MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)

MINIはためらわない 2016.05.18 試乗記 風薫る季節に誘われて、新型「MINIコンバーチブル」でワンデー・ツーリングに出掛けた。3代目となって、“BMW MINI”はそのつくりも世界観も完成の域に達した感がある。今後、時代はMINIに何を求めていくのだろうか? 上級グレードの「クーパーS」に試乗した。

あらゆる部分がよくできている

そろそろ頭に「BMWの」と付ける必要もなくなってきたMINI。ほぼ同じカタチで3世代続いているが、飽きられることなく人気を保っている。出た当初はここまでの存在になるとは思わなかったが、このカタチは偉大だったんだな。もちろん、飽きられないのは「カッコいいから」「かわいいから」だけでなく、常に一級の性能が盛り込まれているからでもあるのだろうが。それはそれとして、ハッチバックから少し遅れてコンバーチブルが追加されるのが歴代MINIシリーズのパターン。現行の3代目にもコンバーチブルが追加され、このほど日本導入を果たした。

初代コンバーチブルは2004年の登場。以来、3世代続けてほぼ同じカタチなので、BMWももう手慣れちゃって、どこを見ても上手につくりこまれている。特にソフトトップに関しては、デザイン、動作の精度、クローズドでの耐候性、静粛性、それに見て触れて感じる質の高さなど、あらゆる部分がよくできていて、感心するばかりだ。

MINIコンバーチブルのソフトトップは、まず前席頭上部分のみをスライドさせるスライディングルーフ機能が備わるのが先代、先々代からの特徴。新型にも受け継がれた。頭上のファブリックはなくなるものの梁(はり)に相当する骨格部分は残るという状態なのだが、これが非常に有用だ。さっと開けることも閉じることもできるから。開放感を得たいがフルオープンにするまでもないという時に役立つ。ソフトトップ全体は走行中は30km/h未満じゃないと開閉できないが、この部分のみの開閉なら100km/hでも可能なため、思い立った時にいつでも開閉できるのがいい。

トップの開閉はスイッチひとつ。ロック作業もなく、全自動で開閉が完了する。作動音はまったく気にならないレベル。何秒か計測し忘れたが、不満のないスピードで開閉できる。テスト車のソフトトップにはユニオンジャックの柄が織り込まれていた。僕なら選ばないが、好きな人はどうぞ。

インテリアは円形のモチーフやトグルスイッチなど、MINIならではのデザインアイコンに満ちている。
インテリアは円形のモチーフやトグルスイッチなど、MINIならではのデザインアイコンに満ちている。
ソフトトップにはおなじみのスライディングルーフ機能が備わる。
ソフトトップにはおなじみのスライディングルーフ機能が備わる。
オープン/クローズに要する時間はそれぞれ20秒足らず。停止時だけでなく、走行時でも30km/h以下でなら開閉できる。
オープン/クローズに要する時間はそれぞれ20秒足らず。停止時だけでなく、走行時でも30km/h以下でなら開閉できる。
ロールオーバープロテクション機構が改められ、後席の背後に備わっていたロールオーバーバーは廃止された。
ロールオーバープロテクション機構が改められ、後席の背後に備わっていたロールオーバーバーは廃止された。
関連記事 ホームへ戻る