富士重工業の社名が2017年4月から「SUBARU」に

2016.05.12 自動車ニュース

富士重工業は2016年5月12日、同日に開催した臨時取締役会において、2017年4月1日付(予定)で、社名(商号)を「株式会社SUBARU」(かぶしきがいしゃすばる、英文表記:SUBARU CORPORATION)に変更することを決議したと発表した。同年6月28日に開催予定の第85期定時株主総会で定款変更が承認されることを条件に、社名変更を実施する。

富士重工業は、1917年に創設された飛行機研究所(後の中島飛行機)が源流。現在の富士重工業が設立されたのは1953年のことで、1958年発売の軽自動車「スバル360」に端を発する自動車事業を中心に、航空宇宙、産業機器などの事業を展開する。

2017年は、創業100周年。同社は、これを機に社名とブランド名を統一し、スバルブランドを磨く取り組みをさらに加速させ、スバルを自動車と航空宇宙事業における魅力あるグローバルブランドとして成長させたいとしている。

(webCG)

(画像は、富士重工業の現在のロゴマーク)
(画像は、富士重工業の現在のロゴマーク)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。