【スペック】全長×全幅×全高=3540×1641×1478mm/ホイールベース=2420mm/車重=929kg/駆動方式=FF/1リッター直3DOHC12バルブ(60ps/5000rpm、9.7kgm/3000-4300rpm)(欧州仕様車)

フォルクスワーゲンup!(FF/5MT)【海外試乗記】

基本に忠実 2011.11.09 試乗記 フォルクスワーゲンup!(FF/5MT)

フォルクスワーゲンの新世代エントリーモデル「up!」に、ひと足先に伊ローマで試乗する機会を得た。全長3.5m強の小さな4人乗りハッチはどんな走りを見せるのか。

極めてシンプル

コンセプトカーがお披露目されたのは2007年のこと。4年の月日を経て「up!」が、ついに市販車として姿を現した。「IROC」が「SCIROCCO」になったように、結局は(前後に「L」と「o」が付いて)「Lupo」になるかと思われた名前はインパクトのあったup!のまま。しかし一方で、革新的な、そしてフォルクスワーゲンにとっては伝統的でもあるRRレイアウトはキャンセルされ、up!はオーソドックスなFFコンパクトカーとして登場した。

それでもスタイリングの印象は、4年前のコンセプトカーとほとんど変わっていない。ボディーサイズは少しだけ拡大。3540mmの全長はルポより13mm長いだけだ。それに対してホイールベースは2420mmとルポより99mm長い。このパッケージングは見事だ。

意匠は極めてシンプルに見える。正直言って最初に見た時には、ちょっと淡白に過ぎるんじゃないかと思ったが、グリルレスのフロントマスクや力強いホイールアーチ、スマートフォンに着想を得たという透過性のブラック仕上げとされたリアゲート等々、細かなところまで凝ったデザインによって、これが案外退屈なものになっていない。ローマの街中に意外なほどハマッていたのも、フォルクスワーゲンのデザインチーフはイタリア人のワルター・デ・シルヴァであるだけに、なるほど納得である。

インテリアも同様。クオリティーを追求するだけでなく、ワイド感を強調する横基調のダッシュボードにコンパクトなメーターナセル、カラーコーディネートを楽しめるトリムパネル等々が、決して高級ではないが、居心地の良い空間を演出している。

フォルクスワーゲンup!(FF/5MT)【海外試乗記】の画像
フロントシートは、スポーツカーでよく見られる、ヘッドレスト固定式タイプが採用された。助手席は背もたれの折りたたみが可能で、格納すると最長2mの長尺モノを車内に積載できる。
フロントシートは、スポーツカーでよく見られる、ヘッドレスト固定式タイプが採用された。助手席は背もたれの折りたたみが可能で、格納すると最長2mの長尺モノを車内に積載できる。
リアシートは分割可倒式。格納すると、通常251リッターの荷室容量を最大951リッターまで拡大できる。
リアシートは分割可倒式。格納すると、通常251リッターの荷室容量を最大951リッターまで拡大できる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

up!の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る