第342回:タイヤにも“いかつさ”を
トーヨータイヤの最新作「トランパスML」を試す

2016.05.06 エッセイ
新製品の「トランパスML」は、従来の「トランパスmpZ」が持つしっかり感を継承しながら、ころがり抵抗と耐摩耗性能が改善されている。
新製品の「トランパスML」は、従来の「トランパスmpZ」が持つしっかり感を継承しながら、ころがり抵抗と耐摩耗性能が改善されている。

トーヨータイヤが2016年4月に発表したミニバン向けタイヤの最新作「トランパスML」。しっかりした走行安定性と耐摩耗性能、低燃費性能を実現しながら、人気の“いかつい系ミニバン”にもマッチする鋭角的でシャープなトレッドデザインを持つのが特徴だ。その実力をサーキットと一般道で試した。

試乗の舞台は千葉・袖ヶ浦フォレストレースウェイとその周辺の公道。「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」「トヨタ・ヴォクシー」「ホンダ・ステップワゴン」などが試乗車として用意された。
試乗の舞台は千葉・袖ヶ浦フォレストレースウェイとその周辺の公道。「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」「トヨタ・ヴォクシー」「ホンダ・ステップワゴン」などが試乗車として用意された。

「トランパスML」の販売は2016年6月1日に始まる予定。17サイズが用意され、いずれもオープン価格。


	「トランパスML」の販売は2016年6月1日に始まる予定。17サイズが用意され、いずれもオープン価格。

デザイン要素を強める

トーヨータイヤの最新作、トランパスML。トランパスは1995年に登場したミニバン専用タイヤの先駆けで、20年以上にわたって使われるトーヨーの看板ブランドだ。ミニバンの隆盛に連動するようにこのカテゴリーは盛り上がり、今では日本のタイヤブランドはたいていミニバン専用の銘柄をラインナップする。ヨコハマタイヤの「ブルーアースRV-02」、ダンロップの「エナセーブRV504」、ブリヂストンの「プレイズPX-RV」あたりが量販店でMLや既存の「トランパスmpZ」と並べられるミニバン専用タイヤだ。

ところで近ごろのミニバンは、「トヨタ・ノア/ヴォクシー」に対する「エスクァイア」をはじめ、「ホンダ・ステップワゴン」に対する「スパーダ」、「日産セレナ」に対する「ハイウェイスター」など、ノーマルモデルに対するカスタマイズモデルというかオルタナティブモデルというか、多くの場合、ちょっといかつくしたようなモデルおよびグレードが存在する。そして、いかつい系のほうが売れ行きがよいケースが多い。一番わかりやすい例を挙げると、2016年3月には「トヨタ・アルファード」が4024台売れたのに対し、「ヴェルファイア」は5005台売れている(自販連調べ)。

「ミニバン自体、上級グレードやカスタマイズ顔がウケているのなら、ミニバン専用タイヤにも、ベースモデルに対して少しデザイン要素を強めたモデルがあったっていいじゃないか!」というのがトランパスML登場の経緯だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ