アウディQ7 2.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)

見た目も走りも軽やかに 2016.05.05 試乗記 アウディの最上級SUV「Q7」が、10年ぶりにフルモデルチェンジ。新開発のボディーや高効率エンジンが自慢の新型は、どんなクルマに仕上がったのか? ベーシックな2リッター直4モデルで確かめた。

デカけりゃいいってもんじゃない

今から10年前に、初代Q7を初めて目の当たりにした時の、第一印象……というよりも、まず驚かされたのは、とにかくそれが「巨大」なことだった。

デザインのテクニックで大きく見せるとか、全高が高いのでボリュームが増して見えるとか、そういった問題ではなく、とにかく実際の寸法が大きかったのだ。
全長は5mを大きく超え、全幅もあとわずかで2m。そもそもホイールベースが3mもあるというのだから。ショーファードリブンのストレッチリムジンでもないのに、なんぼなんでもこれはちょっとやり過ぎでしょ!? というのが、個人的な印象でもあった。

もっとも、このクルマが主戦場としていたのは、北米のマーケットだ。単なる旅行者とはいえ、かの地でいくつかの街を何度か訪れた経験からすれば、このボディーサイズが現地では問題にならないことは、想像できた。

その一方で、そんなアメリカという“巨大ガラパゴス市場”を念頭に開発されたモデルを狭い日本で安易に売るのは、迷惑だからやめてほしい! などと本気で思ったものだった。
当時、そうした気持ちを素直に原稿にしたためたら、反論の声がちらほら聞こえてきた。インターネットが発達して、誰もかれもが気軽に意見を発せられる今の時代だったら、ちょっとした“炎上事件”になったかもしれない……などと、初代登場のころを、懐かしく思ってしまう。

初代「アウディQ7」が日本に導入されたのは2006年のこと。2代目にあたる新型は、2013年の販売終了以来、3年のブランクを経て2016年3月に発売された。
初代「アウディQ7」が日本に導入されたのは2006年のこと。2代目にあたる新型は、2013年の販売終了以来、3年のブランクを経て2016年3月に発売された。
表皮に「パーシャルレザー」が採用されたシート。ブラック(写真)のほか、グレー、ブラウン、ベージュの3色が選べる。
表皮に「パーシャルレザー」が採用されたシート。ブラック(写真)のほか、グレー、ブラウン、ベージュの3色が選べる。
「至高の快さを目指した」とうたわれる、新型「Q7」のコックピット。ダッシュボード上には、カーナビおよびインフォテインメント用の8.3インチモニターが設置される。
「至高の快さを目指した」とうたわれる、新型「Q7」のコックピット。ダッシュボード上には、カーナビおよびインフォテインメント用の8.3インチモニターが設置される。
エアコンの操作パネルのそばには、走行モードの選択スイッチや、「パークアシスト」ほか運転支援システムのスイッチが並ぶ。
エアコンの操作パネルのそばには、走行モードの選択スイッチや、「パークアシスト」ほか運転支援システムのスイッチが並ぶ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q7の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る