第341回:タイヤにイノベーションを巻き起こす!?
ブリヂストンの最新技術を見て、乗って体感

2016.04.22 エッセイ
今回のイベントは「ブリヂストン 春の『安全』イノベーションまつり2016」と銘打たれたものだったが、紹介された技術の内容は多岐にわたった。
今回のイベントは「ブリヂストン 春の『安全』イノベーションまつり2016」と銘打たれたものだったが、紹介された技術の内容は多岐にわたった。

2016年4月上旬、栃木県那須塩原市にあるブリヂストンのテストコース「ブリヂストン プルービンググラウンド」で、メディア向けの技術体験イベントが開催された。そこで紹介された3つの技術を、イベントの様子とともにリポートする。

午前中は、各技術の開発担当者が説明を行うプレゼンテーションの時間。プレゼン終了後の質疑応答も大いに盛り上がった。
午前中は、各技術の開発担当者が説明を行うプレゼンテーションの時間。プレゼン終了後の質疑応答も大いに盛り上がった。

2016年2月に発売されたばかりの「プレイズPXシリーズ」には、セダン・クーペ用の「PX」、ミニバン用の「PX-RV」、軽・コンパクトカー用の「PX-C」がラインナップされている。


	2016年2月に発売されたばかりの「プレイズPXシリーズ」には、セダン・クーペ用の「PX」、ミニバン用の「PX-RV」、軽・コンパクトカー用の「PX-C」がラインナップされている。
午後の試乗会に用意されていた「トヨタ・プリウス」には、セダン・クーペ用の「プレイズPX」が装着されていた。
午後の試乗会に用意されていた「トヨタ・プリウス」には、セダン・クーペ用の「プレイズPX」が装着されていた。

まずは「プレイズPXシリーズ」の解説から

カリキュラムは午前中のプレゼンテーションと午後の体験試乗の2本立て。紹介された技術は主に3つで、2016年2月に発売された「Playz(プレイズ)PXシリーズ」の“疲れにくい”という性能、BMWの電気自動車「i3」に採用された次世代低燃費タイヤ「ologic(オロジック)」の操縦性、そしてタイヤ内にセンサーを置く路面判定技術「CAIS」であった。

最初に説明されたのはプレイズPXシリーズである。このタイヤの売りは「運転が疲れにくい」という特徴と「低燃費&優れた耐摩耗性」を、バランスよく成立させたところにあるという。ちなみに「運転が疲れにくい」は、「無意識に行われる細かなハンドル修正」を減らすことで実現する。そのために、新しいトレッドパターンと非対称形状のタイヤ構造の採用、路面に対する接地性の最適化が行われた。これらの開発には、走行時のタイヤの状態をより詳しく観察できるブリヂストン独自の「アルティメットアイ」技術が大いに貢献したという。

また、低燃費&高いウエット性能&ロングライフ性能については、シリカの含有量を増やした新トレッドゴムで実現。さらに、セダン・クーペ、ミニバン、軽・コンパクトと、それぞれに専用のトレッドパターンとタイヤ構造を用いている。例えば、人や荷物をのせての直進走行が多いミニバンは、車高が下がってタイヤの内側が偏摩耗しがちなので、タイヤのイン側の溝を減らしたトレッドパターンを採用。軽・コンパクトカーについては、街乗りおよび駐車場での小回りや、据え切りなどによる偏摩耗を防ぐよう、イン側とアウト側のショルダーブロック剛性を高めたトレッドパターンを採用している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ