ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)

新しいボルボが始まる 2016.05.06 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。

好感が持てる新世代のスタイリング

近ごろのSUVには高級サルーンのように豪華だったり快適だったり、スポーツカー並みに速かったりちゃんと曲がったりするモデルが当たり前のように存在していて、もはやちょっとやそっとじゃ驚いたりはしない。けれど、今回ばかりは驚いた。先代だって決して悪いクルマじゃなかったというのに、生まれ変わったボルボXC90は、あらゆる面で劇的といえるほどの進化を遂げていたのだ。もしかしたらこのクラスでは最も魅力的かも、と感じられるほどに。

パッと見の第一印象からして、引き付けられる。シンプルだけど印象的で心に残るそのスタイリングは、ボルボのデザインがこのモデルから新しいフェーズに入ったことをハッキリと意識させる。このモデルの次にボルボが発表したセダンの「S90」もそうだけど、安定感のある直線と穏やかな曲面が巧みに融合しながら塊を形成しているその姿には、どこにも間延びしたところがなく、といってシャープにも過ぎず、この手のクルマにありがちな過剰にも思える力強さの演出のようなものが感じられない。堂々とはしているけれど、威圧感がないのだ。

が、大きいなぁ……とは感じさせられる。それもそのはず。先代よりも全長は150mmも長い4950mm、幅は60mmも広い1960mm。大まかにいえば5m×2mの小山のようなハコなのだ。

ボルボの大型SUV「XC90」。2016年1月に発売された現行型は2代目のモデルにあたる。
ボルボの大型SUV「XC90」。2016年1月に発売された現行型は2代目のモデルにあたる。
外観の各所に、2013年のフランクフルトショー以降に発表された3台のコンセプトカー「コンセプト クーペ」「コンセプトXCクーペ」「コンセプト エステート」から受け継がれた意匠が見て取れる。
外観の各所に、2013年のフランクフルトショー以降に発表された3台のコンセプトカー「コンセプト クーペ」「コンセプトXCクーペ」「コンセプト エステート」から受け継がれた意匠が見て取れる。
初代「XC90」のデビューは2002年のことなので、今回の2代目は、実に12年ぶりに登場した新型となる。
初代「XC90」のデビューは2002年のことなので、今回の2代目は、実に12年ぶりに登場した新型となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC90の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る