ピレリの高性能タイヤ、ドラゴンスポーツ登場

2016.04.26 自動車ニュース

アジア向けの高性能タイヤ「ピレリ・ドラゴンスポーツ」登場

ピレリは2016年4月19日、アジアパシフィック市場向けのハイパフォーマンスタイヤ「ドラゴンスポーツ」を発表した。

ピレリ・ドラゴンスポーツは、ドライ、ウエット両路面においてスポーツ性能と安全性能を両立させるとうたわれるサマータイヤ。

ピレリ独自の新世代ポリマーを採用したコンパウンドの働きにより、転がり抵抗、スポーツドライビング、安全性のバランスを高次元で確保。特にウエット路面におけるハンドリング性能が向上しているという。

革新的な材料を使用することで、剛性感を損なうことなく軽量化も実現。装着車の低燃費に貢献するとアピールされる。

2016年4月以降、まずは215/45R17XL 91Wから275/30R20XL 97Yまでの全16種類が市場に投入され、その後、徐々に適応サイズが拡大される見込み。

日本市場にも、同年4月から順次展開するという。

(webCG)

「ピレリ・ドラゴンスポーツ」
「ピレリ・ドラゴンスポーツ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。