日本導入を記念した特別なC63クーペ登場

2016.04.18 自動車ニュース
「メルセデスAMG C63 SクーペEdition 1」
「メルセデスAMG C63 SクーペEdition 1」

日本導入を記念した特別な「メルセデスAMG C63クーペ」登場

メルセデス・ベンツ日本は2016年4月15日、「メルセデスAMG C63クーペ」の特別仕様車「C63 SクーペEdition 1(エディション1)」を発表した。受注は同年7月31日までの期間限定で、発売は同年6月ごろとなる予定。

 
日本導入を記念した特別なC63クーペ登場の画像
 
日本導入を記念した特別なC63クーペ登場の画像

■外にはブラック、内にはイエローのアクセントを採用

C63 SクーペEdition 1は、同日発表されたC63クーペの日本導入を記念した特別仕様車である。

特徴は特別な仕立ての内外装にあり、エクステリアにはマットブラック塗装のAMG 5ツインスポークアルミホイール(鍛造)や、専用デザインのリアサイドスポイラーリップとリアディフューザーを採用。前後のバンパーやサイドスカート、ドアミラー、トラックリッドスポイラーリップはハイグロスブラック仕上げとしている。

一方インテリアについては、同社専用に用意されたバケットタイプのAMGパフォーマンスシートや、AMGパフォーマンスステアリングを装備。センターコンソールとドアパネルにはマットカーボンとアルミニウムの装飾パネルを用い、またシートやセンターコンソール、ドアセンターコンソールなど各所にイエローのステッチを施している。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・マットブラックペイント19/20インチAMG 5ツインスポークアルミホイール(鍛造)
・ハイグロスブラックパーツ(フロントスポイラーセンター部、リアバンパー、ドアミラー、ウィンドウアーチモール
・専用フロントスポイラーリップ
・専用サイドスカート
・専用リアデザイン(トランクリッドスポイラー、テールパイプトリム部分、リアディフューザー)
・専用リアサイドスポイラーリップ
・AMGパフォーマンスシート(イエローダイヤモンドステッチ入り)[前席]
・レザーDINAMICA製AMGパフォーマンスステアリング
・ナッパレザードアセンターパネル(イエローダイヤモンドステッチ入り)
・イエローパイピング付きAMGフロアマット
・AMGドアシルパネル(イエローイルミネーション)

ボディーカラーは「オブシディアンブラック」と「ブリリアントブルー」「ダイヤモンドホワイト」「イリジウムシルバーマグノ」の全4色。インテリアカラーはブラックのみの設定となる。

価格は1445万円。

(webCG)
 

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC350eアバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.8 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトセダン「Cクラス」に、プラグインハイブリッドモデル「C350eアバンギャルド」が登場。EVモードの使い勝手やパワートレインの感触を含めた、走りの印象を報告する。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
ホームへ戻る