マクラーレン675LTスパイダー(MR/7AT)

風を味方につけたロングテール 2016.04.29 試乗記 栄光の「LT(ロングテール)」ネームを冠するマクラーレンが、オープンボディーをまとって帰ってきた。675psを誇る「675LTスパイダー」はクーペ同様500台の限定。ただし、発売後わずか2週間で完売したそうなのでご注意を。英国スコットランドで試乗した。

F1チーム並みの速度で成長

最近、マクラーレン・オートモーティブがプレゼンテーションで好んで用いるチャートがある。それは自動車史を示した年表で、その始まりにあたる左端に記されているのはカール・ベンツが自動車を発明した1885年。そして1903年にはフォード、1910年にはアストンマーティンが設立されたが、マクラーレンの原型というべきブルース・マクラーレン・モーターレーシングの創業は1963年で、彼らが実際に「マクラーレンF1」でロードカーの発売にこぎ着けたのは1992年と、いずれもはるかに最近のこと。それから社内体制が2度ほど大きく変わり、マクラーレン・オートモーティブが現在の姿になったのは2010年で、翌2011年には第1作の「MP4/12C」が発売された。その後は「一年に最低でも1モデルを投入する」とのストラテジーに従い、12年に「MP4/12Cスパイダー」、13年にフラッグシップの「P1」、14年には現在も同社の中核モデルに位置づけられる「650S」が立て続けにデビュー。さらに15年には2200万円を切る価格からスタートするスポーツシリーズの「570S」と「540C」が誕生した。そしてその間にもさまざまな派生モデルが世に送り出されたことはご存じのとおり。つまりマクラーレンは、わずか5年ほどの間に、小規模なスーパースポーツカーメーカーとは思えないほど精力的に数多くのニューモデルを投入してきたのである。

もうひとつ印象的なのが、彼らが送り出す新型車がいつも確実に進化していることにある。おかげでデビューした当時には何の不満も抱かなかったのに、次期型が登場すると「ああ、そういえばあのモデルはこんなところが物足りなかった」と気づくことがままある。それは評価する側の不明であるといわれればそれまでだが、マクラーレンという自動車メーカーがF1チームばりのスピードで成長している証しともいえる。

「LT(ロングテール)」の名は1997年にFIA GT選手権やルマン24時間を戦った「マクラーレンF1 GTR“ロングテール”」に由来する。「675LT」シリーズはその精神を受け継ぐモデルという位置付け。
「675LT」シリーズの軽量化というテーマはインテリアにも貫かれており、カーボンファイバーやアルカンターラが幅広く採用されている。
3ピース構造のリトラクタブルハードトップを閉めたところ。車重はクーペモデルより40kg重く、この増加分はすべてルーフシステムの装備によるものという。
大型の“ロングテール”エアブレーキと、チタン製クロスオーバー・エキゾーストが後ろ姿に迫力を添える。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

675LTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マクラーレン650S スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2014.7.22 試乗記 主力のスーパースポーツ「12C」とスペシャルモデル「P1」の技術が盛り込まれた、マクラーレンの最新作「650S」。その実力や、いかに? オープンバージョン「650S スパイダー」に、一般道で試乗した。
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • マクラーレン675LT(MR/7AT)【試乗記】 2015.12.2 試乗記 サーキットでの走りを追求した世界限定500台の高性能モデル「マクラーレン675LT」。0-100km/h加速は2.9秒、最高速は330km/hという動力性能を誇るミドシップのスーパースポーツを、富士スピードウェイでフラットアウト。「650S」をも超えるという、その実力を堪能した。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
ホームへ戻る