ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”(FF/CVT)/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”(FF/CVT)

合言葉は“DNGA”! 2016.05.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。

完全子会社化の前から決まっていたOEM

「いいものを作らなければ、要らないと言われる可能性だってあるわけです。共同開発より緊張感が増しましたね」
ダイハツのエンジニアは慎重に言葉を選んで話した。新型「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」は、ダイハツが企画・開発から生産まですべてを請け負っている。トヨタはOEM供給を受けて販売するだけの立場になった。配られた資料を見ても、これまでは「(トヨタ)パッソ/(ダイハツ)ブーン」と呼ばれていたのが「ブーン/パッソ」と並びが逆になっている。

この8月にダイハツはトヨタによって完全子会社化されることが決まっているが、このモデルの開発はずっと前に始まっている。トヨタが以前からダイハツの小型車開発の能力を高く評価していたのは周知の事実で、ブーン/パッソの開発を任せたのはグローバル戦略の一環なのだ。新興国向けのモデルを開発するには、軽自動車で軽量化やコストダウンのノウハウを積み上げてきたダイハツの力を借りることが重要になる。ブーン/パッソはトヨタとダイハツが小型車開発での協業を行う将来に向けた指標となるモデルなのだ。

OEMモデルを供給する前提で開発を進めることが強烈なプレッシャーを伴うことは、最近発覚した不祥事で目の当たりにしたばかりだ。完全子会社化の記者会見を見た限りでは、トヨタとダイハツの関係はうまくいっているように見える。ダイハツの三井正則社長は「BMWにおけるMINIのような存在、世界に通用する価値を持つグローバルブランドになっていきたい」と語り、トヨタの豊田章男社長は「両ブランドで一層“もっといいクルマづくり”を進めたい」と笑顔で応えていた。

2016年4月に登場した3代目「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」。写真はダイハツ版の上級モデル「ブーン シルク」の「Gパッケージ SA II」。
「ダイハツ・ブーン シルク」のインストゥルメントパネルまわり。黒を基調に各所にグレージュとマゼンタのアクセントを施すことで、「ブーン」との差別化を図っている。
3代目となる新型からは開発体制も大幅に変更。これまでの2社共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担い、トヨタにOEM供給することとなった。写真は「トヨタ・パッソX“Gパッケージ”」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2016.6.9 試乗記 軽よりも少し大きな小型車「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」がフルモデルチェンジ。トヨタ版の上級モデルである「パッソ モーダ」を借り出して、“生活の足”としてのクルマのあり方を考えた。
  • ダイハツ・ブーンX“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.5.30 試乗記 軽自動車で培われたノウハウをどのように生かしているのか? トヨタとの共同開発をやめ、ダイハツ一社が企画から生産までを担って誕生した3代目「ダイハツ・ブーン」。ベーシックな「X“SA II”」グレードを借り出し、その実力を確かめた。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
ホームへ戻る