走りを磨いた“G's”のノア/ヴォクシー発売

2016.04.20 自動車ニュース
「トヨタヴォクシーZS“G's”」
「トヨタヴォクシーZS“G's”」

走りを磨いたミニバン「トヨタ・ノア/ヴォクシー“G's”」の新型がデビュー

トヨタ自動車は2016年4月20日、ミニバン「ノア」「ヴォクシー」のスポーツコンバージョン車「G SPORTS(G's)」を発表。同日、販売を開始した。

「ノアSi“G's”」のリアビュー。
「ノアSi“G's”」のリアビュー。
「ヴォクシーZS“G's”」のインテリア。
「ヴォクシーZS“G's”」のインテリア。
「ノアSi“G's”」のインテリア。
「ノアSi“G's”」のインテリア。
“G's”専用チューニングサスペンション
“G's”専用チューニングサスペンション
「ノアSi“G's”」
「ノアSi“G's”」

G'sは、ドイツのニュルブルクリンクを舞台に「クルマの味づくり」を続けているTOYOTA GAZOO Racingのテストドライバーがチューニングを施した、トヨタのスポーツコンバージョン車。架装工程をライン生産とすることで価格を抑えた点もセリングポイントとされている。

今回発売された「ヴォクシーZS“G's”」と「ノアSi“G's”」は、スポーティーな内外装を特徴とする「ヴォクシーZS」および「ノアSi」の7人乗り仕様(FF車)をベースに開発されたもので、ヴォクシーおよびノアの“G's”としては2代目。ミニバンであることを意識させない走りの楽しさや操る喜び、そして上質な乗り心地を提供するという。

具体的には、全高を約15mmダウンさせる専用チューニングサスペンションや、専用の剛性アップパーツ、フロア下の空力パーツを装着することにより、ステアリング操作に対するクルマの正確な動きと、しなやかな乗り心地を実現。
また、G's専用のフロント大型バンパーやフロントグリル、フードモール、G's専用アルミホイール(エンケイ製)などでエクステリアのスポーティー感を強調するとともに、スエード調表皮と合成皮革を組み合わせシルバーステッチを施したG's専用フロントスポーティーシート(G'sエンブレム付き)や、G's専用高輝度シルバーパネルのオプティトロンメーター(レッド照明/G'sロゴ付き)などで、インテリアについてもベース車とは異なる個性が演出されている。

そのほかの主な特別装備は、以下の通り。

・G's専用LEDイルミネーションビーム
・G's専用リア大型バンパー
・G's専用サブマフラー(サウンドチューニング)
・G's専用エンブレム(フェンダー、バックドア)
・バックドアガーニッシュ(G's専用スモークメッキ加飾)
・G's専用チューニング電動パワーステアリング
・本革巻き3本スポークステアリングホイール(シルバーステッチ+ディンプル+スポーク部ダークシルバー塗装)
・本革巻きシフトノブ(シルバーステッチ+ディンプル加工)
・G's専用スタートスイッチ(レッド/G's ロゴ付き)
・4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ(G's専用オープニング画面)
・ブラックインテリア(ルーフ、ピラーガーニッシュ、アシストグリップ、サンバイザー)
・アルミペダル(アクセルペダル、ブレーキペダル) 

価格は、ヴォクシーZS“G's”、ノアSi“G's”ともに、ベースモデルより37万9964円高の311万9237円。

(webCG)

関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
ホームへ戻る