メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)

メルセデスの矜持 2016.04.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本上陸。上級グレード「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、その出来栄えを確かめた。

すっきりきれいなスタイリング

『webCG』を訪れるクルマ好きの皆さんのことだから、きっともう新しい「メルセデス・ベンツEクラス」の姿を確認済みのことと思うが、新世代の「C/E/Sクラス」は似ている。ほぼ相似形だ。遠目に見た際にどのモデルかということよりも、まずメルセデスであることを認知させたいのだろう。メルセデス・ベンツのみならず、アウディもBMWもそう。ジャーマンプレミアムは昔からその傾向があったが、近ごろはそれを強く感じる。

理由はひとつじゃないのだろうが、ひとつには“小さいのが廉価版で、大きいのが豪華版です”という売り方から“どれも等しくメルセデスですので、あとは必要に応じてサイズを決めてください”という売り方をする時代へ移行したのではないか。ユーザーの「どうだっ!」という気持ちのダウンサイジングなのかもしれない。

新しく登場した「Cクラス クーペ」も、同じようにサイズを除けば「Sクラス クーペ」と似ている。ということは、まだ見ぬ次期「Eクラス クーペ」もこんな感じになるのだろう。画像ではなく実車を初めて見ての第一印象は、きれいだなということ。ノッチバックとファストバックの中間的なスタイリングで、「Cクラス セダン」のリアドアを取り除いて上から少し押さえて低くしたようにも見える。すっきりしていて無駄な要素が感じられない。

「Cクラス クーペ」のインテリア。各所にブラックアッシュウッドとアルミニウムの装飾パネルが用いられている。
「Cクラス クーペ」のインテリア。各所にブラックアッシュウッドとアルミニウムの装飾パネルが用いられている。
セダンやステーションワゴンとは異なり、サイドミラーはAピラーの付け根ではなく、ドアパネルに備わる。
セダンやステーションワゴンとは異なり、サイドミラーはAピラーの付け根ではなく、ドアパネルに備わる。
先代の「Cクラス クーペ」が“窓枠”付きのサッシュドアを採用していたのに対し、新型ではサッシュレスドアとなっている。
先代の「Cクラス クーペ」が“窓枠”付きのサッシュドアを採用していたのに対し、新型ではサッシュレスドアとなっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る