第446回:日本車には「力士」がよく似合う!?
イタリアの最新クルマ広告事情

2016.04.22 エッセイ

伝説的広告コピーを生んだフィアット

「メルセデス・ベンツのスリーポインテッド・スターは、創業者のひとりゴットリープ・ダイムラーが、発明したエンジンを陸で、海で、そして空で広く使われることを願ってデザインされたものである」。このエピソードは、本エッセイの読者にとっては「耳にタコ」だろう。

実は、アルプスを越えた向こうのフィアットも、「Terra Mare Cielo(イタリア語で陸、海、空)」を第2次大戦の前後、スローガンとして用いていた。

すでに鉄道車両部門は2000年にフランスのアルストーム社に、航空機部門「フィアット・アヴィオ」も2003年に売却されている。それでも、往年のフィアットを語るとき、古いイタリア人は、この「テッラ、マーレ、チエロ」を忘れず口にする。伝説的名コピーといえる。

今日イタリアにおけるイタリア車の広告コピーは、どのような感じなのか? まずは、フィアットブランドから見てみよう。

本エッセイの第428回で、トルコ工場製の「ティーポ」は「わずかな費用で、たっぷり(装備)」と、かなり直球勝負なコピーで発売されたことを記した。一方、昨2015年にビッグマイナーチェンジが行われた「500」のコピーはといえば、「より大胆に、よりつながる、いつも500」だ。フロントバンパー下のグリルをはじめ、よりきらびやかになったディテールや、インフォテインメントシステム「Uコネクト」が装備されたことを、さりげなくアピールしている。

鉄道ファンから「どけ! このヤロー」と言われてしまいそうだが……筆者が住むシエナに今なおやってくる1981年フィアット製造の気動車と、筆者本人。
鉄道ファンから「どけ! このヤロー」と言われてしまいそうだが……筆者が住むシエナに今なおやってくる1981年フィアット製造の気動車と、筆者本人。
フィアットの鉄道車両に貼られたプレート。これは1983年製。
フィアットの鉄道車両に貼られたプレート。これは1983年製。
「フィアット500」(写真左)。マイナーチェンジ後の最新型は、レンタカー用として早速各地で大量導入されている。
「フィアット500」(写真左)。マイナーチェンジ後の最新型は、レンタカー用として早速各地で大量導入されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。