スバルとBOXERエンジンの50周年を祝う特別な「XV」登場

2016.05.11 自動車ニュース
「スバルXV 2.0i EyeSightプラウドエディション

富士重工業は2016年5月10日、クロスオーバー「スバルXV」に特別仕様車「2.0i EyeSightプラウドエディション」を設定し、同年5月31日に発売すると発表した。

スバルのBOXERエンジン搭載車の50周年記念モデルであることを示すロゴ。
 

今回のXV 2.0i EyeSightプラウドエディションは、スバル初の水平対向エンジン搭載車「スバル1000」の発売50周年を記念した特別仕様車の第1弾として設定されたもので、「2.0i EyeSight」をベースに専用デザインの外装パーツや快適装備が採用されている。

特別装備は以下の通り。
・メッキ加飾付きピアノブラック調フロントグリル
・ブラックカラードドアミラー
・HIDロービームランプ
・運転席&助手席8ウェイパワーシート
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・クリアビューパック(フロントワイパーデアイサー、ヒーテッドドアミラー、はっ水加工フロントドアガラス)

価格は246万2400円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る