スズキがイグニスの関連モデルを海外初出展【北京ショー2016】

2016.04.25 自動車ニュース
「スズキ・イグニス ウォーターアクティビティーコンセプト」
「スズキ・イグニス ウォーターアクティビティーコンセプト」

【北京ショー2016】スズキは「イグニス」ベースのコンセプトカーを出展

スズキは、北京モーターショー2016(プレスデー:4月25日~26日、一般公開日:4月29日~5月4日)に、コンパクトクロスオーバー「イグニス」をベースとした2台のコンセプトモデル「イグニス トレイルコンセプト」「イグニス ウォーターアクティビティーコンセプト」を出展した。

「イグニス トレイルコンセプト」
「イグニス トレイルコンセプト」

イグニス トレイルコンセプトは、2015年10月に開催された東京モーターショーで発表されたコンセプトモデル。「クロスオーバーの楽しさをさらに広げる」をテーマに、ラフロードで力強く走るシーンを想定して開発された。

一方のイグニス ウォーターアクティビティーコンセプトは、週末をアクティブに過ごす大人をターゲットとしたコンセプトモデルで、日本国内では2016年1月、東京オートサロンに出展されている。

ともに、海外で公開されるのは今回が初めて。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

イグニスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)/バレーノXG(FF/CVT)【試乗記】 2016.4.14 試乗記 スズキの新型Bセグメントコンパクト「バレーノ」がいよいよ日本でも発売された。インドで生産され、スズキの“お膝元”へと輸出される新しいグローバルカーの出来栄えやいかに? 運動性能と快適性を中心に、その実力を確かめた。
  • 「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車 2016.11.16 自動車ニュース 「スズキ・イグニス」に特別仕様車「Fリミテッド」が登場。「ハイブリッドMZ」をベースによりSUVテイストを強調する内外装を採用したもので、汚れを拭き取りやすいレザー調表皮のシートや、防汚タイプのラゲッジフロアなども装備している。
  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)/イグニス ハイブリッドMZ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.2.24 試乗記 ありそうでなかったAセグメントのクロスオーバーSUV「スズキ・イグニス」。“軽自動車のちょっと上”という絶妙なボディーサイズと、多彩なシートアレンジをはじめとした使い勝手のよさ、そして“メガネ顔”のファニーなデザインが織り成す、その魅力に触れた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る