日産、新型ティーダを北京で披露【北京ショー2016】

2016.04.25 自動車ニュース
「日産ティーダ」
「日産ティーダ」

【北京ショー2016】新型「日産ティーダ」が北京でデビュー

日産自動車は2016年4月25日、北京モーターショー2016(プレスデー:4月25日~26日、一般公開日:4月29日~5月4日)において新型「ティーダ」を初公開するとともに、新型「マキシマ」を発売した。

「ティーダ」のリアビュー。
「ティーダ」のリアビュー。
「ティーダ」のインテリア。
「ティーダ」のインテリア。
「マキシマ」
「マキシマ」

新型ティーダは、ダイナミックなVモーショングリルや流線形のボディーといった、若者向けの外観デザインが特徴。改良されたエクストロニックCVTや、アイドリングストップシステムと連動した1.6リッターHR16DEエンジンの採用により、5.3リッター/100km(約18.9km/リッター)の低燃費を実現したとアピールされる。エマージェンシーブレーキ、車両逸脱警報、後側方車両検知警報などの安全技術も見どころとされている。

同時に、2015年の広州国際モーターショーで中国初公開されて以来、「同国のヤングエリートたちを魅了し、高い関心を集めてきた」(プレスリリース)という、マキシマの新型も発売された。こちらも、エマージェンシーブレーキや後側方車両検知警報、車両逸脱警報、アラウンドビューモニターなどの先進安全技術がセリングポイントとなっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 第398回:凍った路面に強いのはどんなクルマ?
    「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」に参加して
    2017.2.11 エッセイ 2017年2月、長野県北佐久郡の女神湖で、「日産オールラインナップ 氷上・雪上試乗会」が開催された。雪でも氷でも問題なし! の4WDモデルから、いま話題の“新しいかたちの電気自動車”やスーパースポーツカーまでが勢ぞろい。滑る路面に強かったのはどんなクルマ?
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
ホームへ戻る