ポルシェ718ケイマンの予約受注がスタート

2016.04.26 自動車ニュース
「ポルシェ718ケイマン」
「ポルシェ718ケイマン」

4気筒ターボの「ポルシェ718ケイマン」予約開始

ポルシェ ジャパンは2016年4月25日、MRスポーツカー「718ケイマン」「718ケイマンS」の予約受注を同年4月28日に開始すると発表した。

「718ケイマンS」
「718ケイマンS」
「718ケイマンS」のインテリア。
「718ケイマンS」のインテリア。
「718ケイマンS」
「718ケイマンS」
 
ポルシェ718ケイマンの予約受注がスタートの画像

ポルシェの718ケイマン/718ケイマンSは、水平対向4気筒ターボエンジンをミドシップする2シーターのクーペ。オープンモデルの「718ボクスター」および「718ボクスターS」から約3カ月遅れでの受注開始となる。

718ケイマンに搭載されるターボエンジンは、718ボクスターと共通のもので、ベーシックモデルの718ケイマンには最高出力300ps、最大トルク38.7kgmの2リッターユニットが、上位モデルの718ケイマンSには350psと42.8kgmを発生する2.5リッターユニットが搭載される。

0-100km/hの加速タイムは、オプションのスポーツクロノパッケージを装着したPDK仕様の718ケイマンで4.7秒。同仕様のケイマンSは4.2秒と公表される。最高速度は、前者が275km/hで、後者が285km/hだ。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・718ケイマン(6段MT):619万円
・718ケイマン(7段PDK):671万4000円
・718ケイマンS(6段MT):813万円
・718ケイマンS(7段PDK):865万4000円

従来の水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載したモデルでは、クローズドボディーのケイマンは、オープンボディーのボクスターよりも高価な価格設定だったが、718からは、両車の価格帯は逆転。ボクスターの方が、一律39万円高となっている。

718ケイマンのハンドル位置は全車で左右が選べる。ただし、2017年モデルの左ハンドル車の予約受注は、2016年6月1日から同年6月30日までの期間限定となる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

718ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 A Life with PORSCHE CAYMAN<PR> 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2016.5.4 試乗記 3リッターの直噴ターボエンジンや、より洗練されたシャシーなど、各所に最新の技術が取り入れられた「ポルシェ911カレラ」に試乗。余計な装備の付いていない“素”のモデルだからこそ感じることができた、最新911の本質を報告する。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る