ジャガーFペース ファーストエディション(4WD/8AT)/Fペース S(4WD/8AT)/Fペース 20d Rスポーツ(4WD/8AT)

予想を超える仕上がり 2016.05.12 試乗記 ジャガー初のSUVとなる「Fペース」が、いよいよ公道へと躍り出た。では、実際に乗ってみたら……? 日本への導入が予定されているディーゼル車とガソリン車に、アドリア海に臨むモンテネグロで試乗。その印象を報告する。

ジャガーらしさが伝わる形

海岸線から鋭い傾斜が立ち上がる、たけだけしい岩山。その山肌を一気に駆け上がっていく、いつ終わるともわからないワインディングロード―― パリ発のチャーター便での移動から始まったジャガーFペースの国際試乗会は、2時間半ほどのフライトを経て到着したモンテネグロでの、そんなロケーションから本格的にスタートした。

イタリア半島の“かかと”から見て、アドリア海を挟んだ対岸。地図上ではそんな位置にある、独立からまだ10年に満たないこの国を訪れるのは、筆者にとっては初めてのことだ。
しかしながら、冒頭に紹介したように、試乗の“お膳立て”がしやすい環境である。Fペースで走り始めてすぐに「きっと今後も、この場を試乗会に使うブランドが出てくるだろうな」などと思ってしまった。

さて、日本でも2016年1月から予約受注が開始され、そのスペックもすでに明らかにされている、ジャガー初のSUVであるFペース。「パフォーマンス・クロスオーバー」というフレーズで紹介されるこのモデルのルックスは、モンテネグロの雄大なランドスケープの中でも、強い存在感を放つ。きわめて流麗で、かつスポーティーであるという、最新のジャガー車らしいアイデンティティーが、見事なまでに表現されている。

Fペースが「ポルシェ・マカン」を直接のライバルに想定していることは、スペックや価格から明らかで、ジャガーの関係者も、そうしたことをにおわせている。
そのマカンは、自身のDNAを明確化するために、どうしても「『911』をほうふつとさせるデザインアイコン」を入れ込まざるを得ない。それに比べると、Fペースのルックスは、より自由で新鮮に見えるというのが、率直な感想だ。

ジャガー史上初のSUVとなる「Fペース」。2015年秋のフランクフルトモーターショーで世界初公開された。
ジャガー史上初のSUVとなる「Fペース」。2015年秋のフランクフルトモーターショーで世界初公開された。
「Fペース」には、耐水・耐衝撃性のリストバンド型電子キーが用意される。テールゲートにあるJAGUARロゴの“J”に接触させることで、車両の施錠/開錠ができる。
「Fペース」には、耐水・耐衝撃性のリストバンド型電子キーが用意される。テールゲートにあるJAGUARロゴの“J”に接触させることで、車両の施錠/開錠ができる。
サイドサポートが張り出した前席。写真はディーゼルのスポーティーモデル「Fペース 20d Rスポーツ」のもの。
サイドサポートが張り出した前席。写真はディーゼルのスポーティーモデル「Fペース 20d Rスポーツ」のもの。
日本市場には、デビューを記念する限定車「ファーストエディション」を含め、ディーゼル3車種、ガソリン3車種が導入される。
日本市場には、デビューを記念する限定車「ファーストエディション」を含め、ディーゼル3車種、ガソリン3車種が導入される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Fペースの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーFペースS(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.18 試乗記 ジャガーのSUV「Fペース」のフラッグシップモデル「S」に試乗。380psものパワーを秘めたスーパーチャージドエンジンを搭載し、足まわりを22インチタイヤで固めた漆黒のFペースは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • ジャガーFペース35t Rスポーツ/Fペース20d プレステージ【試乗記】 2016.8.1 試乗記 ジャガー初のSUV「Fペース」に試乗。「ポルシェ・マカン」や「BMW X4」に真っ向から勝負を挑む新種のスポーツカーは、どのような走りを見せるのか。ガソリン車とディーゼル車の2車種について、その仕上がりを報告する。
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る