日本導入を記念した特別なC63クーペ登場

2016.04.18 自動車ニュース
「メルセデスAMG C63 SクーペEdition 1」
「メルセデスAMG C63 SクーペEdition 1」 拡大

日本導入を記念した特別な「メルセデスAMG C63クーペ」登場

メルセデス・ベンツ日本は2016年4月15日、「メルセデスAMG C63クーペ」の特別仕様車「C63 SクーペEdition 1(エディション1)」を発表した。受注は同年7月31日までの期間限定で、発売は同年6月ごろとなる予定。

■外にはブラック、内にはイエローのアクセントを採用

C63 SクーペEdition 1は、同日発表されたC63クーペの日本導入を記念した特別仕様車である。

特徴は特別な仕立ての内外装にあり、エクステリアにはマットブラック塗装のAMG 5ツインスポークアルミホイール(鍛造)や、専用デザインのリアサイドスポイラーリップとリアディフューザーを採用。前後のバンパーやサイドスカート、ドアミラー、トラックリッドスポイラーリップはハイグロスブラック仕上げとしている。

一方インテリアについては、同車専用に用意されたバケットタイプのAMGパフォーマンスシートや、AMGパフォーマンスステアリングを装備。センターコンソールとドアパネルにはマットカーボンとアルミニウムの装飾パネルを用い、またシートやセンターコンソール、ドアセンターコンソールなど各所にイエローのステッチを施している。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・マットブラックペイント19/20インチAMG 5ツインスポークアルミホイール(鍛造)
・ハイグロスブラックパーツ(フロントスポイラーセンター部、リアバンパー、ドアミラー、ウィンドウアーチモール
・専用フロントスポイラーリップ
・専用サイドスカート
・専用リアデザイン(トランクリッドスポイラー、テールパイプトリム部分、リアディフューザー)
・専用リアサイドスポイラーリップ
・AMGパフォーマンスシート(イエローダイヤモンドステッチ入り)[前席]
・レザーDINAMICA製AMGパフォーマンスステアリング
・ナッパレザードアセンターパネル(イエローダイヤモンドステッチ入り)
・イエローパイピング付きAMGフロアマット
・AMGドアシルパネル(イエローイルミネーション)

ボディーカラーは「オブシディアンブラック」と「ブリリアントブルー」「ダイヤモンドホワイト」「イリジウムシルバーマグノ」の全4色。インテリアカラーはブラックのみの設定となる。

価格は1445万円。

(webCG)
 

 

関連キーワード:
Cクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • ジャガーFタイプ400スポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.28 試乗記 「Fペース」に「Eペース」、さらには発売が待たれる電気自動車の「Iペース」と、いよいよもって充実してきたジャガーのSUVラインナップ。この潮流の中における、ピュアスポーツカー「Fタイプ」の“立ち位置”とは? 2018年限定グレードに試乗した。
ホームへ戻る