クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】

驚きの気持ちよさ 2016.05.10 試乗記 2016年4月に国内販売がスタートした、最新型の「アウディA4アバント」に試乗。6代目となったアウディブランドの代表的ワゴンは、どんなクルマに仕上がっているのか? 走行性能や乗り心地、使い勝手を報告する。

ライバルたじたじのスペック

試乗会で新型A4アバントに乗った。セダンから2カ月遅れで発売されたワゴンモデルである。

4735mmのボディー全長は、セダンと同寸。「メルセデス・ベンツCクラス ステーションワゴン」のようにリアのオーバーハングを延長する手当てはしていない。Cクラスワゴンは、セダンより6cm延ばして4730mm。「BMW 3シリーズ」と合わせたドイツ人気御三家のなかで、A4はもともと一番大柄なのである。

これまで日本の販売におけるA4のセダン/アバント比率は、半々か、アバントのほうが少し多いという。モデル構成はセダンと同じで、エンジンはデュアルインジェクターの直噴の2リッター4気筒ターボ。FFにはミラーサイクル燃焼の190psユニット、クワトロにはハイプレッシャーターボの252ps仕様が搭載される。
「BMW 320i」の2リッター4気筒ターボは184ps。Cクラスは「C250スポーツ」用の2リッター4気筒ターボでも211psだ。ボディーが大きいだけでなく、A4はこのクラスで最もハイスペックでもある。

今回試乗したのはクワトロ(626万円)。セダンのクワトロが597万円だから、ワゴン代は29万円である。252psの4WDと考えるとお買い得かもしれないが、善男善女の中型ドイツ車と思っていたA4もすいぶんな高価格車になってしまった。

日本国内では、2016年4月21日に発売された、新型「アウディA4アバント」。今回は、4WDの標準モデル「2.0 TFSIクワトロ」に試乗した。
日本国内では、2016年4月21日に発売された、新型「アウディA4アバント」。今回は、4WDの標準モデル「2.0 TFSIクワトロ」に試乗した。 拡大
エンジンは、2リッター直4ターボのみ。FF車と4WD車では、チューニングが異なる。
エンジンは、2リッター直4ターボのみ。FF車と4WD車では、チューニングが異なる。 拡大
インテリアの様子。水平基調のインストゥルメントパネルで、横方向への広がりが強調されている。
インテリアの様子。水平基調のインストゥルメントパネルで、横方向への広がりが強調されている。 拡大
インフォテインメントシステムの新たな機能として、「アウディ スマートフォンインターフェイス」を装備。USBケーブルを介して、手持ちのスマートフォンのコンテンツを車載ディスプレイに表示できる。
インフォテインメントシステムの新たな機能として、「アウディ スマートフォンインターフェイス」を装備。USBケーブルを介して、手持ちのスマートフォンのコンテンツを車載ディスプレイに表示できる。 拡大
注目の記事PR
  • これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。
    これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。 ホンダアクセス
  • 7つのツールで車内清掃がラクラク! ダイソンの実力をラジオDJのサッシャがリポート。
    7つのツールで車内清掃がラクラク! ダイソンの実力をラジオDJのサッシャがリポート。 ダイソン
注目の記事一覧へ

とにかく滑らか

新型A4のうたい文句は「A4を超えたA4」である。8年ぶりにフルチェンジしたのだから、旧作を超えるのはあたりまえでしょ、とツッコミたくなるが、乗ってみると、うたい文句以上の進化を感じさせた。

総論を言うと、新型はとにかく滑らかである。エンジンも変速機も足まわりも、スムーズの一語に尽きる。小さなバリひとつ感じさせない。ドライブフィールも洗練が行き届いているから、運転していて気持ちいい。

積載荷重に備えて、ワゴンはセダンよりサスペンションを固めている。上屋が長いから、“後ろ”も重い。キャビンの空気量が増え、遮音性はセダンより落ちる。そうした一般論は新型A4にも当てはまり、この試乗会の直前、ロングドライブに使ったセダンのクワトロと比べると、多少、乗り味がザワついた感じはある。だが、ワゴンの多用途性という付加価値を考えれば、大きな問題ではない。

後席ありの平常時でも、荷室の奥行きは105cmとたっぷりしている。後席背もたれを前倒しすれば、カーペットの敷かれた部分だけで奥行き165cmの広い荷室フロアが現れる。
テールゲートの開閉は電動。荷室側壁に付くレバーを引くと、後席背もたれのロックが解除される。だが、解除されるだけで、バネや電動でパタンと倒れてはくれない。そのため、結局、リアドアを開けて、倒しに行かなくてはならないのが残念だ。

エアロダイナミクスの最適化にも注力したとアピールされる、新型「A4アバント」。空気抵抗を示すCd値は0.26。
エアロダイナミクスの最適化にも注力したとアピールされる、新型「A4アバント」。空気抵抗を示すCd値は0.26。 拡大
オプション「レザーパッケージ」を選択したテスト車の前席。表皮には、高品質なミラノレザーがおごられる。
オプション「レザーパッケージ」を選択したテスト車の前席。表皮には、高品質なミラノレザーがおごられる。 拡大
後席の様子。シートカラーは写真のベージュのほか、ブラックとグレーが選べる。
後席の様子。シートカラーは写真のベージュのほか、ブラックとグレーが選べる。 拡大

荷室の容量は、先代よりも15リッター多い505リッター。3分割式の後席をたたむことで、最大1510リッターにまで拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)


	荷室の容量は、先代よりも15リッター多い505リッター。3分割式の後席をたたむことで、最大1510リッターにまで拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
	拡大

“速さ”が洗練されている

MLB evoプラットフォーム(車台)を採用した今度のA4は、最大で120kgも軽くなった。アバントクワトロの車重は、セダンの20kg増しにおさまる1680kg。メルセデスCクラスワゴンのC250スポーツより20kg重いが、こちらは四駆だ。

252psといえば、2.7リッターV6ツインターボだった2代目「S4」(265ps)に肉薄する。荒っぽさはみじんもないが、A4アバントクワトロは、悠揚迫らぬスピードワゴンである。

エンジン、変速機、ステアリングなどの特性に硬軟をつけるドライブセレクトは、オート、コンフォート、ダイナミック、エフィシェンシーの4種類。コンフォートやエフィシェンシーでも、踏めば速いし、最もスポーティーなダイナミックでも、とくべつ動力性能がハジけたり、ハンドルが重くなったりするわけではない。こうした可変キャラクター機構を与えるなら、もっと変化シロを大きくしたほうがいいように思ったが、マナーは基本的に高級ステーションワゴンである。

試乗車にはレザーパッケージが付いていた。ミラノレザーやウォルナットパネルなどがおごられる45万円のオプション装備だ。ダッシュボードが水平基調に変わったのが新型の特徴で、計器盤もバーチャルコックピットが採用された。速度計やタコメーターを最小化して、ドライバーの真正面でカーナビの地図が見られる最新の情報インターフェイスである。

試乗会場に並んだ、新型「アウディA4アバント」。ボディーカラーは全9色で、「アウディ エクスクルーシブ」を利用すればほかの色もオーダーできる。
試乗会場に並んだ、新型「アウディA4アバント」。ボディーカラーは全9色で、「アウディ エクスクルーシブ」を利用すればほかの色もオーダーできる。 拡大
計器盤がフル液晶表示になる「アウディ バーチャルコックピット」。写真のように、全面にカーナビの地図を表示可能。
計器盤がフル液晶表示になる「アウディ バーチャルコックピット」。写真のように、全面にカーナビの地図を表示可能。 拡大
計器盤の表示を変更するスイッチ類は、ステアリングホイールのスポーク部に集約されている。
計器盤の表示を変更するスイッチ類は、ステアリングホイールのスポーク部に集約されている。 拡大

思わずうなる安全装備

新型A4には、アウディ最新のセーフティーデバイスが与えられる。全モデルに標準装備のアダプティブクルーズコントロールには、トラフィックジャムアシスト機構が盛り込まれた。前走車をロックオンして、車間距離を保ち、白線を認識して自動操舵(そうだ)でレーン内走行を行う渋滞アシスト機構である。

渋滞といっても、65km/hまで作動する。現段階での位置づけは、あくまで「アシスト」だから、ハンドルに手を添えていないとやがて警告が発せられて、システムはキャンセルされる。しかし、このA4アバントは、筆者がこれまで経験したどんなレーンキープアシスト機構よりも自動操舵の腕前が確実で、しかも自信に満ちていた。スマホの操作など、ドライバーがハンドルから手を離して別のことができる“レベル3”の自動運転がすぐそこまで来ていることを実感させてくれる。それくらい信頼性の高いシステムである。

新型A4はすべてが滑らかで、それゆえに運転していてとても気持ちのいいクルマである。しかも、そこには最先端の自動運転機構がインストールされている。というか、ハードウエアのすべてが滑らかだからこそ、自動運転化が可能で、自動運転が生きるのである。ギクシャクの絶えないボロいクルマを自動運転化したって、ありがたみはない。
気持ちよく自動運転してくれるクルマは、自動を外して人間が運転しても気持ちいいのかもしれない。新型A4アバントに乗って、そう思った。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=峰 昌宏)

「アウディA4アバント」には、渋滞時のストップ&ゴーまで自動的に行うクルーズコントロール機能が、標準で備わる。
「アウディA4アバント」には、渋滞時のストップ&ゴーまで自動的に行うクルーズコントロール機能が、標準で備わる。 拡大
ハイビームの配光を自動調整する「マトリクスLEDヘッドライト」。「アウディ バーチャルコックピット」とのセットオプションで提供される。
ハイビームの配光を自動調整する「マトリクスLEDヘッドライト」。「アウディ バーチャルコックピット」とのセットオプションで提供される。 拡大
空力性能を高めるための意匠が特徴的なサイドミラー。死角に入っている他車両の存在をLEDの点灯で知らせる機能も、オプションで追加できる。
空力性能を高めるための意匠が特徴的なサイドミラー。死角に入っている他車両の存在をLEDの点灯で知らせる機能も、オプションで追加できる。 拡大
 
アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4735×1840×1455mm
ホイールベース:2825mm
車重:1680kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:252ps(185kW)/5000-6000rpm
最大トルク:37.7kgm(370Nm)/1600-4500rpm
タイヤ:(前)225/50R17 94Y/(後)225/50R17 94Y(ミシュラン・プライマシー3)
燃費:15.5km/リッター(JC08モード)
価格:626万円/テスト車=730万5000円
オプション装備:レザーパッケージ<ミラノレザー+デコラティブパネル ウォルナットブラウン+エクステリアミラーの電動調節機構、格納機能、自動防眩機能、メモリー機能およびヒーター+前席電動調節機能+運転席メモリー機能+前席シートヒーター>(45万円)/Bang&Olufsen 3D アドバンストサウンドシステム(17万円)/マトリクスLEDヘッドライトパッケージ<マトリクスLEDヘッドライト+LEDリアコンビネーションライト+LEDインテリアライティング+ヘッドライトウオッシャー+バーチャルコックピット>(34万円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:764km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター(満タン法)/--km/リッター(車載燃費計計測値)

アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ
アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ 拡大
上面が平らな、7段ATのシフトノブ。その前方には、インフォテインメントシステムの操作スイッチがレイアウトされる。
上面が平らな、7段ATのシフトノブ。その前方には、インフォテインメントシステムの操作スイッチがレイアウトされる。 拡大

10スポークデザインの17インチアルミホイール。1インチ大きな18インチのホイールも、オプションで用意される。


	10スポークデザインの17インチアルミホイール。1インチ大きな18インチのホイールも、オプションで用意される。
	拡大

関連キーワード:
A4アバントアウディ試乗記

あなたにおすすめの記事