第5回:クルマ好きの桃源郷へようこそ
輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~

2016.05.11 特集
 
第5回:クルマ好きの桃源郷へようこそ 輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~の画像

クルマ好き垂涎(すいぜん)のスーパースポーツや、名だたる名門のプレミアムカーが名を連ねるお値段2000万円オーバーの世界。今回はそんな夢の世界のクルマにチョイ乗り。webCG編集部員が注目したクルマは、くしくも4台すべてが英国車となった。

ベントレー・コンチネンタルGT V8 S
ベントレー・コンチネンタルGT V8 S
 
第5回:クルマ好きの桃源郷へようこそ 輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~の画像
 
第5回:クルマ好きの桃源郷へようこそ 輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~の画像
 
第5回:クルマ好きの桃源郷へようこそ 輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~の画像

格の違いにほれぼれ
ベントレー・コンチネンタルGT V8 S……2310万円

まるで、映画に出てくる無敵タイプの主人公だ。デカくて筋骨隆々で、いかにもケンカが強そうで……“別格”なムードが、むんむん漂っている。
しかも、あきれるほどゴージャス。シャープなエッジやクロムのパーツがキラキラと輝き、1.5mもあるドアを開ければ、レザーにウッド、メタルでしつらえた豪華なインテリアがドライバーを迎える。いったい誰が、どう乗りこなすのだろうか?

インポーターによれば、V型8気筒を積む「コンチネンタルGT」のオーナーは「自ら起業した若い経営者」、つまり野心的なビジネスマンが多いそう。年齢層の中心は、W型12気筒モデルより7~8歳若い50代前半で、20代のオーナーも少なくないという。新規のユーザー、特にポルシェからの乗り換えが多いのも特徴。つまりベントレーは、高級車ブランドとして、よりポピュラーになりつつあるわけだ。販売が好調(2015年の販売台数は370台で前年比16%増)なのも、うなずける。

V8モデルは後発ながら、いまやコンチネンタルGTの6割を占める多数派だ。実際乗ってみると、ビート感のあるエンジンフィーリングは、存在感のあるキャラに合っていると思える。最高速度がW12より控えめ(309km/h!)だって、かまわない。飛ばさなくても気持ちよく流せる性質は、グランドツアラーとして好ましい。
走りの特殊技能も、あまりない。“S”モデルとて、サスが4段階に調整できるだけ。けれども、あれもできる、これもできると、スイッチまみれな高性能車が多い中では、潔いというか、むしろ器の大きさを感じさせる。女性でなくともほれぼれする、益荒男(ますらお)ぶりなのである。

(文=webCG 関/写真=田村 弥)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V12ヴァンテージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「JAIA輸入車試乗会2016」の過去記事リストへ
関連記事
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージ(FR/6MT)【試乗記】 2010.5.17 試乗記 アストン・マーティンV12ヴァンテージ(FR/6MT)
    ……2238万2850円

    アストン・マーティンの2シータースポーツ「ヴァンテージ」シリーズに、V12ユニットを搭載する最強モデルが登場! その実力や、いかに?
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
ホームへ戻る