ポルシェ911カレラ(RR/7MT)

新しいのに懐かしい 2016.05.04 試乗記 3リッターの直噴ターボエンジンや、より洗練されたシャシーなど、各所に最新の技術が取り入れられた「ポルシェ911カレラ」に試乗。余計な装備の付いていない“素”のモデルだからこそ感じることができた、最新911の本質を報告する。

動力性能よりも重要なもの

911としては7世代目に当たる「タイプ991」。そのビッグマイナーチェンジモデルである通称「991 II」は、“今を生きる911”だ。
この991が“II”と呼ばれる理由は、ご存じの通りそのエンジンにある。カレラでは3.4リッター、「カレラS」では3.8リッターだった自然吸気(NA)の水平対向6気筒エンジンは、共に3リッター直噴ツインターボとなった。ちなみにその最高出力/最大トルクは、カレラが350ps/39.8kgmから370ps/45.9kgm、カレラSが400ps/44.9kgmから420ps/51.0kgmへと強化された。カレラとカレラSは共通の直噴エンジンを採用しており、出力差はタービン径や排気システム、そしてECUセッティングの違いによって導き出されている。

しかし、読者の皆さんが最も気になるのは、こうした出力の向上幅ではないはずだ。伝統の水平対向6気筒が生み出したレスポンスやサウンドが、ターボ化によって失われてしまったのではないか? ということだろう。

だが結論から言わせてもらえば、それは大した問題じゃない。むしろターボ化は911に、さまざまなメリットをもたらしたと皆さんには伝えたい。

そもそも空冷エンジンと決別したとき、911史における一番大きな転機は訪れた。決して高回転まで回らないけれど、思わずうなってしまうほどに切れ味鋭いエンジン(バリオラム搭載以前のモデル)。そしてあの乾いた鼓動とボクサーサウンドは、環境性能が高められ、より高回転化され、振動が少なくなった水冷エンジンで失われた。
だからか、その野性味を補うかのようにポルシェは水冷エンジンの出力特性を研ぎ澄ませ続け、サウンドを過剰に演出した。カレラSの上に「GTS」をラインナップし、「GT3」や「GT3 RS」といった高出力モデルを輩出し続けた。それはもはや洗練された狂気で、筆者の目には“やり過ぎ”に映っていた。「911よ、アンタはどこへ行きたいんだ?」と。

大幅改良によって、新たにダウンサイジングターボエンジンが搭載された「ポルシェ911カレラ」。4WD車の「カレラ4」やオープンモデルの「タルガ」「カブリオレ」にも、すでに同じエンジンが採用されている。
大幅改良によって、新たにダウンサイジングターボエンジンが搭載された「ポルシェ911カレラ」。4WD車の「カレラ4」やオープンモデルの「タルガ」「カブリオレ」にも、すでに同じエンジンが採用されている。
メンテナンス用ハッチの下に貼られた、「Carrera」「3.0」と書かれた2枚のプレート。新しい「911カレラ」には、3リッター水平対向6気筒ターボエンジンが搭載される。
メンテナンス用ハッチの下に貼られた、「Carrera」「3.0」と書かれた2枚のプレート。新しい「911カレラ」には、3リッター水平対向6気筒ターボエンジンが搭載される。
リアに装備される可変スポイラー。新型「911カレラ」では空力的な役割に加え、高速走行時にインタークーラーへの空気の流量を増加させる役割も担っている。
リアに装備される可変スポイラー。新型「911カレラ」では空力的な役割に加え、高速走行時にインタークーラーへの空気の流量を増加させる役割も担っている。
リアまわりでは新しい意匠のリアコンビランプやエアインテークスクリーン、バンパーの両端に設けられたインタークーラー用の排気ベントなども、新型「911カレラ」の特徴となっている。
リアまわりでは新しい意匠のリアコンビランプやエアインテークスクリーン、バンパーの両端に設けられたインタークーラー用の排気ベントなども、新型「911カレラ」の特徴となっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る