ボルボXC90 T8 TWIN ENGINE AWD インスクリプション(4WD/8AT)

納得のフラッグシップ 2016.04.28 試乗記 フルモデルチェンジで、見た目も中身もガラリと変わったボルボの最上級SUV「XC90」。中でも目玉とされる、トップモデルのプラグインハイブリッド車「XC90 T8」の仕上がりを報告する。

“一番上”は全部のせ

現在のボルボの全ラインナップ中で、唯一1000万円を超えるモデル――表現がちょっとばかり直球な気もするが、フルモデルチェンジしたばかりの新型XC90シリーズの中にあって、頂点に位置するモデルとして設定されたT8グレードは、そんな価格も大きな話題となっている。

かつて、ボルボ車のグレード名に用いられるひと桁の数字は、搭載エンジンの気筒数を表すのに用いられていたが、そんな不文律も、“今は昔”。「T6」や「T8」といった数字が、同じ車種に搭載されるパワーユニットの、出力のレベルを示すものとなって久しい。

そもそも、「Drive-E」の愛称が与えられたボルボの新世代エンジンは、シリンダーの直径が82mmに統一された、モジュール設計のガソリンユニットとディーゼルユニットである。現時点では、そのすべてがターボ付き直噴システムを採用する直列4気筒で、他の気筒数のエンジンは発表されていない。

T8グレードの場合、前輪駆動用に、ひとつ下のT6グレード用と同一のツインチャージャー(ターボ+メカニカルスーパーチャージャー)式ガソリンユニット(最高出力320ps)を搭載した上で、リアに後輪駆動用の電気モーター(87ps)を加えた、ハイブリッドシステムを採用している。

そう、“ツインエンジン”なる、日本ではちょっと聞き慣れないサブネームは、内燃機関と電気モーターという2種類の動力源を用いることを示しているのだ。システムのトータル出力がシリーズ最高となることから、フラッグシップにふさわしいグレード名が与えられたこのモデルのJC08モード燃費は、T6の11.7km/リッターに対して、15.3km/リッターとなっている。

日本国内では、2016年1月に発売された2代目「ボルボXC90」。今回は、その最上級モデル「XC90 T8」に試乗した。
日本国内では、2016年1月に発売された2代目「ボルボXC90」。今回は、その最上級モデル「XC90 T8」に試乗した。
物理的なボタンやスイッチ類を大幅に削減した、新型「XC90」のインテリア。操作スイッチの機能は、タッチパネル式のセンターディスプレイに集約されている。
物理的なボタンやスイッチ類を大幅に削減した、新型「XC90」のインテリア。操作スイッチの機能は、タッチパネル式のセンターディスプレイに集約されている。
スーパーチャージャーとターボチャージャーを装備する2リッター直4エンジン。その傍らには、リア側のモーターとは別に、エンジンのスターターやブースターとしての機能を担うモーターが搭載されている。
スーパーチャージャーとターボチャージャーを装備する2リッター直4エンジン。その傍らには、リア側のモーターとは別に、エンジンのスターターやブースターとしての機能を担うモーターが搭載されている。
「XC90」のリアエンブレム。「TWIN ENGINE」「AWD」のロゴが並ぶ。
「XC90」のリアエンブレム。「TWIN ENGINE」「AWD」のロゴが並ぶ。
関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • ボルボXCシリーズ【試乗記】 2009.12.9 試乗記 XC60 T6 SE AWD(4WD/6AT)/XC70 T6 SE AWD(4WD/6AT)/XC90 ノルディック(4WD/6AT)
    ……638.0万円/668.0万円/624万.0円

    ボルボの2010年モデルを集めた試乗会にスーザン史子が参加。クロスオーバー「XC」シリーズを、まとめて乗り比べてみた。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
ホームへ戻る