プジョー308GTi 250 by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)

これぞスーパーホットハッチ 2016.05.23 試乗記 270psバージョンと250psバージョン、2つの仕様がラインナップされる、プジョーの高性能モデル「308GTi by PEUGEOT SPORT」。今回は、後者の「250」に試乗。「270」との違いを交えつつ、その走りの質をリポートする。

デチューン版とて特別

プジョー量販車史上、最強のホットハッチ。そんなフレーズと共に日本で2016年2月に発売されたのが、GTi by PEUGEOT SPORTなる長いグレード名称が与えられた308。単なるGTiではなく自身のモータースポーツ部門の名前を加えた点に、プジョーがこのモデルのチューニングにかけた“真剣度”が伝わってくる。

興味深いのは、6段MTが組み合わされる1.6リッターのターボ付きエンジンに最高出力250psと同270psの、2種類のチューニングが用意されていることだ。『webCG』ではすでに270psバージョン(以下、270)をミニサーキット風コースでテストドライブした印象を報告しているので、今回は250psバージョン(以下、250)に一般道で乗った印象を記したい。

ちなみに、両バージョンの価格差は51万円と、それなりに大きい。そこには前述のエンジンチューニングの違いに加えて、フロントシートのデザインやホイールサイズの違い、さらにはフロントブレーキのサイズの違いなども含まれる。

外観からわからないメカニズムに関しては、270では標準装備となるトルセンLSDが250では採用されていないのも相違点。ボディー前半部分をレッド、後半部分をブラックで塗り分けた個性的なツートンカラー“クープ・フランシュ”のエクステリアカラーも、選択可能なのは270のみで、こちら250には設定されていない。

日本では2016年2月に発売された、「プジョー308GTi by PEUGEOT SPORT」。プジョーのモータースポーツ部門がチューニングを施した、特別なホットハッチだ。


	日本では2016年2月に発売された、「プジョー308GTi by PEUGEOT SPORT」。プジョーのモータースポーツ部門がチューニングを施した、特別なホットハッチだ。
「プジョー308GTi 250 by PEUGEOT SPORT」の1.6リッター直4ターボエンジン。車名にある通り、最高出力250psを発生する。
「プジョー308GTi 250 by PEUGEOT SPORT」の1.6リッター直4ターボエンジン。車名にある通り、最高出力250psを発生する。
「DIAMANT」と名付けられた、18インチアルミホイール。タイヤは「ダンロップ・ビューロVE303」が組み合わされていた。
「DIAMANT」と名付けられた、18インチアルミホイール。タイヤは「ダンロップ・ビューロVE303」が組み合わされていた。
 
プジョー308GTi 250 by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る