クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダ・オデッセイ ハイブリッド 8人乗り(FF)

21世紀のファミリーカー 2016.05.16 試乗記 去る2月5日、5代目にあたる現行「ホンダ・オデッセイ」のフェイスリフト版が発売された。最大の目玉は、待望のハイブリッドモデルが加わったことだ。ホンダ上級ミニバン初のハイブリッドである。

ホンダで一番エラいミニバン

過日、筆者は神奈川県の某ホンダディーラーで「N-ONE」の“新古車”、という言い方は今はしないのですね、もとい「走行距離50kmのデモカー」をキャッシュで購入したおり(エヘン)、ショールームに威風堂々と置かれたオデッセイ ハイブリッドさまを見た。

商品というのは売られているところで輝く。オデッセイ ハイブリッドさまはN-ONEよりもはるかに、隣に並んでいた「ステップワゴン」よりもさらに一回り大きくて、お値段がお高いことが一目でわかった。店内に「レジェンド」も「アコード」も展示してなかったこともあって、蛍光灯が白く輝く中、ともかく一番エラいオーラを放っていた。N-ONEの購入者である私は、「いいですねぇ」とディーラーのひとに申し上げたわけだけれど、それはごく自然な感想であった。

「売れています」とディーラーのひとは言った。「オプション付けていくと500万円です」と、N-ONEの購入者の私に告げた(ホントは、私の奥さんが自分で買ったのですが……)。

ホンダが3月5日に発表したところによれば、オデッセイはハイブリッドの設定からの1カ月で、9000台の受注を得た。月販目標2000台を大幅に上回る。そのうちの7割が新たに加わったハイブリッドだそうである。

2016年2月に登場した「オデッセイ ハイブリッド」。「アコード ハイブリッド」譲りの「SPORT HYBRID i-MMD」が搭載される。
2016年2月に登場した「オデッセイ ハイブリッド」。「アコード ハイブリッド」譲りの「SPORT HYBRID i-MMD」が搭載される。 拡大
今回のテスト車は「オデッセイ ハイブリッド」の8人乗り。ハイブリッド仕様の中では最もベーシックなグレードとなる。
今回のテスト車は「オデッセイ ハイブリッド」の8人乗り。ハイブリッド仕様の中では最もベーシックなグレードとなる。 拡大
「オデッセイ ハイブリッド」のインストゥルメントパネルまわり。内装色はブラックで、茶木目の装飾パネルが組み合わされる。
「オデッセイ ハイブリッド」のインストゥルメントパネルまわり。内装色はブラックで、茶木目の装飾パネルが組み合わされる。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

主役はモーター、エンジンは脇役

私はこのちょっと前にオデッセイ ハイブリッドを試乗していた。オデッセイ ハイブリッドの一番安いモデルで、車両価格356万円。ハイブリッドではないオデッセイの一番安いモデルが276万円。つまり、一番安いガソリンエンジンのオデッセイに80万円足さないと、2つの電気モーターとリチウムイオン電池、それに制御システムからなるi-MMD(インテリジェントマルチモードドライブ)を手に入れることはできない。

オデッセイ ハイブリッドに最初に対面したのは夜、恵比寿のはずれの、明かりの少ないコインパーキングだった。薄暗い中でも現行オデッセイははっきり大きかった。乗り込んで着座すると、木目調パネルが目に飛び込んできた。これはラグジュアリーなミニバンであることを確認した。

室内が広々としているのはホンダ自慢の超低床プラットフォームの恩恵であるらしかった。
いわゆるフツウのミニバンほど着座位置は高くないけれど、フツウの乗用車ほど低くもない。スターターを押しても静かなままなのはもちろんハイブリッドだからである。走り始めても静かなのは、「SPORT HYBRID i-MMD」が電気自動車的性格のハイブリッドだからである。

オデッセイのi-MMDはアコード用のモーターを改良し、小型軽量化が図られている。2リッターのアトキンソンサイクル4気筒は通常、息を潜めていて、バッテリーの蓄電量が少なくなると始動するのは従来と同じだけれど、電気モーターと協働してタイヤを駆動することはない。街中ではほとんど発電用のモーターを回すために稼働する。駆動力として活躍するのは低負荷の高速巡航時に限られる。

「オデッセイ ハイブリッド」のファブリックシート。同モデルでは、オプションでも本革シートは選ぶことができない。
「オデッセイ ハイブリッド」のファブリックシート。同モデルでは、オプションでも本革シートは選ぶことができない。 拡大
8人乗り仕様に装備される、3人掛けの2列目ベンチシート。
8人乗り仕様に装備される、3人掛けの2列目ベンチシート。 拡大
3列目シートは4:2:4の3分割で背もたれを倒すことができるが、床下格納については3座一体で行う。
3列目シートは4:2:4の3分割で背もたれを倒すことができるが、床下格納については3座一体で行う。 拡大
駆動用バッテリーはフロントシートの下に搭載されているので、シートアレンジについてはガソリン車から大きな変更はない。(写真をクリックするとシートの倒れる様子が見られます)
駆動用バッテリーはフロントシートの下に搭載されているので、シートアレンジについてはガソリン車から大きな変更はない。(写真をクリックするとシートの倒れる様子が見られます) 拡大

フル加速はエンジンが担当……と思いきや

オデッセイ ハイブリッドは、カタチはフツウのオデッセイだけれど、走行感覚はほとんど電気自動車(EV) である。EVモード時はロールス・ロイスよりも静かで、タイヤの走行音と風切り音しかしない。舵(だ)の利きは特にクイックではないものの鈍重ではない。革巻きのステアリングホイールの感触はスポーティーと申し上げてよい。乗り心地は硬めで、フワフワではない。タイヤの存在を時折感じさせて、欧州車のような趣がちょっとある。

不思議なのはフルスロットルを試みた場合だ。アトキンソンサイクル145psの2リッターエンジンが電気掃除機のような傲然(ごうぜん)たる音を発する。その騒音とともに、走行用の電気モーターが32.1kgmという大トルクを0-2000rpmで生み出し、巨体の割に1810kgと相対的に軽めの重量のボディーを怒涛(どとう)のごとく加速させる。だから、筆者はてっきりエンジンが頑張っているのだ、と思い込んだ。

真実はそうではない。エンジンは発電に徹しているのだ。せっせとバッテリーにエネルギーを蓄えるのみ。速さは電気モーターから生まれているのである。

信号待ちでは当然、エンジンが停止する。で、バッテリーの残量によってエンジンが突如目覚める場合がある。そうすると、振動と騒音が伴う。時代が20世紀に戻る。“NVH”がアコードよりも劣るのは、エンジンとキャビンの位置関係の問題で遮音性がアコードに比べると劣ることや、風切り音がボディーの性格上大きくなることに起因しているらしい。

「SPORT HYBRID i-MMD」は、状況に応じて「EVドライブモード」「ハイブリッドドライブモード」「エンジンドライブモード」の3つのモードを使い分ける。
「SPORT HYBRID i-MMD」は、状況に応じて「EVドライブモード」「ハイブリッドドライブモード」「エンジンドライブモード」の3つのモードを使い分ける。 拡大
パワーユニットは2リッターのガソリンエンジンと、走行用と発電用の2つのモーターを備えたハイブリッド機構の組み合わせ。トランスミッションは搭載されていない。
パワーユニットは2リッターのガソリンエンジンと、走行用と発電用の2つのモーターを備えたハイブリッド機構の組み合わせ。トランスミッションは搭載されていない。 拡大
エンジンが直接タイヤを駆動するのは、低負荷の高速巡航時のみで、その際には、インフォメーションディスプレイのパワーフロー画面に歯車のインジケーターが表示される。
エンジンが直接タイヤを駆動するのは、低負荷の高速巡航時のみで、その際には、インフォメーションディスプレイのパワーフロー画面に歯車のインジケーターが表示される。 拡大

家族みんなで時代の変わり目に立ち会う

バッテリーの残量次第で、60km/hまでEVモードで走ることもあれば、そうでないときもある。高速巡航中の低負荷時にはエンジンドライブモードに切り替わるということだけれど、高速巡航中でもEVモードのランプが点灯したりする。i-MMD付きオデッセイは可能な限り電気モーターで走ることによりガソリンを節約して26.0km/リッターというクラストップの公称燃費を実現した。非ハイブリッドのそれは14.0km/リッターであるから、ほぼ2倍の低燃費を誇ることになる。

オデッセイのようなミニバンのハイブリッドはどういう恩恵をユーザーにもたらすのであるか? 1960年生まれの筆者は、地方の片田舎で育った。祖父母、両親、子ども3人がいて、家族7人がひとつ屋根で暮らしていた。考えてみたら、あのころ、一家7人がクルマに乗って外出するというようなことは想定外だった。ファミレスもモールもミニバンもなかった。

現代は現代で、もちろん多様な問題を抱えている。けれど、オデッセイ ハイブリッドがある21世紀のファミリーは大変幸せである、と言えるのではあるまいか。なによりガソリンと電気の時代の境目にいることを共有できるのである。

(文=今尾直樹/写真=向後一宏)

「オデッセイ ハイブリッド」のタイヤサイズは215/60R16。ガソリン車のベースグレード「G」とは異なりアルミホイールが標準装備される。
「オデッセイ ハイブリッド」のタイヤサイズは215/60R16。ガソリン車のベースグレード「G」とは異なりアルミホイールが標準装備される。 拡大
FF車同士で比較した場合、燃費はガソリン車が13.4~14.0km/リッターであるのに対し、ハイブリッド車は24.4~26.0km/リッターとなっている(いずれもJC08モード)。
FF車同士で比較した場合、燃費はガソリン車が13.4~14.0km/リッターであるのに対し、ハイブリッド車は24.4~26.0km/リッターとなっている(いずれもJC08モード)。 拡大
ガソリン車を含めた「オデッセイ」の価格は276万~405万6400円。今日におけるホンダの最上級ミニバンとなる。
ガソリン車を含めた「オデッセイ」の価格は276万~405万6400円。今日におけるホンダの最上級ミニバンとなる。 拡大

テスト車のデータ

ホンダ・オデッセイ ハイブリッド(8人乗り)

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4830×1820×1695mm
ホイールベース:2900mm
車重:1810kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ
エンジン最高出力:145ps(107kW)/6200rpm
エンジン最大トルク:17.8kgm(175Nm)/4000rpm
モーター最高出力:184ps(135kW)/5000-6000rpm
モーター最大トルク:32.1kgm(315Nm)/0-2000rpm
タイヤ:(前)215/60R16 95H/(後)215/60R16 95H(ダンロップ・エナセーブEC300)
燃費:26.0km/リッター(JC08モード)
価格:356万円/テスト車=404万232円
オプション装備:Honda SENSING(10万8000円)/リア右側パワースライドドア+スライドドアイージークローザー(リア右側)+コンフォートビューパッケージ(7万 5600円) ※以下、販売店オプション フロアカーペットマット(7万3440円)/Gathersナビ<VXM-165VFEi>(19万4400 円)/フェイスパネルキット(1万2960円)/ナビ取り付けアタッチメント(4320円)/販売店オプション取り付け工賃(1万1512円)

テスト車の年式:2016年型
テスト開始時の走行距離:5784km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(7)/山岳路(0)
テスト距離:335.1km
使用燃料:22.0リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:15.2km/リッター(満タン法)/17.5km/リッター(車載燃費計計測値)

ホンダ・オデッセイ ハイブリッド(8人乗り)
ホンダ・オデッセイ ハイブリッド(8人乗り) 拡大

関連キーワード:
オデッセイホンダHonda SENSING試乗記

あなたにおすすめの記事