「谷口信輝の新車試乗」――メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(前編)

2016.05.12 mobileCG

「谷口信輝の新車試乗」――メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(前編)

SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー・谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「メルセデス・ベンツC200アバンギャルド」。“アジリティー&インテリジェンス”をコンセプトに掲げるメルセデス・ベンツのミドルクラスセダンのハンドルを握り、その魅力を考えた。

■コーナリングでリアが負けている

雨の箱根でメルセデス・ベンツC200アバンギャルドの試乗を終えた谷口信輝は、運転席から降りるとクルマのフロント側に回り、こう話し始めた。「このデザインはいいね。僕、メルセデスはわりと好きだから」 メルセデスのどんなところが谷口は好きなのだろうか? 「ザ・メルセデスっていう感じの迫力というか、押し出しの強さみたいなところ。といっても、僕が好きなのはこのフロントマスクで、それ以外は、まあまあって感じかな」

ちなみに、この日、谷口が取材場所まで運転してきた愛車は、フロントグリルが立派なことで有名なあの日本製ワンボックス・ワゴン。つまり、ドカーンとした顔つきのクルマが谷口は好きなのだ。「Cクラスを買って自分のウチの車庫に入れておいたら、『まあ、あそこのお宅はベンツを買われたんですね』なんて言ってもらえるかもしれない。たとえ長期ローンで頑張って買ってたとしても、やっぱりメルセデスが置いてあったら立派に見えるじゃないですか。そういうところは、メルセデスの魅力だと思いますよ」

ただし、クルマの印象に関してはあまりいい話が聞けなかった。「コーナーでステアリングを切ったとき、フロントのレスポンスはいいんですよ。特に、ドライビングモードが選べるダイナミックセレクトで“スポーツ”とか“スポーツ+”を選ぶと、ロールが減ってさらにシャープな印象になる。でも、リアがついてこない。タイヤとの相性がよくないせいなのかな」(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
Cクラス セダンメルセデス・ベンツ

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る