「トヨタ・プリウスα」に「黒」が特徴の特別仕様車

2016.05.13 自動車ニュース
「トヨタ・プリウスα S“tune BLACK II”」
「トヨタ・プリウスα S“tune BLACK II”」 拡大

トヨタ自動車は2016年5月13日、「プリウスα」に特別仕様車「S“tune BLACK II”」を設定し、販売を開始した。

特別設定色の「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」
特別設定色の「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」。 拡大
 
「トヨタ・プリウスα」に「黒」が特徴の特別仕様車の画像 拡大
 
「トヨタ・プリウスα」に「黒」が特徴の特別仕様車の画像 拡大

今回のS“tune BLACK II”は、ベーシックな「S」グレードをもとに黒をアクセントとした内外装デザインを採用した特別仕様車である。

具体的には、エクステリアではブラックエクステンションの装飾を施したプロジェクター式ハロゲンヘッドランプや、クロム調アルミホイールキャップなどを特別装備。ボディーカラーは全4色で、特別設定色として「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」をオプションで用意している。

一方、インテリアについてはステアリングスイッチベースやコンソールスイッチプレートなど、各所にラメ入りのピアノブラック塗装を用いているほか、ステアリングホイールやシート表皮などにアクセントとしてホワイトステッチを採用。快適温熱シート(運転席・助手席)やスーパーUV・IRカットグリーンガラス(フロントドア/はっ水機能付き)などの装備も設定している。

価格は5人乗り仕様が269万7055円、7人乗り仕様が290万3237円。

また、カタログモデルのプリウスαについては仕様の変更が行われており、プリクラッシュセーフティー(ミリ波レーダー方式)などの安全装備をセットにしたオプションが、「S」「S“ツーリングセレクション”」にも設定された。

(webCG)
 

関連キーワード:
プリウスαトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る