ポルシェ718ボクスター(6MT/MR)/718ボクスターS(7AT/MR)

抜群の完成度 2016.04.30 試乗記 従来の6気筒自然吸気エンジンに代えて、新たに4気筒ターボエンジンを搭載した「ポルシェ718ボクスター」シリーズ。ダウンサイジングターボ化による恩恵はどれほどのものか、そして失ったものは? ポルトガルの公道で確かめた。

車名に見るポルシェとミドシップの歴史

一般論として、リアミドシップが運動性能的に最善のパッケージとして広まり始めたのは、F1で1950年代後半から、スポーツカーで1960年代後半からという流れになる。前者はクーパーが、後者はさまざまな意見があるだろうが、マトラやデ・トマゾ、ロータスやランボルギーニなどがゲームチェンジャーとして名を連ねるに値するだろう。

そのミドシップレイアウトをポルシェが最初に採ったのが、「550」シリーズとその派生モデルである「718」シリーズだ。出自的には“レーシングモデル”であるこれらは、当時盛んだった公道レースや耐久レースで活躍し、ポルシェによれば大小含め実に1000もの勝利をもたらしたという。

さらに、戦前にさかのぼればフェルディナント・ポルシェ博士がアウトウニオンの依頼で作り上げたレーシングカー「Pヴァーゲン」があり、身近なところではご存じ「914」があり、あるいはリミテッドモデルの「カレラGT」や「918スパイダー」があり……と、実はポルシェとミドシップをひも付けるキーワードは数多い。

もちろん、世代によっては「904」や「917」、「956」や「962」をその代表として挙げることもあるだろう。今回“718”がポルシェの市販ミドシップを代表するコードとしてピックアップされたのは、ストリートに軸足を残しつつ数々の栄光を得ていること、そして社内で最後まで採用検討された550に対しては、戦績の豊かさや言葉の響きの非凡さなどで優位にあるという理由から、それが選ばれたという。つい先日、北京モーターショーでは新型「718ケイマン」が発表されたが、今後は「ポルシェ911」と同様、ポルシェ718という看板の下にボクスターとケイマンがぶら下がることになるわけだ。他に何かが加わる可能性があるかはまったく定かではないが。

試乗会の会場に用意された「ポルシェ718ボクスター」(手前)と「718ボクスターS」(奥)。
試乗会の会場に用意された「ポルシェ718ボクスター」(手前)と「718ボクスターS」(奥)。
試乗会で実施されたプレゼンテーションの様子。会場には“元祖”「ポルシェ718」も展示されていた。
試乗会で実施されたプレゼンテーションの様子。会場には“元祖”「ポルシェ718」も展示されていた。
1950年代から1960年代に活躍したレーシングカー「ポルシェ718」。
1950年代から1960年代に活躍したレーシングカー「ポルシェ718」。
「718ボクスター」のリアビュー。新しい意匠のテールランプや、左右のそれをつなぐ黒いアクセントストリップなど、従来モデルから大きくデザインが変わっている。
「718ボクスター」のリアビュー。新しい意匠のテールランプや、左右のそれをつなぐ黒いアクセントストリップなど、従来モデルから大きくデザインが変わっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

718ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ポルシェ・ボクスター スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.12 試乗記 ポルシェのミドシップオープンモデル「ボクスター」に、高出力エンジンの採用と軽量化によってパフォーマンスを向上させた「ボクスター スパイダー」が登場。“自然吸気ボクスター”のフィナーレを飾る高性能モデルの実力に触れた。
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
ホームへ戻る