高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT/GT S」の装備が充実

2016.05.13 自動車ニュース
「メルセデスAMG GT」
「メルセデスAMG GT」

メルセデス・ベンツ日本は2016年5月12日、高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT」および「メルセデスAMG GT S」の一部仕様・装備を変更し、同日に発売した。

「メルセデスAMG GT S」のインテリア。
「メルセデスAMG GT S」のインテリア。
「メルセデスAMG GT S」のサイドビュー・
「メルセデスAMG GT S」のサイドビュー・

今回、メルセデスAMG GTでは、以下の装備を含む「ベーシックパッケージ」が標準化された。
・ナッパレザーシート(シートヒーター付き)
・キーレスゴー
・ハンズフリーアクセス
・メモリー付きパワーシート(運転席・助手席)
・電動チルト&テレスコピックステアリング
・イージーエントリー(ステアリング)
・リバースポジション機能付きドアミラー(助手席)
・プライバシーガラス

メルセデスAMG GT Sも同様に、以下の装備からなる「エクスクルーシブパッケージ」が標準化された。
・AMGパフォーマンスシート
・Brumesterサラウンドサウンドシステム
・盗難防止警報システム(けん引防止機能、室内センサー)

さらに、「AMGダイナミックパッケージプラス」の一部装備(以下3点)も標準装備となった。
・ダイナミックエンジントランスミッションマウント
・AMGパフォーマンスステアリング(レザーDINAMICA/ステッチ入り)
・イエローメーターゲージ

また、ボディーカラーは2車種とも、ダイヤモンドホワイト、ヒヤシンスレッド、AMGソーラービームを除くメタリックペイントが標準で選べるようになった。

価格は以下の通り。
・メルセデスAMG GT:1650万円
・メルセデスAMG GT S:1930万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

AMG GTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
ホームへ戻る