第343回:「人馬一体」どこまでも
マツダの新技術「Gベクタリング・コントロール」を試す

2016.05.11 エッセイ
“エルクテスト”に臨む、GVC搭載の「アテンザセダンXDプロアクティブ」(FF)。
“エルクテスト”に臨む、GVC搭載の「アテンザセダンXDプロアクティブ」(FF)。

マツダの「人馬一体」思想がさらに進化する。エンジンのトルクを制御することによって車両の挙動をコントロールし、応答性や安定性を向上させる「Gベクタリング・コントロール(GVC)」とは一体どんな技術なのか? そして実際のところ、その効果はどれほどのものなのか? テストコースで行われた試乗会の模様をリポートする。

ずらりと並んだGVC搭載のテスト車両。「アクセラ」と「アテンザ」のFF車が用いられた。GVCは近い将来、マツダの市販モデルへの搭載が予定されているという。
ずらりと並んだGVC搭載のテスト車両。「アクセラ」と「アテンザ」のFF車が用いられた。GVCは近い将来、マツダの市販モデルへの搭載が予定されているという。
人馬一体の考え方をさらに進化させる「スカイアクティブ・ビークル・ダイナミクス」について説明するマツダ 車両開発本部 本部長の松本浩幸氏
人馬一体の考え方をさらに進化させる「スカイアクティブ・ビークル・ダイナミクス」について説明するマツダ 車両開発本部 本部長の松本浩幸氏。
GVCについて解説する、マツダ 車両開発本部 操安性能開発部 シニア・スペシャリストの梅津大輔氏。
GVCについて解説する、マツダ 車両開発本部 操安性能開発部 シニア・スペシャリストの梅津大輔氏。

コッテリとした試乗会

マツダの試乗会はくたびれる。こう言うと語弊があるかもしれないが、他の国内メーカーの最近の試乗会に比べると、やはりマツダのそれはみっちりと中身が詰まった“濃い”試乗会である。熱心なエンジニア諸氏が手ぐすね引いて待ち構えているから、参加するこちらもまったく気を抜けず、みっちり勉強しなければならないという覚悟が要るのだ。

近ごろはパワーポイント作成資料を映しながらサラリと技術説明に触れただけで済ませる、何と言うか軽めの試乗会も少なくないが、それだと突っ込んだ話が聞けない食い足りなさが残る。その点、マツダの試乗会のほとんどは噛(か)み応えたっぷり、ささいな質問にも「待ってました!」とばかりに開発陣が殺到(ちょっと大げさ)する合宿塾的熱気がこもっている。自分たちの開発した製品を理解してほしい、いやさきちんと分かるまでは帰しませんよ、という熱意の表れだろう。まるで“人馬一体道場”での修行みたい、といったら怒られるかもしれないが、それに対する構えがこちらにもあれば、まさしく望むところである。

先日、栃木県内のテストコースで行われた試乗会(「スカイアクティブ・ビークル・ダイナミクス」技術説明会)もそんな濃厚味で、そのうえどうやったら理解してもらえるか、試乗方法などにも苦心した様子がうかがえるものだった。何しろ、この新技術、G-ベクタリング・コントロールはパッと目を引くものではない。走りだした瞬間に違いが歴然、といった種類の技術でもなかったからだ。こういう地味な技術に人手と時間を割くのは容易なことではない。最終的に商品に落とし込んだ時どれだけの効果があるのか、それで顧客が金を払ってくれるのか、最後にはどれだけ売り上げが上がるのだ、と口を挟むエライ人が必ず出てくるからだ。ユーザーメリットを考えるのは当然ながら、一見目立たない基礎技術は後回しにされてしまうことが珍しくない昨今、そこでくじけないのはブレない信念があるからだろう。それが「人馬一体」である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る