BMWが4シリーズに新エンジンを搭載

2016.04.22 自動車ニュース
「BMW 4シリーズ クーペ」
「BMW 4シリーズ クーペ」 拡大

BMWが「4シリーズ」に新エンジンを搭載

BMWジャパンは2016年4月22日、「4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「4シリーズ カブリオレ」
「4シリーズ カブリオレ」 拡大
4シリーズ グランクーペ
「4シリーズ グランクーペ」 拡大
ドアミラーに備えられた「レーン・チェンジ・ウォーニング」のインジケーター。
ドアミラーに備えられた「レーン・チェンジ・ウォーニング」のインジケーター。 拡大

■全車に新世代のモジュラーエンジンを採用

今回の改良では、「Mモデル」を除くすべてのモデルにおいて、パワーユニットに新世代のモジュラーエンジンを採用した。新しいエンジンは1気筒あたり排気量が約500ccの2リッター直4、もしくは3リッター直6で、いずれも筒内直接燃料噴射機構、ツインスクロールターボチャージャー、無断階バルブコントロールシステム、バリアブルカムシャフトコントロールなどの技術が用いられている。

これにより、直6エンジン搭載車の「440i」は、従来モデルの「435i」を20psと5.1kgm上回る326ps/5500rpmの最高出力と45.9kgm/1380-5000rpmの最大トルクを実現。燃費も最大で10%改善しているという。

一方、直4エンジン搭載車については、「420i」は184ps/5000rpm、27.5kgm/1350-4600rpmと、最高出力、最大トルクともに従来モデルと変わらず(最大トルクの発生回転数は異なる)。「435i」は245ps/5000rpm、35.7kgm/1250-4800rpmと、従来モデルの「428i」より最高出力が7ps向上している。

また、新エンジンの採用に加え、今回、運転支援システムの「レーン・チェンジ・ウォーニング」が全車に搭載された。

ラインナップと価格は以下の通り。

・4シリーズ クーペ:523万~809万円
・4シリーズ カブリオレ:883万~901万円
・4シリーズ グランクーペ:528万~815万円

(webCG)
 

関連キーワード:
4シリーズ クーペ4シリーズ カブリオレ4シリーズ グランクーペBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティション 2018.4.19 画像・写真 「M3」「M4」ゆずりの3リッター直6ターボエンジン(最高出力410ps、最大トルク550Nm)を搭載。BMWのコンパクトなハイパフォーマンスモデル「BMW M2コンペティション」の姿を写真で紹介する。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
ホームへ戻る