日産、新型ティーダを北京で披露【北京ショー2016】

2016.04.25 自動車ニュース
「日産ティーダ」
「日産ティーダ」

【北京ショー2016】新型「日産ティーダ」が北京でデビュー

日産自動車は2016年4月25日、北京モーターショー2016(プレスデー:4月25日~26日、一般公開日:4月29日~5月4日)において新型「ティーダ」を初公開するとともに、新型「マキシマ」を発売した。

「ティーダ」のリアビュー。
「ティーダ」のリアビュー。
「ティーダ」のインテリア。
「ティーダ」のインテリア。
「マキシマ」
「マキシマ」

新型ティーダは、ダイナミックなVモーショングリルや流線形のボディーといった、若者向けの外観デザインが特徴。改良されたエクストロニックCVTや、アイドリングストップシステムと連動した1.6リッターHR16DEエンジンの採用により、5.3リッター/100km(約18.9km/リッター)の低燃費を実現したとアピールされる。エマージェンシーブレーキ、車両逸脱警報、後側方車両検知警報などの安全技術も見どころとされている。

同時に、2015年の広州国際モーターショーで中国初公開されて以来、「同国のヤングエリートたちを魅了し、高い関心を集めてきた」(プレスリリース)という、マキシマの新型も発売された。こちらも、エマージェンシーブレーキや後側方車両検知警報、車両逸脱警報、アラウンドビューモニターなどの先進安全技術がセリングポイントとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
ティーダ日産北京モーターショー2016イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
  • 「日産ノート」が仕様変更、先進安全装備を強化 2017.9.1 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月1日、コンパクトカー「ノート」に一部仕様変更を実施し、販売を開始した。今回の変更では、先進安全装備を強化するとともに、新グレード「ブラックアロー」を追加設定した。
ホームへ戻る