ジャガーFペース ファーストエディション(4WD/8AT)/Fペース S(4WD/8AT)/Fペース 20d Rスポーツ(4WD/8AT)

予想を超える仕上がり 2016.05.12 試乗記 ジャガー初のSUVとなる「Fペース」が、いよいよ公道へと躍り出た。では、実際に乗ってみたら……? 日本への導入が予定されているディーゼル車とガソリン車に、アドリア海に臨むモンテネグロで試乗。その印象を報告する。

ジャガーらしさが伝わる形

海岸線から鋭い傾斜が立ち上がる、たけだけしい岩山。その山肌を一気に駆け上がっていく、いつ終わるともわからないワインディングロード―― パリ発のチャーター便での移動から始まったジャガーFペースの国際試乗会は、2時間半ほどのフライトを経て到着したモンテネグロでの、そんなロケーションから本格的にスタートした。

イタリア半島の“かかと”から見て、アドリア海を挟んだ対岸。地図上ではそんな位置にある、独立からまだ10年に満たないこの国を訪れるのは、筆者にとっては初めてのことだ。
しかしながら、冒頭に紹介したように、試乗の“お膳立て”がしやすい環境である。Fペースで走り始めてすぐに「きっと今後も、この場を試乗会に使うブランドが出てくるだろうな」などと思ってしまった。

さて、日本でも2016年1月から予約受注が開始され、そのスペックもすでに明らかにされている、ジャガー初のSUVであるFペース。「パフォーマンス・クロスオーバー」というフレーズで紹介されるこのモデルのルックスは、モンテネグロの雄大なランドスケープの中でも、強い存在感を放つ。きわめて流麗で、かつスポーティーであるという、最新のジャガー車らしいアイデンティティーが、見事なまでに表現されている。

Fペースが「ポルシェ・マカン」を直接のライバルに想定していることは、スペックや価格から明らかで、ジャガーの関係者も、そうしたことをにおわせている。
そのマカンは、自身のDNAを明確化するために、どうしても「『911』をほうふつとさせるデザインアイコン」を入れ込まざるを得ない。それに比べると、Fペースのルックスは、より自由で新鮮に見えるというのが、率直な感想だ。

ジャガー史上初のSUVとなる「Fペース」。2015年秋のフランクフルトモーターショーで世界初公開された。
ジャガー史上初のSUVとなる「Fペース」。2015年秋のフランクフルトモーターショーで世界初公開された。
「Fペース」には、耐水・耐衝撃性のリストバンド型電子キーが用意される。テールゲートにあるJAGUARロゴの“J”に接触させることで、車両の施錠/開錠ができる。
「Fペース」には、耐水・耐衝撃性のリストバンド型電子キーが用意される。テールゲートにあるJAGUARロゴの“J”に接触させることで、車両の施錠/開錠ができる。
サイドサポートが張り出した前席。写真はディーゼルのスポーティーモデル「Fペース 20d Rスポーツ」のもの。
サイドサポートが張り出した前席。写真はディーゼルのスポーティーモデル「Fペース 20d Rスポーツ」のもの。
日本市場には、デビューを記念する限定車「ファーストエディション」を含め、ディーゼル3車種、ガソリン3車種が導入される。
日本市場には、デビューを記念する限定車「ファーストエディション」を含め、ディーゼル3車種、ガソリン3車種が導入される。
関連記事
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • 「ジャガーFペース」に充実した装備が魅力の限定車 2017.3.14 自動車ニュース 「ジャガーFペース」に36台の限定モデル「アクティブエディションパッケージ」が登場。パノラミックルーフや電動テールゲートなどの装備に加え、サイクルキャリア、ルーフボックス、ウオータースポーツキャリアのなかからひとつを選ぶことができる。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • ジャガーFペースS(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.18 試乗記 ジャガーのSUV「Fペース」のフラッグシップモデル「S」に試乗。380psものパワーを秘めたスーパーチャージドエンジンを搭載し、足まわりを22インチタイヤで固めた漆黒のFペースは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
ホームへ戻る