トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)

日本人にとっての普通 2016.05.11 試乗記 日本市場ではこれがないと始まらない? トヨタのCセグメントハッチバック車「オーリス」にハイブリッドモデルが登場。JC08モード計測で30.4km/リッターという燃費を実現する、新たな最上級グレードの出来栄えを報告する。

ダウンサイジングターボだけでは戦えない

「まず優先すべきは、ホットハッチ的に運転を楽しんでいただくこと。それにはハイブリッドよりも1.2リッターターボのほうがマッチングがいいと考えました」
主査として、トヨタ・オーリスのマイナーチェンジを担当した遠藤邦彦さんは熱く語っていた。トヨタ初の本格的ダウンサイジングターボエンジンに懸ける思いが伝わってきた。ヨーロッパの本流と真っ向勝負をする態勢が整ったわけで、気合が入るのも当然だ。2015年4月のことである。

1年が過ぎ、ハイブリッドモデルが加わることになった。選択肢が広がるのだから、ユーザーにとっては朗報だ。要望が多かったからこそ、このタイミングで登場することになったのだろう。ただ、それは1.2リッターターボを良しとしない層が一定数あったということを意味する。ダウンサイジングターボを搭載するCセグメントのハッチバックは、ヨーロッパの主流である。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」「フォード・フォーカス」「プジョー308」などの強豪が居並ぶ。激戦区に満を持して対抗馬を投入したわけだが、日本ではそもそもこのジャンルがメジャーではない。

1.2リッターターボモデルは、オーリスの中で最上級モデルの位置づけだった。ベースグレードには1.5リッターエンジンが与えられ、スポーティーな「RS」は1.8リッターエンジンに6段マニュアルトランスミッションという組み合わせである。1.2リッターターボの「120T」は116psの最高出力を持ちながら19.4km/リッターという好燃費で、価格はシリーズの中で最も高かった。今回加わったハイブリッドモデルはそれを上回る価格で、最上級グレードの座を譲った形になる。

120Tの試乗会はサーキットで行われた。ホットハッチにふさわしい舞台だと考えたのだろう。実際、ターボラグのないスポーティーなエンジンはなかなかの仕上がりだった。CVTながら活発な走りを見せ、ライバルたちに引けをとらない実力を感じさせた。

ハイブリッドモデルはモーターの助けを借りて十分な動力性能を持つ。運転感覚に新しさはない。先代「プリウス」と同じハイブリッドシステム「THS II」を使っているのだから当然だ。新しいオーリスの投入で、トヨタの国内ハイブリッド車ラインナップは18車種になったのだという。今やハイブリッドは日本人が慣れ親しんだ普通のパワーユニットなのである。オーリスでもこの普通さが欲しいと考える人がいるのはよくわかる。しかも燃費は120Tを大きくリードする30.4km/リッターなのだ(JC08モード)。

今回オーリスには、もう一つ新たに設定されたグレードがある。120Tにスポーティーグレードの“RSパッケージ”が追加されたのだ。1.8リッターのRSにならい、17インチアルミホイールと専用の内外装が与えられる。これまで、120Tではインテリアに木目調のパネルしか選べなかった。ゴージャスさを狙ったもののようだが、この意匠を歓迎する声はあまり多くなかったように思う。“RSパッケージ”には、ごく一般的なブラックのカーボン調パネルが用意されている。内装のせいでダウンサイジングターボを諦めた人にとっては、こちらのほうがうれしいニュースだ。

(文=鈴木真人/写真=田村 弥)

【スペック】
全長×全幅×全高=4330×1760×1480mm/ホイールベース=2600mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/エンジン=1.8リッター直4 DOHC 16バルブ(99ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)/モーター=交流同期電動機(82ps、21.1kgm)/燃費=30.4km/リッター/価格=283万2545円
 

「ハイブリッド“Gパッケージ”」のインテリア。ダッシュボードの装飾パネルは合皮製で、内装色は黒と白のツートンとなっている。
メーターは2眼式。ハイブリッド車ではエンジン回転計に代わってエネルギーフローメーターが装備されるほか、中央のインフォメーションディスプレイにもハイブリッドシステムの作動状態が表示される。
ハイブリッド“Gパッケージ”」のスポーツシート。表皮には本革と合成皮革を用いており、背もたれの一部にはクロスステッチが施される。
ハイブリッドシステムには3代目「プリウス」と同じものを採用。燃費はJC08モード計測で30.4km/リッターとなっている。
ハイブリッド車用のシフトセレクター。押しボタンで選ぶ「P」レンジなど、操作方法は「プリウス」に準ずる。
「ハイブリッド“Gパッケージ”」には、「120T“RSパッケージ”」と同じく225/45R17サイズのタイヤと、ツートンカラーの17インチアルミホイールが装備される。
トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

オーリスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る