「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・シビック タイプR(後編)

2016.04.21 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・シビック タイプR(後編)の画像

「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・シビック タイプR(前編)

SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー・谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ホンダ・シビック タイプR」に試乗する。ニュルブルクリンクで“FF量産車世界最速”を記録したスーパーハッチのハンドリングは、箱根のターンパイクでどう映ったのだろうか。

 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・シビック タイプR(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・シビック タイプR(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・シビック タイプR(後編)の画像

■ひとつひとつの性能は極めて高いのだが……

シビック タイプRの前編では、主にエンジンパフォーマンスについて谷口信輝に語ってもらったが、そのハンドリングはどうだったのか?

「以前、あるサイクルスポーツセンターのサーキットコースでタイプRに試乗したことがあるんですが、そこはタイトコーナーの連続で、タイプRの魅力は正直、感じにくかったですね。でも、箱根のターンパイクのようにコーナーの曲率が大きなワインディングロードでは、逆にタイプRのよさが前面に出てくる。ニュルブルクリンクもそうですが、基本的には速度レンジの高いコースのほうがタイプRにはあっているようですね」

では、具体的にはどんな印象だったのか?

「ノーズの入り方がすごくいい。もう、グイグイとフロントが入ってくる。特に、ステアリングを切り始めたときの、最初の反応が鋭いですね。しかも、それなのにリアのグリップもしっかりしている。普通、あれだけフロントのレスポンスがいいと、リアが破綻しちゃってもおかしくないんですが、全然そんなことはなくて、ちゃんとグリップし続ける。昔のタイプRは、リアのグリップはよかったけれど、フロントがそれに追いついていなくて、おかげでアンダーステアが強めであんまり曲がらなかった。それがこのタイプRは回頭性もいいしリアのスタビリティーも高い。あと、ブレーキもよく利きますね。もう、テレビCMで有名な高級スポーツジムに通っていましたみたいな、ムキムキぶり(笑)。相当マッチョなクルマですよ」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • ホンダ・シビック【開発者インタビュー】 2017.6.2 試乗記 「シビック」が日本に帰ってくる。ドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えた新型は、「タイプR」をフラッグシップとし「ハッチバック」にMT車を設定するなど、スポーティーさをウリにしている。“復活”に賭ける開発者たちの意気込みを聞いた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • ホンダ、新型「シビック」シリーズの情報をウェブで先行公開 2017.6.23 自動車ニュース 本田技研工業は2017年6月23日、同年7月下旬に発表を予定している新型「シビック」シリーズに関する情報を、ホームページで先行公開した。カラーラインナップや主要装備、さらに全国の展示イベントや試乗イベントの様子などが閲覧できる。
ホームへ戻る