモデル「G350d」がまるっと3台買える値段でもある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Gクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • メルセデス・ベンツ、「Gクラス」の一部仕様装備を変更 2016.11.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年11月11日、クロスカントリーモデル「Gクラス」の一部仕様装備を変更し、販売を開始した。今回の仕様変更では、インフォテインメントシステムの改良と、内外装のブラッシュアップが行われた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る