日産、新型ティーダを北京で披露【北京ショー2016】

2016.04.25 自動車ニュース
「日産ティーダ」

【北京ショー2016】新型「日産ティーダ」が北京でデビュー

日産自動車は2016年4月25日、北京モーターショー2016(プレスデー:4月25日~26日、一般公開日:4月29日~5月4日)において新型「ティーダ」を初公開するとともに、新型「マキシマ」を発売した。

「ティーダ」のリアビュー。
「ティーダ」のインテリア。
「マキシマ」

新型ティーダは、ダイナミックなVモーショングリルや流線形のボディーといった、若者向けの外観デザインが特徴。改良されたエクストロニックCVTや、アイドリングストップシステムと連動した1.6リッターHR16DEエンジンの採用により、5.3リッター/100km(約18.9km/リッター)の低燃費を実現したとアピールされる。エマージェンシーブレーキ、車両逸脱警報、後側方車両検知警報などの安全技術も見どころとされている。

同時に、2015年の広州国際モーターショーで中国初公開されて以来、「同国のヤングエリートたちを魅了し、高い関心を集めてきた」(プレスリリース)という、マキシマの新型も発売された。こちらも、エマージェンシーブレーキや後側方車両検知警報、車両逸脱警報、アラウンドビューモニターなどの先進安全技術がセリングポイントとなっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 「日産ノート」に上質な内外装のカスタマイズモデル「モード・プレミア」登場 2016.11.2 自動車ニュース オーテックジャパンが、日産のコンパクトカー「ノート」の新しいカスタマイズモデル「モード・プレミア」を12月に発売すると発表。高級感を重視した特別な内外装が特徴で、オプションで運動性能を高める「ツーリングパッケージ」も用意されている。
  • 「日産ノート」にハイブリッド車の「e-POWER」が登場 2016.11.2 自動車ニュース 日産がコンパクトカー「ノート」をマイナーチェンジ。新たにハイブリッド車の「e-POWER」を設定した。e-POWERはエンジンが発電した電気によってモーターを駆動する、シリーズハイブリッドシステムであり、最高で37.2km/リッターの燃費を実現している。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る