メルセデス・ベンツの最上級SUV、GLSがデビュー

2016.04.27 自動車ニュース
メルセデス・ベンツGLS550 4MATICスポーツ
「メルセデス・ベンツGLS550 4MATICスポーツ」

「GLクラス」改め、メルセデスの最上級SUV「GLS」発売

メルセデス・ベンツ日本は2016年4月27日、最上級SUV「GLS」の日本導入を発表し、同日、販売を開始した。

GLS550 4MATICスポーツ」のリアビュー。
「GLS550 4MATICスポーツ」のリアビュー。
メルセデスAMG GLS63 4MATIC」のインテリア。
「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」のインテリア。
乗車ポジションは、前席から順に2-3-2人の計7人乗り。写真は2人掛けの3列目。
乗車ポジションは、前席から順に2-3-2人の計7人乗り。写真は2人掛けの3列目。
ラゲッジルームの容量は、標準の状態(写真)で680リッター。シートアレンジにより、最大2300リッターにまで拡大できる。
ラゲッジルームの容量は、標準の状態(写真)で680リッター。シートアレンジにより、最大2300リッターにまで拡大できる。
メルセデスAMG GLS63 4MATIC」の5.5リッターV8ツインターボエンジン。最高出力585ps、最大トルク77.5kgmを発生する
「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」の5.5リッターV8ツインターボエンジン。最高出力585ps、最大トルク77.5kgmを発生する。
メルセデスAMG GLS63 4MATIC
「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」

■装備充実のフラッグシップSUV

2015年11月に開催されたロサンゼルスオートショーでデビューしたメルセデス・ベンツGLSは、従来の「GLクラス」のマイナーチェンジ版。メルセデスのSUVを意味するGLと、メルセデスの最上級クラスを表すSを組み合わせた新たな名を冠した、メルセデスSUVのフラッグシップとなるモデルである。

顔つきを最新のGLライン各車と共通する印象に改めたボディーは、欧州製SUVとしては最大級の、全長5130×全幅1934×全高1850mmというサイズ(数値は欧州仕様車)。3列シートに大人7人がゆったりとくつろげる居住空間を持ち、ラゲッジルームは680リッターから最大2300リッターまでアレンジ可能である。

エンジンは3種類。「GLS350d 4MATIC」と「GLS350d 4MATICスポーツ」には最高出力258ps、最大トルク63.2kgmを発生する3リッターV6直噴ディーゼルターボ、「GLS550 4MATICスポーツ」には455ps、71.3kgmを発生する4.7リッターV8直噴ツインターボ、そして「メルセデスAMG GLS63 4MATIC」には585ps、77.5kgmを発生する5.5リッターV8直噴ツインターボが搭載される。
トランスミッションは、GLS350d 4MATICとGLS350d 4MATICスポーツ、GLS550 4MATICスポーツが9段AT、メルセデスAMG GLS63 4MATICは7段ATで、駆動方式はいずれも4WD。シャシーには、路面状況や走行状況に応じてばね定数、減衰力、車高を自動的に調整するADS PLUS(アダプティブ・ダンピング・システム・プラス)付き電子制御式エアサスペンションである「AIRマティックサスペンション」が備わる。

また、オフロードにおけるパフォーマンスを支える機能として、急勾配の下り走行時にスイッチ操作でエンジン回転数とブレーキを自動制御して速度を一定に保ち安定した走行を可能とするDSR(ダウンヒル・スピード・レギュレーション)や、スイッチ切り替えによりアクセルやブレーキ、トランスミッションの制御をオフロード向けに最適化するオフロードモードも標準で備わっている。

センターコンソールの専用コントローラーを操作するだけで、5つのモードからドライバーが望むキャラクターに瞬時にセッティング可能なダイナミックセレクトも標準装備。選択したモードに応じて、スロットルレスポンスとシフトスケジュールが変化し、快適性や燃費を優先する走りからスポーティーなドライビングまで、自在に楽しむことができるとアピールされる。

定評ある安全運転支援システムは、全車種に「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備。さらに、車両周囲の状況をモニターし安全性と利便性を向上させる「360度カメラシステム」や、縦列駐車と車庫入れをアシストする「アクティブパーキングアシスト」なども全車に備わる。

GLSのラインナップと価格は、以下の通り。

・メルセデス・ベンツGLS350d 4MATIC:1070万円
・メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ:1190万円
・メルセデス・ベンツGLS550 4MATICスポーツ:1500万円
・メルセデスAMG GLS63 4MATIC:1900万円

(文=沼田 亨)

関連記事
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • メルセデスAMG GLE43 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2016.7.18 試乗記 AMGの名から想像するよりずっと静かなエンジンと、それに不似合いな硬さの足まわり。「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」の本性を、街中だけで見抜くのは簡単ではない。いざ、高速道路に乗って、このツンデレなSUVのアクセルを踏み込むと……。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
ホームへ戻る