BMWが4シリーズに新エンジンを搭載

2016.04.22 自動車ニュース
「BMW 4シリーズ クーペ」
「BMW 4シリーズ クーペ」

BMWが「4シリーズ」に新エンジンを搭載

BMWジャパンは2016年4月22日、「4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「4シリーズ カブリオレ」
「4シリーズ カブリオレ」
4シリーズ グランクーペ
「4シリーズ グランクーペ」
ドアミラーに備えられた「レーン・チェンジ・ウォーニング」のインジケーター。
ドアミラーに備えられた「レーン・チェンジ・ウォーニング」のインジケーター。

■全車に新世代のモジュラーエンジンを採用

今回の改良では、「Mモデル」を除くすべてのモデルにおいて、パワーユニットに新世代のモジュラーエンジンを採用した。新しいエンジンは1気筒あたり排気量が約500ccの2リッター直4、もしくは3リッター直6で、いずれも筒内直接燃料噴射機構、ツインスクロールターボチャージャー、無断階バルブコントロールシステム、バリアブルカムシャフトコントロールなどの技術が用いられている。

これにより、直6エンジン搭載車の「440i」は、従来モデルの「435i」を20psと5.1kgm上回る326ps/5500rpmの最高出力と45.9kgm/1380-5000rpmの最大トルクを実現。燃費も最大で10%改善しているという。

一方、直4エンジン搭載車については、「420i」は184ps/5000rpm、27.5kgm/1350-4600rpmと、最高出力、最大トルクともに従来モデルと変わらず(最大トルクの発生回転数は異なる)。「435i」は245ps/5000rpm、35.7kgm/1250-4800rpmと、従来モデルの「428i」より最高出力が7ps向上している。

また、新エンジンの採用に加え、今回、運転支援システムの「レーン・チェンジ・ウォーニング」が全車に搭載された。

ラインナップと価格は以下の通り。

・4シリーズ クーペ:523万~809万円
・4シリーズ カブリオレ:883万~901万円
・4シリーズ グランクーペ:528万~815万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

4シリーズ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る