「レンジローバー」シリーズの2012年モデル発表

2011.11.09 自動車ニュース
「レンジローバーヴォーグ」
「レンジローバー」シリーズの2012年モデル発表

「レンジローバー」シリーズの2012年モデル発表

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2011年11月8日、「レンジローバーヴォーグ」「レンジローバースポーツ」の2012年モデルを発表した。12月3日に販売を開始する。

「レンジローバースポーツ」
「レンジローバー」シリーズの2012年モデル発表

2012年モデルの「レンジローバーヴォーグ」「レンジローバースポーツ」は、エクステリアと快適装備に若干の変更が施される。

両モデルともに、フロントグリルの意匠が改められ、ヘッドランプ内のバックプレートはグロスブラックのものに。これまでマットグレーで統一されていたドアハンドルはボディー同色とされ、ホイールのセンターキャップには「RANGE ROVER」のロゴが入れられる。

快適装備については、上級のharman/kardon製オーディオシステムが標準で与えられる。さらに「レンジローバースポーツ」についてのみ、タッチスクリーンのグラフィックが新しくなった「インフォテイメントシステム」が採用される。

価格は以下のとおり。(カッコ内は2011年モデルとの価格差)

・レンジローバーヴォーグ 5.0 V8 :1220万円(+40万円)
・レンジローバーヴォーグ 5.0 V8 Supercharged:1420万円(+20万円)
・レンジローバーヴォーグ Autobiography:1520万円(+20万円)

・レンジローバースポーツ 5.0 V8 :760万円(+6万円)
・レンジローバースポーツ 5.0 V8 Supercharged:1110万円(+6万円)
・レンジローバースポーツ Autobiography Sport:1168万円(+14万円)

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー スポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る