クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディQ7 2.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)

見た目も走りも軽やかに 2016.05.05 試乗記 アウディの最上級SUV「Q7」が、10年ぶりにフルモデルチェンジ。新開発のボディーや高効率エンジンが自慢の新型は、どんなクルマに仕上がったのか? ベーシックな2リッター直4モデルで確かめた。

デカけりゃいいってもんじゃない

今から10年前に、初代Q7を初めて目の当たりにした時の、第一印象……というよりも、まず驚かされたのは、とにかくそれが「巨大」なことだった。

デザインのテクニックで大きく見せるとか、全高が高いのでボリュームが増して見えるとか、そういった問題ではなく、とにかく実際の寸法が大きかったのだ。
全長は5mを大きく超え、全幅もあとわずかで2m。そもそもホイールベースが3mもあるというのだから。ショーファードリブンのストレッチリムジンでもないのに、なんぼなんでもこれはちょっとやり過ぎでしょ!? というのが、個人的な印象でもあった。

もっとも、このクルマが主戦場としていたのは、北米のマーケットだ。単なる旅行者とはいえ、かの地でいくつかの街を何度か訪れた経験からすれば、このボディーサイズが現地では問題にならないことは、想像できた。

その一方で、そんなアメリカという“巨大ガラパゴス市場”を念頭に開発されたモデルを狭い日本で安易に売るのは、迷惑だからやめてほしい! などと本気で思ったものだった。
当時、そうした気持ちを素直に原稿にしたためたら、反論の声がちらほら聞こえてきた。インターネットが発達して、誰もかれもが気軽に意見を発せられる今の時代だったら、ちょっとした“炎上事件”になったかもしれない……などと、初代登場のころを、懐かしく思ってしまう。

初代「アウディQ7」が日本に導入されたのは2006年のこと。2代目にあたる新型は、2013年の販売終了以来、3年のブランクを経て2016年3月に発売された。
初代「アウディQ7」が日本に導入されたのは2006年のこと。2代目にあたる新型は、2013年の販売終了以来、3年のブランクを経て2016年3月に発売された。 拡大
表皮に「パーシャルレザー」が採用されたシート。ブラック(写真)のほか、グレー、ブラウン、ベージュの3色が選べる。
表皮に「パーシャルレザー」が採用されたシート。ブラック(写真)のほか、グレー、ブラウン、ベージュの3色が選べる。 拡大
「至高の快さを目指した」とうたわれる、新型「Q7」のコックピット。ダッシュボード上には、カーナビおよびインフォテインメント用の8.3インチモニターが設置される。
「至高の快さを目指した」とうたわれる、新型「Q7」のコックピット。ダッシュボード上には、カーナビおよびインフォテインメント用の8.3インチモニターが設置される。 拡大
エアコンの操作パネルのそばには、走行モードの選択スイッチや、「パークアシスト」ほか運転支援システムのスイッチが並ぶ。
エアコンの操作パネルのそばには、走行モードの選択スイッチや、「パークアシスト」ほか運転支援システムのスイッチが並ぶ。 拡大
注目の記事PR
  • これが新しい基準になる。ロボットデザインの第一人者が「レンジローバー ヴェラール」を語った。
    これが新しい基準になる。ロボットデザインの第一人者が「レンジローバー ヴェラール」を語った。 レンジローバー特集
注目の記事一覧へ

おどろきのシェイプアップ

10年ぶりにフルモデルチェンジが実施されて、新型のボディーサイズは、わずかながら小さくなった。だから、開発陣の中にも「初代モデルは、なんぼなんでも大き過ぎた」と考える人は、少なからず存在したのではないかと思う。

もっとも、実際のスペックでサイズ以上に注目したいのは、その車両重量の方だ。昨今、「従来型比で〇〇〇kgの軽量化」などとうたうモデルは少なくないが、その多くは、出力を同等とした上でエンジンの気筒数を削減した分が、数値に含まれている。

けれどもQ7の場合は、「ボディー単体で71kg軽量化した」とされており、車重は2リッターモデルが2000~2060kg、3リッターモデルが2080~2140kgと、先代モデルに比べて最大300kg以上身軽になっている。これは正真正銘、リバウンドなし(?)のシェイプアップ成功例と言っていいはずだ。

とはいうものの、重量が2トンを大きく超え、全長も5mを超えるクルマを、不特定多数の人にパーソナルカーとして薦めることには、まだ個人的に抵抗がある。それでも、直線基調を強めたエクステリアデザインのおかげで、従来型よりも見た目の軽快感は増しており、Q7というモデル自体が放つ現実的なムードもこれまで以上に強くなって、全般的に、より親近感が持てるクルマに仕上がった。

先代に比べて、全長は35mm、全幅は15mm短くなった新型「アウディQ7」。ホイールベースも5mm短縮されている。
先代に比べて、全長は35mm、全幅は15mm短くなった新型「アウディQ7」。ホイールベースも5mm短縮されている。 拡大
2列目シートの様子。オプション「7シーターパッケージ」を選択したテスト車には、シートヒーターが備わる。
2列目シートの様子。オプション「7シーターパッケージ」を選択したテスト車には、シートヒーターが備わる。 拡大
3列目シートは、オプションとして用意される。2人掛けで、50:50の分割可倒式。
3列目シートは、オプションとして用意される。2人掛けで、50:50の分割可倒式。 拡大
太く角張ったシングルフレームグリルが目を引く、新型「アウディQ7」のフロントまわり。
太く角張ったシングルフレームグリルが目を引く、新型「アウディQ7」のフロントまわり。 拡大

ATの出来や静粛性にも感心

日本に導入される新型Q7は、今のところ、2タイプのガソリンエンジンを搭載する。今回テストした「2.0 TFSIクワトロ」には、ターボ付きの2リッター直列4気筒ユニットが積まれるが、思い起こせば、初代モデルには4.2リッターのV8ユニットも設定されていた。エンジンの排気量が10年で半分以下になったと考えると、ちょっと感慨深いものがある。

そうなると気になるのが、「そんな小さな心臓で、十分満足に走れるのか?」ということ。軽くなったとはいえ、それでも2トン超という重量級ボディーの持ち主ゆえ、そんな心配が生まれるのも当然というものだ。

結論から言えば、さすがに“軽々”とはいかないものの、日常のシーンで不足なく走らせるだけの力量はある。ただし、より正確に表現するなら、そうした印象が得られるのは、エンジンだけでなく、8段トランスミッションの優れた仕上がりや静粛性の高さも手伝ってのことである。

頻繁に変速が繰り返されても気になるショックも伴わず、エンジン回転数と車速の伸びが気分よくリンクする、出来のいいAT。エンジン回転数がそれなりに高くなっても、その音が気にならない室内。それらの要素が合わさっての好印象といえる。
実際、さほど強い加速力を必要としない街乗りのシーンでも、エンジン回転数が3000rpmを超える場面は多く、やや素早い加速が必要となると、5000rpm付近まで回るシーンも珍しくない。そうした場合でも、エンジンノイズは厚いオブラートに包まれているかのようで、室内は高い静粛性が保たれる。

エンジン単体の実力のみならず、組み合わされるトランスミッションの出来栄えや防音・遮音性の高さもあって初めて、2リッターのQ7は、製品として成立しているという印象なのだ。

エンジンルーム。2リッター直4ユニットが搭載されるのは、「アウディQ7」としては初めてのこと。
エンジンルーム。2リッター直4ユニットが搭載されるのは、「アウディQ7」としては初めてのこと。 拡大
2リッターエンジンを搭載する「Q7」のJC08モード燃費は、最高12.6km/リッター。3リッターの上級モデルは、同11.7km/リッターと公表される。
2リッターエンジンを搭載する「Q7」のJC08モード燃費は、最高12.6km/リッター。3リッターの上級モデルは、同11.7km/リッターと公表される。 拡大
8段ATのシフトノブ。平らな上面に手をのせたまま、前方にあるインフォテインメントのスイッチが操作できる。
8段ATのシフトノブ。平らな上面に手をのせたまま、前方にあるインフォテインメントのスイッチが操作できる。 拡大
メーターは2眼式のアナログタイプ。パネル全体が12.3インチの液晶表示となる「アウディ バーチャルコックピット」もオプション設定される。
メーターは2眼式のアナログタイプ。パネル全体が12.3インチの液晶表示となる「アウディ バーチャルコックピット」もオプション設定される。 拡大

高級セダンの乗り心地

新型Q7では、この2リッターモデルにも、リアのアクティブステアリングシステムを同時に採用するエアサスペンションがオプション設定される。ただ、今回のテスト車には搭載されていない。一方で、標準サイズに比べて2インチアップとなる20インチのシューズが装着されていた。

同じくオプション扱いとなる「7シーターパッケージ」は選択されていたものの、今回のテストドライブは、1人もしくは2人乗り。こうした状況では、そのフラット感や乗り味は、同時に乗った3リッターモデルのエアサスペンション付きと比べても遜色ない。高級セダン「A8」に匹敵すると言っても過言ではない、上質な乗り心地を堪能することができた。

前述の20インチシューズも、特に快適性に悪影響を及ぼしているという印象はなかった。Q7はボディーの側面積があるので、大径シューズがもたらすルックス面のメリットは小さくない。しかし、いざタイヤ交換となれば標準の18インチよりもはるかに大きな出費を伴うのは確実。このあたり、てんびんに掛ける必要はありそうだ。
そんな大きなシューズも功を奏してか、コーナリング時の回頭性については、気のせいではなく、V6モデルよりも軽やかに感じられた。

一方、瞬間燃費計の表示において、走行シーンによっては3リッターのV6モデルを下回る場面も少なくなかったのは、やや気になった。スイートスポットにはまれば優れた燃費が得られる2リッターという排気量も、高負荷領域を多用すれば、余力の小ささがマイナス要因に働いてしまう可能性はあるだろう。

2リッターを下回る排気量を設定した背景には、ここを境目として税制が大きく変わるマーケットを強く意識したという事情も多分にありそうだ。1リッターもの排気量差があるとはいえ、実燃費は、3リッターモデルとさほど変わらないかもしれない。

(文=河村康彦/写真=荒川正幸)

「Q7」の駆動方式は4WDのみ。全車、スタートストップシステムとブレーキエネルギー回生システムが備わる。
「Q7」の駆動方式は4WDのみ。全車、スタートストップシステムとブレーキエネルギー回生システムが備わる。 拡大
ホイールのサイズは、標準で18インチ。テスト車は、オプションの20インチホイール(写真)を装着していた。
ホイールのサイズは、標準で18インチ。テスト車は、オプションの20インチホイール(写真)を装着していた。 拡大
荷室の容量は、3列目シート使用時で295リッター。3列目と2列目を折りたたむことで、最大1955リッターにまで拡大できる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)
荷室の容量は、3列目シート使用時で295リッター。3列目と2列目を折りたたむことで、最大1955リッターにまで拡大できる。(写真をクリックするとシートアレンジが見られます) 拡大
ボディーカラーは全9色。特別な色を注文できるサービス「アウディ エクスクルーシブ」も用意されている。
ボディーカラーは全9色。特別な色を注文できるサービス「アウディ エクスクルーシブ」も用意されている。 拡大

テスト車のデータ

アウディQ7 2.0 TFSIクワトロ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5070×1970×1735mm
ホイールベース:2995mm
車重:2040kg
駆動方式:フルタイム4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:252ps(185kW)/5000-6000rpm
最大トルク:37.7kgm(370Nm)/1600-4500rpm
タイヤ:(前)285/45R20 112Y/(後)285/45R20 112Y(ピレリ・スコーピオン ヴェルデ)
燃費:12.6km/リッター(JC08モード)
価格:804万円/テスト車=899万円
オプション装備:7シーターパッケージ<3列目シート+サンブラインド+4ゾーンデラックスオートマチックエアコンディショナー>(35万円)/アルミホイール10Yスポークデザイン 9J×20+20インチタイヤ(29万円)/マトリクスLEDヘッドライト(31万円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:2392km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(7)/山岳路(0)
テスト距離:212.9km
使用燃料:26.6リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:8.0km/リッター(満タン法)/7.3km/リッター(車載燃費計計測値)

アウディQ7 2.0 TFSIクワトロ
アウディQ7 2.0 TFSIクワトロ 拡大
オプションの「マトリクスLEDヘッドライト」。先行車両や対向車、車速を元に、自動的に照射範囲を変える機能が備わる。
オプションの「マトリクスLEDヘッドライト」。先行車両や対向車、車速を元に、自動的に照射範囲を変える機能が備わる。 拡大
3列目シートは、荷室側面にある電動スイッチで、折りたたみと復帰が可能。
3列目シートは、荷室側面にある電動スイッチで、折りたたみと復帰が可能。 拡大
 
アウディQ7 2.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
Q7アウディ試乗記

あなたにおすすめの記事