クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ジャガーFペース ファーストエディション(4WD/8AT)/Fペース S(4WD/8AT)/Fペース 20d Rスポーツ(4WD/8AT)

予想を超える仕上がり 2016.05.12 試乗記 ジャガー初のSUVとなる「Fペース」が、いよいよ公道へと躍り出た。では、実際に乗ってみたら……? 日本への導入が予定されているディーゼル車とガソリン車に、アドリア海に臨むモンテネグロで試乗。その印象を報告する。

ジャガーらしさが伝わる形

海岸線から鋭い傾斜が立ち上がる、たけだけしい岩山。その山肌を一気に駆け上がっていく、いつ終わるともわからないワインディングロード―― パリ発のチャーター便での移動から始まったジャガーFペースの国際試乗会は、2時間半ほどのフライトを経て到着したモンテネグロでの、そんなロケーションから本格的にスタートした。

イタリア半島の“かかと”から見て、アドリア海を挟んだ対岸。地図上ではそんな位置にある、独立からまだ10年に満たないこの国を訪れるのは、筆者にとっては初めてのことだ。
しかしながら、冒頭に紹介したように、試乗の“お膳立て”がしやすい環境である。Fペースで走り始めてすぐに「きっと今後も、この場を試乗会に使うブランドが出てくるだろうな」などと思ってしまった。

さて、日本でも2016年1月から予約受注が開始され、そのスペックもすでに明らかにされている、ジャガー初のSUVであるFペース。「パフォーマンス・クロスオーバー」というフレーズで紹介されるこのモデルのルックスは、モンテネグロの雄大なランドスケープの中でも、強い存在感を放つ。きわめて流麗で、かつスポーティーであるという、最新のジャガー車らしいアイデンティティーが、見事なまでに表現されている。

Fペースが「ポルシェ・マカン」を直接のライバルに想定していることは、スペックや価格から明らかで、ジャガーの関係者も、そうしたことをにおわせている。
そのマカンは、自身のDNAを明確化するために、どうしても「『911』をほうふつとさせるデザインアイコン」を入れ込まざるを得ない。それに比べると、Fペースのルックスは、より自由で新鮮に見えるというのが、率直な感想だ。

ジャガー史上初のSUVとなる「Fペース」。2015年秋のフランクフルトモーターショーで世界初公開された。
ジャガー史上初のSUVとなる「Fペース」。2015年秋のフランクフルトモーターショーで世界初公開された。 拡大
「Fペース」には、耐水・耐衝撃性のリストバンド型電子キーが用意される。テールゲートにあるJAGUARロゴの“J”に接触させることで、車両の施錠/開錠ができる。
「Fペース」には、耐水・耐衝撃性のリストバンド型電子キーが用意される。テールゲートにあるJAGUARロゴの“J”に接触させることで、車両の施錠/開錠ができる。 拡大
サイドサポートが張り出した前席。写真はディーゼルのスポーティーモデル「Fペース 20d Rスポーツ」のもの。
サイドサポートが張り出した前席。写真はディーゼルのスポーティーモデル「Fペース 20d Rスポーツ」のもの。 拡大
日本市場には、デビューを記念する限定車「ファーストエディション」を含め、ディーゼル3車種、ガソリン3車種が導入される。
日本市場には、デビューを記念する限定車「ファーストエディション」を含め、ディーゼル3車種、ガソリン3車種が導入される。 拡大

驚くほど静かで軽やか

最初に用意されたテストカーは、世界限定2000台のうち50台が日本に割り振られることになっている「ファーストエディション」だった。

ベースは、最高出力380psを発生するメカニカルスーパーチャージャー付きの3リッターV6ガソリンエンジンにZF製の8段ATを組み合わせる、トップグレード「S」。それに、22インチのシューズやスライド式パノラミックルーフ、専用のウインザーレザーシートなどを装着し、「2013年のフランクフルトモーターショーで披露されたコンセプトモデル『C-X17』の雰囲気を可能な限り忠実に再現した」というモデルである。
目にも鮮やかな「シージアムブルー」と呼ばれるボディーカラーも、この限定モデルだけに設定される専用色だ。

イグニッションオンでせり上がる、大きなダイヤル式のATセレクターをはじめ、インテリアの各部には、最新ジャガー車に共通のフォーマットを採用。ただし、そんなATセレクターにセンターコンソールの“一等地”を占領されたこともあってか、このFペースもインフォテインメントシステムはタッチスクリーン式。最新機能にバージョンアップされてはいるものの、操作のたびに画面を注視する必要に迫られるなど、その使い勝手は褒められたものではない。

一方、走りに対しては、第一印象から大いに好感が持てた。前述のように、22インチの巨大なシューズを履くにもかかわらず、ばね下の動きが驚くほど軽やかで、フットワーク全般が実に軽快。驚くほど低いロードノイズをはじめ、その優れた静粛性も特筆に値する。
かくして、走り始めて1kmと進まないうちに、想像をはるかに超えた快適性の高さに圧倒されることになった。

「Fペース」の足まわりは、フロントがダブルウイッシュボーン、リアはインテグラルリンク式の独立懸架である。
「Fペース」の足まわりは、フロントがダブルウイッシュボーン、リアはインテグラルリンク式の独立懸架である。 拡大
コックピットの様子。ジャガーのスポーツサルーン「XE」に似たデザインが採用されている。
コックピットの様子。ジャガーのスポーツサルーン「XE」に似たデザインが採用されている。 拡大
インストゥルメントパネルの中央には、10.2インチ静電式タッチスクリーンがレイアウトされる。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます)
インストゥルメントパネルの中央には、10.2インチ静電式タッチスクリーンがレイアウトされる。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます) 拡大
限定車「ファーストエディション」の22インチアルミホイール。テスト車には、「ピレリPゼロ」が組み合わされていた。
限定車「ファーストエディション」の22インチアルミホイール。テスト車には、「ピレリPゼロ」が組み合わされていた。 拡大

動力性能は十分以上

ボディー骨格は、最新世代のジャガーに共通する、アルミ材を主とした構造。「クラス最軽量」とうたわれるほど、軽さが最大の特徴とされているが、その新開発の骨格がすこぶる強靱(きょうじん)であろうことも、ボディーの振動がすぐにおさまる様子などから想像できた。

0-100km/hの加速タイムが5秒台半ばと、同等の速さを誇る「マカンS」の車重が1.9トンを超えることを考えれば、なるほど英国仕様で1861kgと伝えられているFペースは、たしかに軽いといえるのかもしれない。変速のスムーズさとムダのないトルクの伝達感が心地よいATが組み合わされていることもあって、その動力性能は、十分以上に強力と感じられるものだ。

1.9m超の全幅については、狭いワインディングロードでは持て余す場面もあったものの、全般的には、見た目よりもコンパクトに操れる印象が強い。この点も、Fペースの特徴のひとつだ。

ところが、そんな限定モデルから、ベースモデルであるはずのSグレードに乗り換えると、走り始めてすぐに戸惑いを隠せなくなった。2インチダウンとなる20インチのシューズを履くからか、路面の凹凸に対するアタリは、ややソフトな印象である。しかし、同一路面でもファーストエディションに比べて明らかにボディーの揺れが大きいのは、不可解だった。
あれ? こちらは電子制御式ダンパー「アダプティブダイナミクス」を使っていないのかな? まずそんな疑問を抱いたほどだ。

「これは、タイヤサイズの違いだけでは説明がつかないな」。そんな思いを、コーヒーブレークの場で、シャシー担当エンジニアに率直にぶつけてみた。

試乗会場に展示された、「Fペース」のカットモデル。車体の80%にアルミニウムが用いられている。
試乗会場に展示された、「Fペース」のカットモデル。車体の80%にアルミニウムが用いられている。 拡大
スポーティーな走りをセリングポイントに掲げる「ジャガーFペース」。前後重量配分は、ほぼ50:50とされている。
スポーティーな走りをセリングポイントに掲げる「ジャガーFペース」。前後重量配分は、ほぼ50:50とされている。 拡大
テスト車「Fペース S」の後席。赤と黒のツートンカラーが目を引く。
テスト車「Fペース S」の後席。赤と黒のツートンカラーが目を引く。 拡大
荷室の容量は、後席使用時で650リッター。フロアボードは、ぬれた荷物にも対応できるようリバーシブルになっている。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
荷室の容量は、後席使用時で650リッター。フロアボードは、ぬれた荷物にも対応できるようリバーシブルになっている。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます) 拡大

日本での本命はディーゼルか

「タイヤを除けばサスペンションの仕様は同一です。ただし、選択オプションによる車重の変化次第では、アダプティブダイナミクスの制御も微妙に変えることはあります」 意外なことに、これがエンジニア氏からの回答だった。

実は、ファーストエディションについては、異なる2台の個体に乗って、いずれも共通の好印象を得ていた。一方、1台だけ乗ったSは、それよりもボディーのコントロール性が明らかに見劣りしたのだ。
この印象の違いは、個体差というには余りにも大きい。「日本に導入されるクルマは、ファーストエディションと同じ仕上がりであってほしい」と願うのみである。

ただ、その点で楽観的になれるのは、標準より1インチ大きい20インチのシューズをオプション装着した「Rスポーツ」の印象が、くだんのファーストエディションに近かったからである。

このRスポーツに搭載されているのは、最新設計の2リッター直列4気筒ディーゼルターボと8段AT。走り始めの一瞬だけは、車体の重さを意識させられるし、ガソリンモデルとは明らかに異なる、ディーゼルユニットならではのノイズが聞こえることは事実だ。けれども、そんなRスポーツも、静粛性については総じて満足できる水準にあるし、日常的な走行シーンでの力強さに不満を抱くことはない。
加えて、スターティングプライスが639万円からと、ガソリンモデル(849万円から)よりも大幅に値ごろ感があるとなれば、日本での販売はむしろこちらが主流になるのではないかと思える。

いずれにしても、見ても乗っても何かと気になるFペース。ジャガーならではの、新たな意欲作である。

(文=河村康彦/写真=ジャガー・ランドローバー)

3リッターV6ガソリンエンジンを搭載する「Fペース」は、0-60mph(約97km/h)加速を5.1秒でこなす。
3リッターV6ガソリンエンジンを搭載する「Fペース」は、0-60mph(約97km/h)加速を5.1秒でこなす。 拡大
メーター表示は液晶タイプ。画面いっぱいにカーナビの地図を表示することも可能。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます)
メーター表示は液晶タイプ。画面いっぱいにカーナビの地図を表示することも可能。(写真をクリックすると表示バリエーションが見られます) 拡大
「Fペース 20d Rスポーツ」のディーゼルエンジン。1750rpmの低回転域から、最大トルク43.8kgmを発生する。
「Fペース 20d Rスポーツ」のディーゼルエンジン。1750rpmの低回転域から、最大トルク43.8kgmを発生する。 拡大
2リッターのディーゼル車「Fペース 20d Rスポーツ」。欧州では、3リッターV6ディーゼルターボもラインナップされる。写真は、22インチアルミホイール装着車。
2リッターのディーゼル車「Fペース 20d Rスポーツ」。欧州では、3リッターV6ディーゼルターボもラインナップされる。写真は、22インチアルミホイール装着車。 拡大
ジャガーFペース ファーストエディション
ジャガーFペース ファーストエディション 拡大
ダイヤル式のATセレクターの手前には、走行モードの選択スイッチがレイアウトされる。
ダイヤル式のATセレクターの手前には、走行モードの選択スイッチがレイアウトされる。 拡大

テスト車のデータ

ジャガーFペース ファーストエディション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4731×1936×1652mm
ホイールベース:2874mm
車重:1861kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ スーパーチャージャー付き
トランスミッション:8段AT
最高出力:380ps(280kW)/6500rpm
最大トルク:45.9kgm(450Nm)/4500rpm
タイヤ:(前)265/40R22 106Y/(後)265/40R22 106Y(ピレリPゼロ)
燃費:8.9リッター/100km(約11.2km/リッター、EU複合サイクル)
価格:1108万9000円/テスト車=--万円
オプション装備:--

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ジャガーFペース S
ジャガーFペース S 拡大
「Fペース S」に搭載される、スーパーチャージャー付きの3リッターV6エンジン。Fペースの中で最もパワフルな、最高出力380psを発生する。
「Fペース S」に搭載される、スーパーチャージャー付きの3リッターV6エンジン。Fペースの中で最もパワフルな、最高出力380psを発生する。 拡大

ジャガーFペース S

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4731×1936×1652mm
ホイールベース:2874mm
車重:1861kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ スーパーチャージャー付き
トランスミッション:8段AT
最高出力:380ps(280kW)/6500rpm
最大トルク:45.9kgm(450Nm)/4500rpm
タイヤ:(前)255/50R20 109W/(後)255/50R20 109W(ピレリPゼロ)
燃費:8.9リッター/100km(約11.2km/リッター、EU複合サイクル)
価格:981万円/テスト車=--万円
オプション装備:--
※諸元は欧州仕様のもの。価格は日本市場でのもの。

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ジャガーFペース 20d Rスポーツ
ジャガーFペース 20d Rスポーツ 拡大
荷室の床下には、取り外したトノカバーを写真のように収納できる。
荷室の床下には、取り外したトノカバーを写真のように収納できる。 拡大

ジャガーFペース 20d Rスポーツ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4731×1936×1652mm
ホイールベース:2874mm
車重:1775kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:180ps(132kW)/4000rpm
最大トルク:43.8kgm(430Nm)/1750-2500rpm
タイヤ:(前)255/50R20 109W/(後)255/50R20 109W(ピレリPゼロ)
燃費:4.9リッター/100km(約20.4km/リッター、EU複合サイクル)
価格:728万円/テスト車=--万円
オプション装備:--
※諸元は欧州仕様のもの。価格は日本市場でのもの。

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(軽油)
参考燃費:--km/リッター

関連キーワード:
Fペースジャガー試乗記

あなたにおすすめの記事