ジャガーXF 20d ピュア(FR/8AT)/XF 25t プレステージ(FR/8AT)

進化は止まらない 2016.04.26 試乗記 ボディーにアルミニウムを大々的に採用し、先進的なインフォテインメントシステムを搭載するなど、一足飛びの進化を遂げたジャガーの新型「XF」。その実力やいかに? 注目の2リッターのインジニウム・ディーゼルエンジン搭載車と、同じく2リッターガソリンエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。

XFをご存じない?

ジャガーXFがフルモデルチェンジを果たしたと聞いて、すぐに反応できる人は相当のクルマ好きだろう。

三重県で行われたメディア試乗会の様子を3人の友人に話してみたが、残念なことに誰一人としてXFがモデルチェンジしたことを知らなかったし、そもそもXFがどういうジャガーなのだということも認識していなかった。3人ともクルマには人並み以上に興味と関心を抱いていて、ひとりはルノーに、もうひとりはレンジローバーに乗っている。それでもXFは知らなかった。

「一番大きなサルーンが『XJ』で、去年出た一番小さなサルーンが『XE』。XFはその中間のサルーンで、メルセデスの『Eクラス』やBMWの『5シリーズ』、『アウディA6』なんかをライバルに想定しているんだよ」

そう解説しても、街で走っているところを見た覚えがないという。

「クラシックなカタチをしていて、こういう風に鼻先にヒョウのマスコットが付いているのがジャガーなんだよね?」

手のひらを曲げてマスコットをまねてくれたが、それぐらいジャガーのイメージを明確に持っているのだ。そこで、XJ以下のXF、XEはモダンなスタイルをしていて、クラシック調は一切姿を消したと説明すると、3人とも「そうなんだぁ」と驚いていた。

ディーゼルエンジンを搭載する「XF」には、ベーシックな「ピュア」(写真)と、ラグジュアリーな「プレステージ」の2グレードが用意される。
ディーゼルエンジンを搭載する「XF」には、ベーシックな「ピュア」(写真)と、ラグジュアリーな「プレステージ」の2グレードが用意される。
180psと43.8kgmを生み出す2リッターのインジニウム・ディーゼルエンジン。JC08モード燃費は16.7km/リッター。
180psと43.8kgmを生み出す2リッターのインジニウム・ディーゼルエンジン。JC08モード燃費は16.7km/リッター。
円柱形のシフトセレクターや回転式のエアベントなど、ユニークなディテールは新型にも受け継がれている。インパネの中央のワイドスクリーン(10.2インチ)や、液晶メータークラスター(12.3インチ)が新しい。
円柱形のシフトセレクターや回転式のエアベントなど、ユニークなディテールは新型にも受け継がれている。インパネの中央のワイドスクリーン(10.2インチ)や、液晶メータークラスター(12.3インチ)が新しい。
トランクリッドに貼られた「20d」バッジ。このバッジを見なければ、外観だけでディーゼルかガソリンかを見分けるのは容易ではない。
トランクリッドに貼られた「20d」バッジ。このバッジを見なければ、外観だけでディーゼルかガソリンかを見分けるのは容易ではない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る