ホンダ・オデッセイ ハイブリッド 8人乗り(FF)

21世紀のファミリーカー 2016.05.16 試乗記 去る2月5日、5代目にあたる現行「ホンダ・オデッセイ」のフェイスリフト版が発売された。最大の目玉は、待望のハイブリッドモデルが加わったことだ。ホンダ上級ミニバン初のハイブリッドである。

ホンダで一番エラいミニバン

過日、筆者は神奈川県の某ホンダディーラーで「N-ONE」の“新古車”、という言い方は今はしないのですね、もとい「走行距離50kmのデモカー」をキャッシュで購入したおり(エヘン)、ショールームに威風堂々と置かれたオデッセイ ハイブリッドさまを見た。

商品というのは売られているところで輝く。オデッセイ ハイブリッドさまはN-ONEよりもはるかに、隣に並んでいた「ステップワゴン」よりもさらに一回り大きくて、お値段がお高いことが一目でわかった。店内に「レジェンド」も「アコード」も展示してなかったこともあって、蛍光灯が白く輝く中、ともかく一番エラいオーラを放っていた。N-ONEの購入者である私は、「いいですねぇ」とディーラーのひとに申し上げたわけだけれど、それはごく自然な感想であった。

「売れています」とディーラーのひとは言った。「オプション付けていくと500万円です」と、N-ONEの購入者の私に告げた(ホントは、私の奥さんが自分で買ったのですが……)。

ホンダが3月5日に発表したところによれば、オデッセイはハイブリッドの設定からの1カ月で、9000台の受注を得た。月販目標2000台を大幅に上回る。そのうちの7割が新たに加わったハイブリッドだそうである。

2016年2月に登場した「オデッセイ ハイブリッド」。「アコード ハイブリッド」譲りの「SPORT HYBRID i-MMD」が搭載される。
2016年2月に登場した「オデッセイ ハイブリッド」。「アコード ハイブリッド」譲りの「SPORT HYBRID i-MMD」が搭載される。
今回のテスト車は「オデッセイ ハイブリッド」の8人乗り。ハイブリッド仕様の中では最もベーシックなグレードとなる。
今回のテスト車は「オデッセイ ハイブリッド」の8人乗り。ハイブリッド仕様の中では最もベーシックなグレードとなる。
「オデッセイ ハイブリッド」のインストゥルメントパネルまわり。内装色はブラックで、茶木目の装飾パネルが組み合わされる。
「オデッセイ ハイブリッド」のインストゥルメントパネルまわり。内装色はブラックで、茶木目の装飾パネルが組み合わされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

オデッセイの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る