マツダ・ロードスターNR-A(FR/6MT)

いちばんピュアなロードスター 2016.04.22 試乗記 ワンメイクレースやジムカーナなど、モータースポーツへの参加を想定して開発された「ロードスターNR-A」に試乗。アマチュアレーサー御用達のクルマかと思いきや、レースに出ない人にとっても、見逃せないモデルだった。

ロールバーが恨めしい

「ううっ、また痙(つ)った……」

朝から2度目である。最初は乗り込むときに右のふくらはぎがピリッときて、今度は降りるときに右脇腹から右腕にかけて痛みが走った。おかげで右腕を上げようとしても、主人の言うことを聞こうとしない。

もともと体が硬いうえに、日ごろの運動不足もたたってこのありさまだから、クルマに文句を言っても始まらないが、ロールバーのせいで乗り降りの前にはいちいち気合を入れないとならないし、乗り込んだら乗り込んだでヘッドルームも視界もロールバーに邪魔されて落ち着きやしない。

私をこんな目に遭わせているのは、マツダがサーキット走行を想定して開発したロードスターのモータースポーツ用ベースグレード、NR-Aだ。正確にはマツダ純正アクセサリー(マツダスピード)のロールバーが乗り降りを邪魔するのだ。もちろん、サーキットの安全を考えてのことで、これに加えて、指定のタイヤやブレーキパッドを装着し、さらに、けん引フックやフルハーネスのシートベルト、バケットシートを用意すれば「ロードスター・パーティレース」に参加できてしまう。

パーティレースはいわゆるナンバー付きレースなので、このクルマでレースが行われるサーキットを往復することもできるし、乗り降りの不便さを厭(いと)わなければ、ふだんのアシとして使えるというのもユニークなところだ。それだけに、ロードスターNR-Aはモータースポーツを身近に楽しむのに打ってつけの一台なのだ。

2015年10月15日に発売された「ロードスターNR-A」。試乗車にはパーティレース指定部品のマツダスピード製「ロールバー」が装備されていた。
2015年10月15日に発売された「ロードスターNR-A」。試乗車にはパーティレース指定部品のマツダスピード製「ロールバー」が装備されていた。
サイドバーが存在を主張する、ドア開口部の様子。頭上にもバーが張り出しているため、乗り降りはかなり大変だった。
サイドバーが存在を主張する、ドア開口部の様子。頭上にもバーが張り出しているため、乗り降りはかなり大変だった。
写真のボディーカラーは「アークティックホワイト」。「NR-A」ではハイマウントストップランプカバーがブラック塗装となる(他グレードはボディー同色)。
写真のボディーカラーは「アークティックホワイト」。「NR-A」ではハイマウントストップランプカバーがブラック塗装となる(他グレードはボディー同色)。
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る