第450回:ああ、半年ぶりの東京・横浜!
「クルマ型シガレットケース」によろめいて

2016.05.20 エッセイ

大塚家具でキョロキョロ

「北京モーターショー2016」取材の前後、東京に滞在した。
前回日本に来たのは、「東京モーターショー2015」のときだった。半年にわたる空白期間をアップデートしようとまず向かったのは、お家騒動で話題になった大塚家具であった。具体的には、新宿にあるIDC大塚家具 新宿ショールームである。 

ただし、例の接客方法見直しは本当に実施されているようで、1階で近寄ってきたスタッフに「イタリアのポルトローナ・フラウを見せてください」と告げると、あとは自由に店内を散策できた。

残念ながら、久美子社長を見ることはできなかったが、もし彼女がいたら提案したかったのは、エレベーターのことだ。
ボクが訪れた平日昼過ぎは、お客さんよりも店員さんのほうが多かった。にもかかわらず、前身である三越南館時代そのままのエスカレーターが、地下1階から7階まで上り・下りともお客を乗せず淡々と動いているのは、なんともエネルギーを無駄にしているムードを与えてしまう。そればかりでなく、お客さんの少なさを目立たせてしまう。

いったん設置したエスカレーターの改造は難しいだろうが、せめて平日は人の接近を感知したら動く方式に変更できればと思う。昨今、エコフレンドリーな姿勢を示すことは、企業にとって決してマイナスではないだろう。
 
大塚家具のすぐそば、新宿駅南口には、新しいバスターミナルが完成していた。その名は「バスタ新宿」。イタリア語で「Basta」は「うんざりだ」を意味する。「新宿なんて、うんざりだ」になるが、アルファベットにすればBus terminalの略だろうから、「ま、いいか」と思った次第である。

半年ぶりの東京。まずは話題になった大塚家具の、新宿ショールームを訪れてみた。
新宿の新しいバスターミナルの愛称は「バスタ新宿」。イタリア語の「バスタ」(もうたくさんだ!)ではなかった。
追憶の東京も少々。東京高速道路下・西銀座デパートのイタリア料理レストラン「Buono Buono」は、2016年1月末をもって静かに閉店していた。三笠会館の経営で、大学生時代から好きだった店だけに惜しい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。