ポルシェ718ボクスター(6MT/MR)/718ボクスターS(7AT/MR)

抜群の完成度 2016.04.30 試乗記 従来の6気筒自然吸気エンジンに代えて、新たに4気筒ターボエンジンを搭載した「ポルシェ718ボクスター」シリーズ。ダウンサイジングターボ化による恩恵はどれほどのものか、そして失ったものは? ポルトガルの公道で確かめた。

車名に見るポルシェとミドシップの歴史

一般論として、リアミドシップが運動性能的に最善のパッケージとして広まり始めたのは、F1で1950年代後半から、スポーツカーで1960年代後半からという流れになる。前者はクーパーが、後者はさまざまな意見があるだろうが、マトラやデ・トマゾ、ロータスやランボルギーニなどがゲームチェンジャーとして名を連ねるに値するだろう。

そのミドシップレイアウトをポルシェが最初に採ったのが、「550」シリーズとその派生モデルである「718」シリーズだ。出自的には“レーシングモデル”であるこれらは、当時盛んだった公道レースや耐久レースで活躍し、ポルシェによれば大小含め実に1000もの勝利をもたらしたという。

さらに、戦前にさかのぼればフェルディナント・ポルシェ博士がアウトウニオンの依頼で作り上げたレーシングカー「Pヴァーゲン」があり、身近なところではご存じ「914」があり、あるいはリミテッドモデルの「カレラGT」や「918スパイダー」があり……と、実はポルシェとミドシップをひも付けるキーワードは数多い。

もちろん、世代によっては「904」や「917」、「956」や「962」をその代表として挙げることもあるだろう。今回“718”がポルシェの市販ミドシップを代表するコードとしてピックアップされたのは、ストリートに軸足を残しつつ数々の栄光を得ていること、そして社内で最後まで採用検討された550に対しては、戦績の豊かさや言葉の響きの非凡さなどで優位にあるという理由から、それが選ばれたという。つい先日、北京モーターショーでは新型「718ケイマン」が発表されたが、今後は「ポルシェ911」と同様、ポルシェ718という看板の下にボクスターとケイマンがぶら下がることになるわけだ。他に何かが加わる可能性があるかはまったく定かではないが。

試乗会の会場に用意された「ポルシェ718ボクスター」(手前)と「718ボクスターS」(奥)。
試乗会の会場に用意された「ポルシェ718ボクスター」(手前)と「718ボクスターS」(奥)。
試乗会で実施されたプレゼンテーションの様子。会場には“元祖”「ポルシェ718」も展示されていた。
試乗会で実施されたプレゼンテーションの様子。会場には“元祖”「ポルシェ718」も展示されていた。
1950年代から1960年代に活躍したレーシングカー「ポルシェ718」。
1950年代から1960年代に活躍したレーシングカー「ポルシェ718」。
「718ボクスター」のリアビュー。新しい意匠のテールランプや、左右のそれをつなぐ黒いアクセントストリップなど、従来モデルから大きくデザインが変わっている。
「718ボクスター」のリアビュー。新しい意匠のテールランプや、左右のそれをつなぐ黒いアクセントストリップなど、従来モデルから大きくデザインが変わっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

718ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • アウディが「Q2」や新型「Q5」「A5」の年内導入を発表 2017.1.26 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年1月26日、東京都内で記者発表会を開催し、2016年の販売実績を報告。「Q2」「Q5」「A5」といった、2017年の新型車導入計画も発表した。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る