第448回:大矢アキオの「北京モーターショー2016」報告(前編)
中国で人気のクルマは「国家政策」で決まる!?

2016.05.06 エッセイ

なぜ中国ではロングボディーがウケるのか?

北京モーターショー2016の会場に赴いた。
経済の減速が報じられる中国では、自動車販売についても、数々のブランドで若干の陰りがみられる。しかし「海外との合弁ブランドの、1.6リッター以下の乗用車に掛かる税金が、2016年末まで50%軽減される時限法」が施行されたおかげで、該当するカテゴリーでの販売台数増加には期待がかかる。

ところで中国といえば、この国特有のロングホイールベース(LWB)仕様車である。
事前情報では、出展されるのは「ジャガーXF」のLWBたる「XFL」のみだった。その時点でボクは、「何年も続いた中国のLWB文化もいよいよ終わりか」と思ったものだ。

しかし開幕直前になると、メルセデス・ベンツからは新型「Eクラス」の、BMWからは「X1」の、中国工場製LWB仕様に関する情報がリリースされ、それらは実際に会場でお披露目となった。今回シトロエンが発表した「C6」も、単一ボディーながら、ホイールベースはしっかり2.9mもある。

LWBといえば、北京に行く前立ち寄った東京で、あるインポーターの広報担当者から「中国でなぜLWB仕様が人気なのか、理由をご存じですか?」と聞かれた。
教えを請うと「職業ドライバーの人件費が安いからです」という答えが返ってきた。なるほど、そのうえオーナーの居住性が優先されれば、もっぱら後席乗車となるわけだ。「お抱えドライバーを雇って自分は運転しない」という見果てぬ夢をもつボクとしては、大変興味深い話である。

今回の北京モーターショーで、早い段階からLWB仕様攻勢の“のろし”を上げた、「ジャガーXFL」。
今回の北京モーターショーで、早い段階からLWB仕様攻勢の“のろし”を上げた、「ジャガーXFL」。
メルセデス・ベンツは新型「Eクラス」のロング版を発表。写真は、その後席の様子。
メルセデス・ベンツは新型「Eクラス」のロング版を発表。写真は、その後席の様子。
ロングホイールベース仕様のメルセデスのCピラーに装着されるバッジ。
ロングホイールベース仕様のメルセデスのCピラーに装着されるバッジ。
「BMW X1」の中国専用LWB仕様。
「BMW X1」の中国専用LWB仕様。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。