「谷口信輝の新車試乗」――アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(後編)

2016.05.05 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(後編)の画像

「谷口信輝の新車試乗」――アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(後編)

SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー・谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、「アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗する。フルタイム4WDを採用するA4のハンドリングは、谷口の目にどう映ったのだろうか。

 
「谷口信輝の新車試乗」――アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(後編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(後編)の画像

■乗ると誰でも運転がうまくなる!?

前編ではエンジンを中心とするドライブトレインやデザインに関する印象を語ってもらったが、後編ではいよいよA4の核心であるハンドリングについて説明してもらおう。

「カーブに入る手前で、普通のクルマだったらブレーキをかけたくなりますよね。まずはいったん減速して、荷重をフロントに移してからハンドルを切る。そうやって安心感を得たいと思うのが普通のクルマですが、どうもアウディは、ブレーキを踏まなくてもそのまま曲がれちゃいそうな気がする」 それも、そんな“気”がするだけでなく、本当にブレーキの出番は少なかったようだ。「あのコーナーも、こっちのコーナーでもブレーキは使わなかった」 谷口はいま走ってきたワインディングロードを指さしながら、私たちにそう教えてくれたのである。

「(初代)『R8』に初めて乗ったときも同じ衝撃があったけれど、アウディは『ブレーキを踏まなくても曲がれる感』がすごく強いんですよね。ただの錯覚かもしれないけれど(笑)。でも本当に、ハンドリングがめちゃくちゃよくて、誰が乗ってもそのポテンシャルを引き出せちゃう。だから、普段は助手席から見て『この人、運転ヘタなんだよな』と感じていたドライバーでも、アウディに乗ると『あれ、この人、運転うまくなったんじゃない?』って思わせることができる。アウディには、そんな力があるんです」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
ホームへ戻る