ポルシェ718ケイマンの予約受注がスタート

2016.04.26 自動車ニュース
「ポルシェ718ケイマン」
「ポルシェ718ケイマン」

4気筒ターボの「ポルシェ718ケイマン」予約開始

ポルシェ ジャパンは2016年4月25日、MRスポーツカー「718ケイマン」「718ケイマンS」の予約受注を同年4月28日に開始すると発表した。

「718ケイマンS」
「718ケイマンS」
「718ケイマンS」のインテリア。
「718ケイマンS」のインテリア。
「718ケイマンS」
「718ケイマンS」
 
ポルシェ718ケイマンの予約受注がスタートの画像

ポルシェの718ケイマン/718ケイマンSは、水平対向4気筒ターボエンジンをミドシップする2シーターのクーペ。オープンモデルの「718ボクスター」および「718ボクスターS」から約3カ月遅れでの受注開始となる。

718ケイマンに搭載されるターボエンジンは、718ボクスターと共通のもので、ベーシックモデルの718ケイマンには最高出力300ps、最大トルク38.7kgmの2リッターユニットが、上位モデルの718ケイマンSには350psと42.8kgmを発生する2.5リッターユニットが搭載される。

0-100km/hの加速タイムは、オプションのスポーツクロノパッケージを装着したPDK仕様の718ケイマンで4.7秒。同仕様のケイマンSは4.2秒と公表される。最高速度は、前者が275km/hで、後者が285km/hだ。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・718ケイマン(6段MT):619万円
・718ケイマン(7段PDK):671万4000円
・718ケイマンS(6段MT):813万円
・718ケイマンS(7段PDK):865万4000円

従来の水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載したモデルでは、クローズドボディーのケイマンは、オープンボディーのボクスターよりも高価な価格設定だったが、718からは、両車の価格帯は逆転。ボクスターの方が、一律39万円高となっている。

718ケイマンのハンドル位置は全車で左右が選べる。ただし、2017年モデルの左ハンドル車の予約受注は、2016年6月1日から同年6月30日までの期間限定となる。

(webCG)

関連キーワード:
718ケイマンポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2016.1.22 試乗記 自然吸気の3.4リッターユニットを搭載する従来型の「ポルシェ911カレラ」に試乗。「ターボ」でも「GT3 RS」でもないごく普通のカレラの、しかもMT仕様を選ぶ意義とは? MT派の筆者はこの「素のカレラ」こそがベスト911と考えている。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
  • ポルシェ911カレラS(RR/7AT)【試乗記】 2016.4.6 試乗記 3.8リッター自然吸気から3リッターツインターボへとパワーユニットを変更した「911カレラS」に試乗。最新型はどんなクルマに仕上がったのか? さまざまなシチュエーションで感じたドライブフィールに加え、燃費性能についてもリポートする。
ホームへ戻る