マツダ・ロードスターNR-A(FR/6MT)

いちばんピュアなロードスター 2016.04.22 試乗記 ワンメイクレースやジムカーナなど、モータースポーツへの参加を想定して開発された「ロードスターNR-A」に試乗。アマチュアレーサー御用達のクルマかと思いきや、レースに出ない人にとっても、見逃せないモデルだった。

ロールバーが恨めしい

「ううっ、また痙(つ)った……」

朝から2度目である。最初は乗り込むときに右のふくらはぎがピリッときて、今度は降りるときに右脇腹から右腕にかけて痛みが走った。おかげで右腕を上げようとしても、主人の言うことを聞こうとしない。

もともと体が硬いうえに、日ごろの運動不足もたたってこのありさまだから、クルマに文句を言っても始まらないが、ロールバーのせいで乗り降りの前にはいちいち気合を入れないとならないし、乗り込んだら乗り込んだでヘッドルームも視界もロールバーに邪魔されて落ち着きやしない。

私をこんな目に遭わせているのは、マツダがサーキット走行を想定して開発したロードスターのモータースポーツ用ベースグレード、NR-Aだ。正確にはマツダ純正アクセサリー(マツダスピード)のロールバーが乗り降りを邪魔するのだ。もちろん、サーキットの安全を考えてのことで、これに加えて、指定のタイヤやブレーキパッドを装着し、さらに、けん引フックやフルハーネスのシートベルト、バケットシートを用意すれば「ロードスター・パーティレース」に参加できてしまう。

パーティレースはいわゆるナンバー付きレースなので、このクルマでレースが行われるサーキットを往復することもできるし、乗り降りの不便さを厭(いと)わなければ、ふだんのアシとして使えるというのもユニークなところだ。それだけに、ロードスターNR-Aはモータースポーツを身近に楽しむのに打ってつけの一台なのだ。

2015年10月15日に発売された「ロードスターNR-A」。試乗車にはパーティレース指定部品のマツダスピード製「ロールバー」が装備されていた。
2015年10月15日に発売された「ロードスターNR-A」。試乗車にはパーティレース指定部品のマツダスピード製「ロールバー」が装備されていた。
サイドバーが存在を主張する、ドア開口部の様子。頭上にもバーが張り出しているため、乗り降りはかなり大変だった。
サイドバーが存在を主張する、ドア開口部の様子。頭上にもバーが張り出しているため、乗り降りはかなり大変だった。
写真のボディーカラーは「アークティックホワイト」。「NR-A」ではハイマウントストップランプカバーがブラック塗装となる(他グレードはボディー同色)。
写真のボディーカラーは「アークティックホワイト」。「NR-A」ではハイマウントストップランプカバーがブラック塗装となる(他グレードはボディー同色)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る