アウディが最高出力605psのS8プラスを発売

2016.04.19 自動車ニュース
「アウディS8プラス」
「アウディS8プラス」

アウディが最高出力605psの「S8プラス」を発売

アウディ ジャパンは2016年4月19日、ハイパフォーマンスセダン「アウディS8プラス」を発売した。

 
アウディが最高出力605psのS8プラスを発売の画像
 
アウディが最高出力605psのS8プラスを発売の画像
 
アウディが最高出力605psのS8プラスを発売の画像

■0-100km/hは3.8秒、最高速は305km/hを実現

今回のS8プラスは、既存の「S8」に代わる「A8」シリーズの新しい高性能スポーツグレードである。

4リッターV8直噴ターボエンジンについては、従来モデルを85psと5.1kgm上回る、605psの最高出力と71.4kgmの最大トルクを実現。さらに「オーバーブーストモード」を選択すると、短時間ながら最大トルクを76.5kgmまで高めることが可能で、動力性能については0-100km/hは3.8秒、最高速は305km/hと公表されている。一方で、燃費についても配慮しており、気筒休止システム(シリンダーオンデマンド)やスタートストップシステムを採用している。

駆動システムはフルタイム4WDの「クワトロ」で、リアにスポーツディファレンシャルを採用。足まわりには快適な乗り心地と優れたハンドリング性能を実現する「アダプティブエアサスペンションスポーツ」や、ウエーブデザインのディスクローターを採用した軽量セラミックブレーキなどを装備している。タイヤサイズは275/35ZR21で、21インチの5ダブルアーム・デザイン・ポリッシュトアルミホイールが組み合わされる。

エクステリアについても従来モデルとは一部が異なり、ブラック基調のシングルフレームグリルやカーボン装飾を配した前後バンパー、ボディー同色のミラーハウジング、リアスポイラーなどを装備。ウィンドウトリムはブラックで、テールランプはスモーク仕様となっている。

価格は2008万円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る