ボルボXC90 T8 TWIN ENGINE AWD インスクリプション(4WD/8AT)

納得のフラッグシップ 2016.04.28 試乗記 フルモデルチェンジで、見た目も中身もガラリと変わったボルボの最上級SUV「XC90」。中でも目玉とされる、トップモデルのプラグインハイブリッド車「XC90 T8」の仕上がりを報告する。

“一番上”は全部のせ

現在のボルボの全ラインナップ中で、唯一1000万円を超えるモデル――表現がちょっとばかり直球な気もするが、フルモデルチェンジしたばかりの新型XC90シリーズの中にあって、頂点に位置するモデルとして設定されたT8グレードは、そんな価格も大きな話題となっている。

かつて、ボルボ車のグレード名に用いられるひと桁の数字は、搭載エンジンの気筒数を表すのに用いられていたが、そんな不文律も、“今は昔”。「T6」や「T8」といった数字が、同じ車種に搭載されるパワーユニットの、出力のレベルを示すものとなって久しい。

そもそも、「Drive-E」の愛称が与えられたボルボの新世代エンジンは、シリンダーの直径が82mmに統一された、モジュール設計のガソリンユニットとディーゼルユニットである。現時点では、そのすべてがターボ付き直噴システムを採用する直列4気筒で、他の気筒数のエンジンは発表されていない。

T8グレードの場合、前輪駆動用に、ひとつ下のT6グレード用と同一のツインチャージャー(ターボ+メカニカルスーパーチャージャー)式ガソリンユニット(最高出力320ps)を搭載した上で、リアに後輪駆動用の電気モーター(87ps)を加えた、ハイブリッドシステムを採用している。

そう、“ツインエンジン”なる、日本ではちょっと聞き慣れないサブネームは、内燃機関と電気モーターという2種類の動力源を用いることを示しているのだ。システムのトータル出力がシリーズ最高となることから、フラッグシップにふさわしいグレード名が与えられたこのモデルのJC08モード燃費は、T6の11.7km/リッターに対して、15.3km/リッターとなっている。

日本国内では、2016年1月に発売された2代目「ボルボXC90」。今回は、その最上級モデル「XC90 T8」に試乗した。
日本国内では、2016年1月に発売された2代目「ボルボXC90」。今回は、その最上級モデル「XC90 T8」に試乗した。
物理的なボタンやスイッチ類を大幅に削減した、新型「XC90」のインテリア。操作スイッチの機能は、タッチパネル式のセンターディスプレイに集約されている。
物理的なボタンやスイッチ類を大幅に削減した、新型「XC90」のインテリア。操作スイッチの機能は、タッチパネル式のセンターディスプレイに集約されている。
スーパーチャージャーとターボチャージャーを装備する2リッター直4エンジン。その傍らには、リア側のモーターとは別に、エンジンのスターターやブースターとしての機能を担うモーターが搭載されている。
スーパーチャージャーとターボチャージャーを装備する2リッター直4エンジン。その傍らには、リア側のモーターとは別に、エンジンのスターターやブースターとしての機能を担うモーターが搭載されている。
「XC90」のリアエンブレム。「TWIN ENGINE」「AWD」のロゴが並ぶ。
「XC90」のリアエンブレム。「TWIN ENGINE」「AWD」のロゴが並ぶ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC90の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • 「ボルボ・アマゾン」のブルーをまとった「V40」の限定車登場 2017.2.16 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月16日、ショートワゴン「V40」に特別仕様車「アマゾンブルーエディション」を設定し、200台の台数限定で発売した。「ボルボ・アマゾン」をオマージュして設定され、ボディーカラーにはアマゾンの「ライトブルー」が採用された。
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
ホームへ戻る