アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)/アルファ・ロメオ・ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデ(FF/6AT)/フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)

イタリア車はこうじゃなきゃ! 2016.04.23 試乗記 大磯ロングビーチで開催されたFCA合同試乗会。リポートの後編では、アルファ・ロメオとフィアットの3台を紹介。広大な駐車場に作られた本格ジムカーナコースは、これまで幾度となくステアリングを握ってきた各モデルについて、いったいどんなことを教えてくれるのか?

アルファ・ロメオ4Cスパイダー
軽量スーパースポーツここにあり

前編からの続き)
ご存じのとおり「4Cスパイダー」は、アルファ・ロメオ最新のリアルスポーツカーだ。アルファに関しては目下のところ新型「ジュリア」に対する関心が高いが、あちらはいかに500psオーバーのモデルがあるとはいえ、それなりの車重がある4ドアセダン。確かに引かれるものは大いにあるが、だからといって「4C」と4Cスパイダーの魅力が薄れるものでは全くない。

それをはっきりと意識したのは、コースのスタート地点でムチを一発入れた直後の、この日初めて4Cスパイダーを発進させた直後のことだった。リアタイヤを一瞬だけスキッドさせながら加速態勢にはいった4Cスパイダーは、持てる実力をいきなり直線的に立ち上げて、ハッとさせるぐらいの勢いでスピードに乗っていく。たった240psしかないはずなのに、その感覚は明らかに“フツーのクルマ”とは異なっている。そう、軽いのだ。マスというものをほとんど意識させることなくダイナミックに加速していくそのフィールは、軽量であることに徹底してこだわって作られたスポーツカー以外は持ち得ないもの。全開加速一発が、ただそれだけで猛烈に気持ちいい。

その軽さの恩恵は、パイロンの間を縫って走るスラローム区間でもたっぷり感じられた。たいしたロールを感じさせることもなく、スパッ、スパッ、スパッ……と、気持ちよく軽快なリズムを刻んでいけるのだ。しかもミズスマシのように機敏で速い。少し高めの速度からブレーキングしてターンするような場面では、その鋭い回頭性にニヤリとさせられる。瞬時にクルン! である。ミドシップレイアウトであること、ホイールベースに対してトレッドが広いことなどもあって、こうしたときのフットワークは絶品だ。

想像しているより加速するし伸びもいいから、時には速度が乗りすぎることも。それも含めて、こうしたコースをきれいに速く走り抜けるには少々慣れが必要なところもあるが、「軽量スーパースポーツここにあり!」の鋭い加速と機敏なハンドリングが生むめくるめく楽しさは十二分に味わえる。そしてそれがクセになりそうなほどの魅力なもんだから困ってしまう。

「アルファ・ロメオ4Cスパイダー」のインテリア。サイドシルの内側など、内装の一部にカーボンファイバー製のボディーセルがむきだしの状態でのぞいている。
「アルファ・ロメオ4Cスパイダー」のインテリア。サイドシルの内側など、内装の一部にカーボンファイバー製のボディーセルがむきだしの状態でのぞいている。
ミドシップ搭載される1.7リッター直4直噴ターボエンジンは、240psの最高出力と35.7kgmの最大トルクを発生。デュアルクラッチ式6段ATが組み合わされる。
ミドシップ搭載される1.7リッター直4直噴ターボエンジンは、240psの最高出力と35.7kgmの最大トルクを発生。デュアルクラッチ式6段ATが組み合わされる。
テスト車には、フロント=205/40R18、リア=235/35R19というサイズのタイヤや、スポーツサスペンションなどからなるオプションの「スポーツパッケージ」が採用されていた。
テスト車には、フロント=205/40R18、リア=235/35R19というサイズのタイヤや、スポーツサスペンションなどからなるオプションの「スポーツパッケージ」が採用されていた。
外装色にはテスト車に用いられていた「プロトタイプイエロー」を含む全7色が用意される。
外装色にはテスト車に用いられていた「プロトタイプイエロー」を含む全7色が用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュリエッタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る