「トヨタ・アクア」に装備充実の特別仕様車

2016.05.12 自動車ニュース
「トヨタ・アクアS“スタイルブラック”」。ボディーカラーは「ダークブルーマイカ」。
「トヨタ・アクアS“スタイルブラック”」。ボディーカラーは「ダークブルーマイカ」。

トヨタ自動車は2016年5月12日、「アクア」の特別仕様車「S“スタイルブラック”」を設定し発売した。

アウタードアハンドルとバックドアガーニッシュにメッキ装飾が施された。
アウタードアハンドルとバックドアガーニッシュにメッキ装飾が施された。
「アクアS“スタイルブラック”」オプション装着車。ボディーカラーは「ライムホワイトパールクリスタルシャイン」。
「アクアS“スタイルブラック”」オプション装着車。ボディーカラーは「ライムホワイトパールクリスタルシャイン」。
インパネ助手席オーナメントは合皮張りとなる。
インパネ助手席オーナメントは合皮張りとなる。
運転席アームレストが装着される。
運転席アームレストが装着される。

■国内販売累計100万台達成を記念

今回の特別仕様車は、アクアの国内販売累計100万台達成を記念したもの。中間グレードの「S」がベースで、ボディーカラーに特別設定色「ダークブルーマイカ」を含む全5色を設定し、ドアハンドルとバックドアガーニッシュにメッキ装飾を施した。

内装では運転席アームレストを追加し、インパネ助手席オーナメントを合皮張り(合皮巻き)としたほか、パワーウィンドウスイッチベースにピアノブラック装飾を施して、特別設定のブラックの内装色とコーディネートすることにより、上品さを表現したという。

さらに、スマートキーや盗難防止システムなどがセットになった「スマートエントリーパッケージ」と、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を装備している。

車両価格は199万6037円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー 2017.6.23 画像・写真 モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • 「アストンマーティンDB11」にAMG製V8搭載モデルが追加 2017.6.29 自動車ニュース 英アストンマーティンは2017年6月28日(現地時間)、「DB11」に4リッターV8ツインターボエンジン搭載モデルを追加設定し、販売を開始した。最高出力510ps、最大トルク675Nmを発生。0-100km/h加速が4.0秒、最高速度は187mph(約300km/h)の動力性能を誇る。
ホームへ戻る