第121回:人類が二分された世界でホンダS800が希望を担う
『太陽』

2016.04.22 エッセイ

神木隆之介の夢がかなった映画

2012年の『桐島、部活やめるってよ』で、神木隆之介は散々な目にあっていた。スクールカーストの最下層にいた彼は、クラスでの存在感はほぼゼロ。映画部の活動が唯一の楽しみだが、顧問教師はダサい青春映画を撮らせようとする。こっそりゾンビ映画の『生徒会・オブ・ザ・デッド』の撮影を始めると、脳が筋肉でできたスポーツ部員たちに妨害された。

さぞ無念だったろう。しかし、彼の思いはようやく実現した。『太陽』はヴァンパイア映画である。ゾンビではないが、ジャンルとしては近い。『桐島』で果たせなかった夢を実現することができたのだ。ただし、今回もひどい目にあう。

舞台となるのは近未来の日本。バイオテロによって世界に広がったウイルスにより、人類は壊滅状態になる。生き残ったのは環境に対応して進化を遂げた新人類のノクスだった。高い知能を持つが、ヴァンパイア化した彼らは太陽の下では生きられない。旧人類のキュリオもわずかに残っていて、ノクスの生活する領域からは隔離され、山間部で貧しい暮らしを送っている。神木隆之介の演じる奥寺鉄彦はもちろんキュリオ。ボロに身を包み、いつかノクスになりたいと願っている。

キュリオは転換手術でノクスになることができるのだ。対象となるのは成人前の若者に限られ、申請して選ばれたものだけが進化した身体を手に入れる。

©2015「太陽」製作委員会
 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。