BMWが4シリーズに新エンジンを搭載

2016.04.22 自動車ニュース
「BMW 4シリーズ クーペ」

BMWが「4シリーズ」に新エンジンを搭載

BMWジャパンは2016年4月22日、「4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「4シリーズ カブリオレ」
4シリーズ グランクーペ
ドアミラーに備えられた「レーン・チェンジ・ウォーニング」のインジケーター。

■全車に新世代のモジュラーエンジンを採用

今回の改良では、「Mモデル」を除くすべてのモデルにおいて、パワーユニットに新世代のモジュラーエンジンを採用した。新しいエンジンは1気筒あたり排気量が約500ccの2リッター直4、もしくは3リッター直6で、いずれも筒内直接燃料噴射機構、ツインスクロールターボチャージャー、無断階バルブコントロールシステム、バリアブルカムシャフトコントロールなどの技術が用いられている。

これにより、直6エンジン搭載車の「440i」は、従来モデルの「435i」を20psと5.1kgm上回る326ps/5500rpmの最高出力と45.9kgm/1380-5000rpmの最大トルクを実現。燃費も最大で10%改善しているという。

一方、直4エンジン搭載車については、「420i」は184ps/5000rpm、27.5kgm/1350-4600rpmと、最高出力、最大トルクともに従来モデルと変わらず(最大トルクの発生回転数は異なる)。「435i」は245ps/5000rpm、35.7kgm/1250-4800rpmと、従来モデルの「428i」より最高出力が7ps向上している。

また、新エンジンの採用に加え、今回、運転支援システムの「レーン・チェンジ・ウォーニング」が全車に搭載された。

ラインナップと価格は以下の通り。

・4シリーズ クーペ:523万~809万円
・4シリーズ カブリオレ:883万~901万円
・4シリーズ グランクーペ:528万~815万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

4シリーズ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • 「BMW M2クーペ」に6段MT仕様が登場 2016.10.25 自動車ニュース BMWが3リッター直6ターボエンジンを搭載した高性能スポーツクーペ「M2クーペ」に6段MT仕様を設定し、予約受け付けを開始した。価格は7段デュアルクラッチAT仕様より25万円低い768万円。納車については2017年1月からの予定となっている。
  • 独BMW、7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2016.10.19 自動車ニュース 独BMWが、7代目となる新型「5シリーズ」の概要を発表した。ボディーはアルミや高張力鋼板の多用により約100kgの軽量化を実現。ガソリンエンジンやディーゼルエンジン、プラグインハイブリッドと、豊富にそろえられたパワーユニットも特徴となっている。
ホームへ戻る