クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=3540×1641×1478mm/ホイールベース=2420mm/車重=929kg/駆動方式=FF/1リッター直3DOHC12バルブ(60ps/5000rpm、9.7kgm/3000-4300rpm)(欧州仕様車)

フォルクスワーゲンup!(FF/5MT)【海外試乗記】

基本に忠実 2011.11.09 試乗記 フォルクスワーゲンup!(FF/5MT)

フォルクスワーゲンの新世代エントリーモデル「up!」に、ひと足先に伊ローマで試乗する機会を得た。全長3.5m強の小さな4人乗りハッチはどんな走りを見せるのか。

極めてシンプル

コンセプトカーがお披露目されたのは2007年のこと。4年の月日を経て「up!」が、ついに市販車として姿を現した。「IROC」が「SCIROCCO」になったように、結局は(前後に「L」と「o」が付いて)「Lupo」になるかと思われた名前はインパクトのあったup!のまま。しかし一方で、革新的な、そしてフォルクスワーゲンにとっては伝統的でもあるRRレイアウトはキャンセルされ、up!はオーソドックスなFFコンパクトカーとして登場した。

それでもスタイリングの印象は、4年前のコンセプトカーとほとんど変わっていない。ボディーサイズは少しだけ拡大。3540mmの全長はルポより13mm長いだけだ。それに対してホイールベースは2420mmとルポより99mm長い。このパッケージングは見事だ。

意匠は極めてシンプルに見える。正直言って最初に見た時には、ちょっと淡白に過ぎるんじゃないかと思ったが、グリルレスのフロントマスクや力強いホイールアーチ、スマートフォンに着想を得たという透過性のブラック仕上げとされたリアゲート等々、細かなところまで凝ったデザインによって、これが案外退屈なものになっていない。ローマの街中に意外なほどハマッていたのも、フォルクスワーゲンのデザインチーフはイタリア人のワルター・デ・シルヴァであるだけに、なるほど納得である。

インテリアも同様。クオリティーを追求するだけでなく、ワイド感を強調する横基調のダッシュボードにコンパクトなメーターナセル、カラーコーディネートを楽しめるトリムパネル等々が、決して高級ではないが、居心地の良い空間を演出している。

フォルクスワーゲンup!(FF/5MT)【海外試乗記】の画像 拡大
フロントシートは、スポーツカーでよく見られる、ヘッドレスト固定式タイプが採用された。助手席は背もたれの折りたたみが可能で、格納すると最長2mの長尺モノを車内に積載できる。
フロントシートは、スポーツカーでよく見られる、ヘッドレスト固定式タイプが採用された。助手席は背もたれの折りたたみが可能で、格納すると最長2mの長尺モノを車内に積載できる。
拡大
リアシートは分割可倒式。格納すると、通常251リッターの荷室容量を最大951リッターまで拡大できる。
リアシートは分割可倒式。格納すると、通常251リッターの荷室容量を最大951リッターまで拡大できる。 拡大

ふたつの選択肢

この居心地が良いのは空間に余裕があるからでもある。フロントウィンドウが前方に追いやられ、前席の着座位置はルポよりも13mm高めに。おかげで視界は良いし、ヘッドスペース拡大のおかげもあって圧迫感もない。後席はさらに一段高い位置に座るため、こちらも開放感を得られるし、足を下ろす角度が是正されたことでレッグスペースには十分な余裕が生まれている。数mmという単位まで理詰めで練られているのである。

エンジンは新開発の直列3気筒999ccで、TSIでもFSIでもないが、徹底的な低フリクション化、軽量化が施されている。最高出力は60psと75psの2種類。違いはECUのセッティングだけである。トランスミッションは5段MTが標準。遅れてこれをベースとするロボタイズド2ペダルMTも登場の予定だ。

60ps仕様でも走りは必要にして十分。9.7kgmの最大トルクを発生するのは3000〜4300rpmの間だが、2000rpmの時点でもすでにその9割がもたらされるため、即座に力感が得られる。1トン以下という車重の軽さも効いているのだろう。しかし、75ps仕様に乗ると違いは明らか。2人乗りで、1人乗りの60ps仕様を引き離せるほどの差がある。

いずれも3気筒としては振動、騒音が小さく抑えられているのもポイント。そして肝心な燃費はといえば、アイドリングストップやエネルギー回生システム、低転がり抵抗タイヤをセットにしたブルーモーションテクノロジー採用の60ps仕様で、4.2リッター/100km(23.8km/リッター)を実現している。

フォルクスワーゲンup!(FF/5MT)【海外試乗記】の画像 拡大
エアコンとオーディオ一体型デザインが採用されたセンターパネル。欧州仕様では、ポータブルナビゲーションがオプション設定される。
エアコンとオーディオ一体型デザインが採用されたセンターパネル。欧州仕様では、ポータブルナビゲーションがオプション設定される。
拡大
エンジンバリエーションは1リッター直3のみで、60ps仕様と75ps仕様の2タイプが設定される。2013年には電気自動車版が追加予定となっている。
エンジンバリエーションは1リッター直3のみで、60ps仕様と75ps仕様の2タイプが設定される。2013年には電気自動車版が追加予定となっている。 拡大

日本導入は2012年末

シャシーも期待通り、よくできている。ボディーは「ゴルフ」や「ポロ」ほどの剛性感はないものの骨格がしっかりとしている印象で、軽快かつ正確性に富んだ走りを楽しめる。乗り心地も悪くない。長いホイールベースが生きていてピッチングに悩まされることはないし、ローマの石畳の上でも、安っぽい突き上げに悩まされることもなかった。

ESPをはじめとする安全デバイスはひと通りそろうup!だが、注目は低速用衝突回避・被害軽減オートブレーキの「シティーエマージェンシーブレーキング」機能をオプションで用意したこと。これは赤外線レーザーで車両前方をスキャンして必要な時に自動でブレーキをかけ、追突を回避もしくはその被害を軽減するシステムで、このセグメントでは初の搭載となる。

デザインもパッケージングも、あるいは中身や装備にしても、貫かれているのはギミックを廃して基本を徹底的に磨き上げるという姿勢だ。革新的なRRの小型車を期待していただけに、FFになると聞いた時には何てつまらない決断なんだと残念に思ったのは事実。しかし今ここにあるup!は、そんな感情を圧倒しそうなほどの高い完成度を見せつけている。

これまで、このセグメントでは苦汁を舐(な)めてきたフォルクスワーゲンだが、飛び道具や奇抜な発想ではなく、基本を丹念に磨き上げることによって、あくまで真正面から牙城へと挑むup!は、果たしてコンパクトカーの勢力図を塗り替えられるだろうか。楽しみな日本導入は2012年末。5ドア+ロボタイズドMT仕様が有力だ。もし、これで150万円に近い価格が掲げられるなら、なかなか面白いことになるのではないだろうか。

(文=島下泰久/写真=フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン)

「up!」は、欧州では2011年12月末に販売が開始される。
「up!」は、欧州では2011年12月末に販売が開始される。 拡大
赤外線レーザーで前方の状況をモニタリングし、追突が予測される場面で自動ブレーキを作動する「シティーエマージェンシーブレーキング」機能が同クラスで初めて採用された。
赤外線レーザーで前方の状況をモニタリングし、追突が予測される場面で自動ブレーキを作動する「シティーエマージェンシーブレーキング」機能が同クラスで初めて採用された。 拡大

フォルクスワーゲンup!(FF/5MT)【海外試乗記】の画像 拡大