550psの「日産GT-R」2012年モデル発売

2011.11.09 自動車ニュース

550psの「日産GT-R」2012年モデル発売

日産自動車は2011年11月7日、ハイパフォーマンスモデル「GT-R」の2012モデルを11月24日に発売すると発表した。

2012年モデルの「日産GT-R」は、最高出力が530psから550psにアップするなど、技術的なリファインが施される。また、ハードコアモデル「スペックV」がカタログ落ちしたのを受けて、そのキャラクターを具現できるカスタマイズオプションとして、セットオプション「For TRACK PACK」が新たに設定された。

2011年モデルから2012年モデルへの代表的な変更は、以下のとおり。

■エンジン
・吸気および排気効率の向上(キャタライザーの抵抗低減、冷却効率に優れる排気バルブの採用、エンジンマネージメント変更)などにより、最高出力が530ps/6400rpmから550ps/6400rpmに、最大トルクが62.5kgm/3200-6000rpmから64.5kgm/3200-5800rpmにアップ。
・JC08モード燃費が8.6km/リッターから8.7km/リッターに向上。

■トランスミッション
・シフトフィールと静粛性の向上。
・モータースポーツ用のデファレンシャルオイル「NISMO COMPETITION OIL type2189E(75W140)」(MOTUL製)の採用。

■ボディー
・エンジンの出力向上に伴い、エンジンルーム後部、ダッシュボードパネル周辺を中心に強化。

■サスペンションおよびブレーキ
・ドライバーの体重や車体中心より右側に位置する前輪用プロペラシャフトなどに配慮した、「サスペンションの左右非対称セッティング」の導入。
・NCCB(Nissan Carbon Ceramic Brake)を「プレミアムエディション」と「エゴイスト」にメーカーオプションで設定。

■インテリア
・タコメーターのリング内側にブルーのイルミネーションを追加。
・BOSEサウンドシステムのウーファーを、「エゴイスト」用に開発したBOSEプレシジョンサウンドシステムのウーファーに変更。

■For TRACK PACK
・よりスパルタンな走りを楽しみたいユーザー向けに、「ピュアエディション」用のセットオプション「For TRACK PACK」(2シーター化、専用サスペンション、前後ブレーキ冷却用のエアガイド、レイズ製の鍛造アルミホイール、カーボン製エアダクト付きフロントスポイラー)を設定。

価格は、以下のとおり。

・ピュアエディション:869万4000円
(オプション「For TRACK PACK」:147万円)
・ブラックエディション:947万1000円
・プレミアムエディション:961万8000円
・エゴイスト:1500万300円

(webCG 関)

「日産GT-R ピュアエディション(For TRACK PACK装着車)」
「日産GT-R ピュアエディション(For TRACK PACK装着車)」
オプション「For TRACK PACK」の「カーボン製エアダクト付きフロントスポイラー」。
オプション「For TRACK PACK」の「カーボン製エアダクト付きフロントスポイラー」。
同じく、オプション「For TRACK PACK」の「レイズ製鍛造アルミホイール」。「スペックV」用と同じもの。
同じく、オプション「For TRACK PACK」の「レイズ製鍛造アルミホイール」。「スペックV」用と同じもの。

関連キーワード:
GT-R日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.2.13 試乗記 フルモデルチェンジで4代目となった、新型「アウディRS 4」に試乗。最高出力450psのV6ターボエンジンを得て、ハイパフォーマンスワゴンの走りはどう変わったのか。スペインはマラガから報告する。
ホームへ戻る