「カローラ フィールダー」に赤が特徴の特別仕様車

2016.05.11 自動車ニュース
「トヨタ・カローラ フィールダー ハイブリッドG“+Red”」
「トヨタ・カローラ フィールダー ハイブリッドG“+Red”」

トヨタ自動車は2016年5月10日、「カローラ フィールダー」に特別仕様車「+Red(プラスレッド)」を設定し、販売を開始した。

 
「カローラ フィールダー」に赤が特徴の特別仕様車の画像
 
「カローラ フィールダー」に赤が特徴の特別仕様車の画像

今回の特別仕様車は「G」と「ハイブリッドG」をベースに専用の内外装デザインを採用するとともに、スマートエントリー&スタートシステムを特別装備したものである。

エクステリアでは、ドットパターンのフロントロワグリルに赤のラインを採用したほか、Bi-Beam LEDヘッドランプを特別装備している。一方インテリアでは、表皮にファブリックと合成皮革を用いたスポーツシートを採用。合成皮革のセンターコンソールボックスとシート、ステアリングホイールには赤いステッチを施しており、またサイドレジスターリングやメーターにも赤の装飾を施している。シフトノブは本革巻きで、ピアノブラックの装飾を用いている。

外装色は「ホワイトパールクリスタルシャイン」「シルバーメタリック」「ブラックマイカ」の3色。価格は以下の通り。

・G“+Red”(FF):205万3963円
・G“+Red”(4WD)219万5345円
・ハイブリッドG“+Red”(FF):241万3309円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カローラ フィールダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・カローラ フィールダー ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.2 試乗記 「トヨタ・カローラ」シリーズに燃費33.0km/リッターのハイブリッド仕様が登場。トヨタ伝統の定番車種は、ハイブリッドシステムを得てどんなクルマとなったのか。2泊3日の試乗を通して確かめた。
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • 【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開 2017.3.9 自動車ニュース ルノーがミドシップの小型スポーツカー「アルピーヌA110」をジュネーブショーで世界初公開した。1970年代に活躍した同名のスポーツカーのリバイバルモデルであり、欧州では2017年の後半に、日本とイギリスでは2018年に発売される。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
ホームへ戻る