【SUPER GT 2016】第2戦富士でMOTUL AUTECH GT-Rが勝利 開幕から2連勝

2016.05.04 自動車ニュース
第1戦の岡山に続いて、富士でも勝利を手にしたNo.1 MOTUL AUTECH GT-R。2016年のタイトル獲得に向けて、順調な滑り出しをみせる。
第1戦の岡山に続いて、富士でも勝利を手にしたNo.1 MOTUL AUTECH GT-R。2016年のタイトル獲得に向けて、順調な滑り出しをみせる。

2016年5月4日、SUPER GTの第2戦が富士スピードウェイで開催され、GT500クラスはNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が、GT300クラスはNo.3 B-MAX NDDP GT-R(星野一樹/ヤン・マーデンボロー)が勝利した。

ゴールデンウイーク中に開催された第2戦。富士スピードウェイには、大勢のレースファンが詰めかけた。
ゴールデンウイーク中に開催された第2戦。富士スピードウェイには、大勢のレースファンが詰めかけた。
GT500クラスのスタートシーン。2台の「GT-R」を先頭に、500kmにおよぶ長丁場が始まった。
GT500クラスのスタートシーン。2台の「GT-R」を先頭に、500kmにおよぶ長丁場が始まった。

勝利を喜ぶ、No.1 MOTUL AUTECH GT-Rロニー・クインタレッリ(写真左)、鈴木 豊 監督(中央)、そして松田次生(右)。


	勝利を喜ぶ、No.1 MOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリ(写真左)、鈴木 豊 監督(中央)、そして松田次生(右)。

■強さを見せつけたGT-R

富士スピードウェイを舞台に500km、110周の長丁場で繰り広げられたシリーズ第2戦は、開幕戦に続いて日産GT-Rのパフォーマンスが強く印象づけられる1戦となった。
勝利を手にしたのは、前戦に続いてNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rだったが、No.12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/J.P・デ・オリベイラ)やNo.46 S Road CRAFTSPORTS MOLA GT-R(本山 哲/千代勝正)にも勝機はあり、一時はGT-Rが表彰台を独占してもおかしくない展開だった。

しかし、No.12 カルソニックIMPUL GT-Rはトップを走っていた106周目にタイヤトラブルを起こしてリタイア。No.46 S Road CRAFTSPORTS MOLA GT-Rは間もなくルーチンのピットストップを行おうとしていたところでセーフティーカーランとなり、ガス欠となるのを避けるためにクローズ中だったピットレーンに進入したことで90秒間のペナルティーストップを科せられ、1周遅れの7位に沈み込んだのである。

GT-Rの強さの秘密はどこにあるのか? まず、日産/ニスモは富士スピードウェイで重要となる低ドラッグ空力パッケージの開発にたけているとの定評がある。それもただ空気抵抗を小さくするだけでなく、中低速コーナーが連続する第3セクターを速く走るうえで必要となるダウンフォースも絶妙のバランスで生み出しているらしく、これが強力な武器となっているようだ。さらにいえば、2016年仕様のエンジンは低中速域のトルクとスロットルレスポンスが改善されており、これがやはり第3セクターの区間タイム短縮に効果を発揮していると思われる。

レクサス勢としては最上位の2位でフィニッシュした、No.39 DENSO KOBELCO SARD RC F(ヘイキ・コバライネン/平手晃平)。
レクサス勢としては最上位の2位でフィニッシュした、No.39 DENSO KOBELCO SARD RC F(ヘイキ・コバライネン/平手晃平)。
3位のKeePer TOM'S RC F(ジェームス・ロシター/平川 亮)。富士では「RC F」が2位から5位までを占めた。
3位のKeePer TOM'S RC F(ジェームス・ロシター/平川 亮)。富士では「RC F」が2位から5位までを占めた。
GT300クラスのスタートシーン。予選トップのNo.55 ARTA BMW M6 GT3(写真右)は健闘を見せるも、勝利ならず。
GT300クラスのスタートシーン。予選トップのNo.55 ARTA BMW M6 GT3(写真右)は健闘を見せるも、勝利ならず。
GT300クラスを制した、No.3 B-MAX NDDP GT-R(星野一樹/ヤン・マーデンボロー)
GT300クラスを制した、No.3 B-MAX NDDP GT-R(星野一樹/ヤン・マーデンボロー)。

■レクサス勢も大健闘

そうした日産の陰にやや隠れる格好になったものの、予選で振るわなかったレクサス陣営は粘り強い戦いぶりでじわじわと順位を上げ、終わってみれば2位から5位までを4台のRC Fが独占する結果となった。2番手につけていながらマシントラブルでリタイアに追い込まれたNo.38 ZENT CERUMO RC F(立川祐路/石浦宏明)が最後まで走り切っていれば、その活躍はさらに顕著なものとなっただろう。

ホンダは前回に続いて苦戦した。予選では、開幕戦で果たせなかったQ1突破に2台が成功、No.15 ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT(武藤英紀/オリバー・ターベイ)は6番グリッド、No.100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT(山本尚貴/伊沢拓也)は8番グリッドをそれぞれ手に入れた。
しかし、決勝ではNo.100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GTにNo.12 カルソニックIMPUL GT-Rと同様のタイヤトラブルが発生したほか、No.15 ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GTはNo.17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT(塚越広大/小暮卓史)に追突される格好となり、3台そろってリタイア。10番グリッドからスタートしたNo.8 ARTA NSX CONCEPT-GT(松浦孝亮/野尻智紀)が上位陣の脱落にも助けられて6位に入ったのがホンダとしての最上位という、やや残念な結果に終わった。

GT300クラスでは、開幕戦で上位を占めたAMG GT勢が予選から不振に苦しんだのとは対照的に、BMW M6勢のNo.55 ARTA BMW M6 GT3(高木真一/小林崇志)がポールポジション、No.7 Studie BMW M6(ヨルグ・ミューラー/荒 聖治)が4番グリッドを獲得。決勝でも序盤はNo.55 ARTA BMW M6 GT3が予選2位のNo.25 VivaC 86 MC(土屋武士/松井孝允)とトップ争いを演じたが、2台は決勝中のペースが安定せず、5番グリッドからスタートしたNo.3 B-MAX NDDP GT-Rが快勝。No.55 ARTA BMW M6 GT3は2位、No.25 VivaC 86 MCは3位という結果に終わった。

震災のため、5月21~22日に予定されていた大分県オートポリスでの第3戦は中止。次戦は7月23~24日にスポーツランドSUGOで開催される。

(文=小林祐介/写真提供 GTA)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。