アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】

驚きの気持ちよさ 2016.05.10 試乗記 2016年4月に国内販売がスタートした、最新型の「アウディA4アバント」に試乗。6代目となったアウディブランドの代表的ワゴンは、どんなクルマに仕上がっているのか? 走行性能や乗り心地、使い勝手を報告する。

ライバルたじたじのスペック

試乗会で新型A4アバントに乗った。セダンから2カ月遅れで発売されたワゴンモデルである。

4735mmのボディー全長は、セダンと同寸。「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」のようにリアのオーバーハングを延長する手当てはしていない。Cクラスワゴンは、セダンより6cm延ばして4730mm。「BMW 3シリーズ」と合わせたドイツ人気御三家のなかで、A4はもともと一番大柄なのである。

これまで日本の販売におけるA4のセダン/アバント比率は、半々か、アバントのほうが少し多いという。モデル構成はセダンと同じで、エンジンはデュアルインジェクターの直噴の2リッター4気筒ターボ。FFにはミラーサイクル燃焼の190psユニット、クワトロにはハイプレッシャーターボの252ps仕様が搭載される。
「BMW 320i」の2リッター4気筒ターボは184ps。Cクラスは「C250スポーツ」用の2リッター4気筒ターボでも211psだ。ボディーが大きいだけでなく、A4はこのクラスで最もハイスペックでもある。

今回試乗したのはクワトロ(626万円)。セダンのクワトロが597万円だから、ワゴン代は29万円である。252psの4WDと考えるとお買い得かもしれないが、善男善女の中型ドイツ車と思っていたA4もすいぶんな高価格車になってしまった。

日本国内では、2016年4月21日に発売された、新型「アウディA4アバント」。今回は、4WDの標準モデル「2.0 TFSIクワトロ」に試乗した。
日本国内では、2016年4月21日に発売された、新型「アウディA4アバント」。今回は、4WDの標準モデル「2.0 TFSIクワトロ」に試乗した。
エンジンは、2リッター直4ターボのみ。FF車と4WD車では、チューニングが異なる。
エンジンは、2リッター直4ターボのみ。FF車と4WD車では、チューニングが異なる。
インテリアの様子。水平基調のインストゥルメントパネルで、横方向への広がりが強調されている。
インテリアの様子。水平基調のインストゥルメントパネルで、横方向への広がりが強調されている。
インフォテインメントシステムの新たな機能として、「アウディ スマートフォンインターフェイス」を装備。USBケーブルを介して、手持ちのスマートフォンのコンテンツを車載ディスプレイに表示できる。
インフォテインメントシステムの新たな機能として、「アウディ スマートフォンインターフェイス」を装備。USBケーブルを介して、手持ちのスマートフォンのコンテンツを車載ディスプレイに表示できる。
関連記事
  • アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.10 試乗記 2016年4月に国内販売がスタートした、最新型の「アウディA4アバント」に試乗。6代目となったアウディブランドの代表的ワゴンは、どんなクルマに仕上がっているのか? 走行性能や乗り心地、使い勝手を報告する。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • アウディA4アバント2.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.21 試乗記 アウディといえば四輪駆動のクワトロにとどめを刺すが、FFモデルも侮ってはいけない。「A4アバント2.0 TFSIスポーツ」に乗れば、透明で清涼感に満ちた新しいアウディが味わえる。「らしさ」が再定義されていることに気づくはずだ。
  • アウディA6アバント 2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【レビュー】 2015.9.25 試乗記 マイナーチェンジでフロントまわりのデザインやエンジン、快適装備がリファインされた、アウディのミドルクラスワゴン「A6アバント」。2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ」の実力を確かめた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る