アウディが最高出力605psのS8プラスを発売

2016.04.19 自動車ニュース
「アウディS8プラス」
「アウディS8プラス」 拡大

アウディが最高出力605psの「S8プラス」を発売

アウディ ジャパンは2016年4月19日、ハイパフォーマンスセダン「アウディS8プラス」を発売した。

■0-100km/hは3.8秒、最高速は305km/hを実現

今回のS8プラスは、既存の「S8」に代わる「A8」シリーズの新しい高性能スポーツグレードである。

4リッターV8直噴ターボエンジンについては、従来モデルを85psと5.1kgm上回る、605psの最高出力と71.4kgmの最大トルクを実現。さらに「オーバーブーストモード」を選択すると、短時間ながら最大トルクを76.5kgmまで高めることが可能で、動力性能については0-100km/hは3.8秒、最高速は305km/hと公表されている。一方で、燃費についても配慮しており、気筒休止システム(シリンダーオンデマンド)やスタートストップシステムを採用している。

駆動システムはフルタイム4WDの「クワトロ」で、リアにスポーツディファレンシャルを採用。足まわりには快適な乗り心地と優れたハンドリング性能を実現する「アダプティブエアサスペンションスポーツ」や、ウエーブデザインのディスクローターを採用した軽量セラミックブレーキなどを装備している。タイヤサイズは275/35ZR21で、21インチの5ダブルアーム・デザイン・ポリッシュトアルミホイールが組み合わされる。

エクステリアについても従来モデルとは一部が異なり、ブラック基調のシングルフレームグリルやカーボン装飾を配した前後バンパー、ボディー同色のミラーハウジング、リアスポイラーなどを装備。ウィンドウトリムはブラックで、テールランプはスモーク仕様となっている。

価格は2008万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
S8A8アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークHSEダイナミック(4WD/9AT)【試乗記】 2018.5.2 試乗記 ランドローバーのスタイリッシュなSUV「レンジローバー イヴォーク」の2018年モデルに試乗。細部のブラッシュアップもさることながら、最新型のハイライトは、なんといってもパワーユニットが刷新されたこと。大きな期待を胸に乗り込んでみると……
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
ホームへ戻る