【F1 2016 速報】第4戦ロシアGP、ロズベルグ4連勝、マクラーレンはダブル入賞

2016.05.01 自動車ニュース

F1世界選手権第4戦ロシアGPの決勝が、2016年5月1日、ロシアのソチ・オートドローム(5.848km)を53周して行われた。

メルセデスのニコ・ロズベルグが、ポール・トゥ・ウィンで開幕から4連勝。昨シーズンから数えて7連勝を達成した。

2位はロズベルグのチームメイト、ルイス・ハミルトン。予選でまたもやパワーユニットにトラブルが発生したものの、10番グリッドというハンディをはね返し2位表彰台を得た。

3位に入ったのはフェラーリのキミ・ライコネンで、第2戦バーレーンGPに次ぐ今季2度目のポディウム。フェラーリのもう1台、セバスチャン・ベッテルはギアボックス交換で7番グリッドからスタートし、オープニングラップで他車に追突されリタイアに終わった。

ウィリアムズ・メルセデスは予選での好調を決勝レースで維持できず、2番グリッドからスタートしたバルテリ・ボッタスは4位、フェリッペ・マッサは4番グリッドから5位でレースを終えた。
マクラーレン・ホンダはフェルナンド・アロンソ6位、ジェンソン・バトン10位と2人そろって今季初得点。ルノーのケビン・マグヌッセンが7位でゴールし、今年復活したワークスチームに初ポイントを献上した。ハース・フェラーリのロメ・グロジャンは8位で、今年3回目のポイントフィニッシュ。9位にはフォースインディア・メルセデスのセルジオ・ペレスが入った。

以下、11位ダニエル・リカルド(レッドブル・タグ・ホイヤー)、12位カルロス・サインツJr.(トロロッソ・フェラーリ)、13位ジョリオン・パーマー(ルノー)、14位マーカス・エリクソン(ザウバー・フェラーリ)、15位ダニール・クビアト(レッドブル)、16位フェリッペ・ナッサー(ザウバー)、17位エステバン・グティエレス(ハース)、18位パスカル・ウェーレイン(マノー・メルセデス)が完走した。

4勝で100点満点のポイントリーダー、ロズベルグ。ランキング2位ハミルトンとの差は43点にまで拡大した。3位ライコネン43点、4位リカルド36点、5位ベッテル33点と続く。
コンストラクターズチャンピオンシップは、1位メルセデス157点に対し2位フェラーリは76点と大きく引き離されている。3位レッドブル57点、4位ウィリアムズ51点、5位ハース22点という上位の顔ぶれとなる。

(文=bg)

 
【F1 2016 速報】第4戦ロシアGP、ロズベルグ4連勝、マクラーレンはダブル入賞の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。