アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)/R8 V10プラス クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)

万能のスーパースポーツ 2016.05.19 試乗記 第2世代へと進化したアウディのフラッグシップスポーツ、新型「R8」が日本に上陸。富士スピードウェイでフルパワーを解き放った。ドライからウエットへと変化する路面で体感した、その走りを報告する。

デザインはキープコンセプト

新型アウディR8をテストする機会を得た。試乗会が開かれた富士スピードウェイのピットロードで、じっくりと新型の外観を眺める。プロポーションというかシルエットは初代とさほど変わらない。ベールをかぶせたら旧型か新型かを見分けることができる人は少ないんじゃないか。

けれど、細部を見るとほとんどすべての部分が変わっている。まずヘキサゴングリルやシャープで細長いLEDヘッドランプなど、フロントマスクが最新のアウディ顔になった。R8といえばだれもが思い浮かべる左右ドア背後のエアインテークは新型にも踏襲されたが、上下2分割のデザインに変更された。リアは比較的変更点が少ない。

ただまぁ全体的にはキープコンセプトのスタイルだ。もうずいぶん長い間このカタチを見てきたような気がする。それもそのはずで、2007年の初代登場から約9年たっているが、その前の03年にコンセプトカーの「ルマン クワトロ」が出ていて、それがほぼそのままR8として登場したので、このカタチが世の中に出てきてからかれこれ13年くらいたっていることになる。それを考えると長持ちする優れたデザインだと思う。最初から新しく見えたわけじゃない分、13年たっても古く見えない。

アウディの最上級スポーツモデルである「R8」。2代目となる新型は2015年3月のジュネーブショーで世界初公開された。
アウディの最上級スポーツモデルである「R8」。2代目となる新型は2015年3月のジュネーブショーで世界初公開された。
富士スピードウェイのピットに展示されていた新旧「R8」。手前が今回日本に導入された新型で、奥が従来モデル。
富士スピードウェイのピットに展示されていた新旧「R8」。手前が今回日本に導入された新型で、奥が従来モデル。
ピットレーンに並べられた新型「R8」と、ペースカーを務める「TTS」。
ピットレーンに並べられた新型「R8」と、ペースカーを務める「TTS」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

R8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る